リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

みずほ証券の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

みずほ証券の就職の難易度はどうなっているのか?みずほ証券に就職したい人はその難易度を調べていきたいところですが、そのためには倍率のデータが必要です。難易度については、通常は倍率からチェックしていきます。みずほ証券の就職の倍率は全体的に20倍前後だと思われます。そこまで高い倍率にはなっていないと思うのです。したがって、みずほ証券の就職の難易度もそこまでという感じではないでしょう。しかし、難易度の部分に関しては、他にも知っておくべき点があります。それは学歴フィルターの有無です。そういった部分についてもあらかじめ理解しておきましょう。

 

みずほ証券の就職では学歴フィルターはあるのか?

みずほ証券の採用試験の難易度においては、学歴フィルターの存在も無視できません。したがって、そこに関して調べていきましょう。学歴フィルターの有無について調べるためには、倍率のデータを使っていきます。すでに話したように、みずほ証券の就職における倍率は20倍程度と、あまり高くありません。みずほ証券の場合、採用人数が毎年かなり多いです。200~400人くらいとなっており、それによって倍率が低くなっているのでしょう。そして、この数字だと学歴フィルターがある可能性は低いと思います。採用実績校をチェックしても、全国の国公立、私立大学となっているので、大学名にこだわっている感じは見られません。だから、みずほ証券の就職では学歴フィルターの心配はしないでもいいでしょう。

 

でも、みずほ証券の就職で学歴フィルターがないとしても、学歴や大学名はチェックしていると思います。そういった部分についても見ている可能性は高いです。就活においては、学生のあらゆる面をチェックして合否を判断していくので、学歴や大学名は評価ポイントに含まれている可能性が高いと思います。だから、そういった面は頭に入れておきましょう。しかし、学歴や大学名だけ見ているわけではなく、他にもいろいろな点をチェックしているはずです。だから、結局は他にも気を遣っていくべき部分は存在していると言えるわけですが。特にみずほ証券の就職の面接対策は非常に重要です。志望動機や自己PRは時間をかけて、しっかりと考えていってほしいです。そして、みずほ証券の就職の評判についてもチェックしておきましょう。社員の口コミなどを参考にして、会社の実態を把握しておいてほしいです。みずほ証券の仕事は激務なのか?という点については、特に理解しておくと良いのではないか?と思います。

 

みずほ証券の就職の評判はどうなっている?

みずほ証券の就職の評判について見ていきますけど、社員の口コミを特にチェックしていきたいと思います。まずは平均年収からです。みずほ証券の平均年収については、700万円前後となっています。この数字についてはかなり高い方と言えるのではないでしょうか?では、働き方に関する口コミをチェックしていきます。みずほ証券の残業時間の平均についてのデータがあるので、それを確認してみましょう。1か月のあたりの残業時間の平均は?というと、約40時間です。したがって、激務と言えるか?は別としても、そこそこ忙しいイメージかもしれません。しかし、口コミを見ると、かなり人による状況があるみたいです。激務な状況の人もいれば、そうじゃない人もいるようで、ばらつきがあるということです。それでも休日出勤はほとんどないと言われています。だから、みずほ証券の仕事が激務な人はいるかもしれませんが、休みはしっかりととることができるので、そこは知っておきましょう。

 

そして、有給休暇についてはかなり評判がいい状況です。というのも、職場の雰囲気的に取得が奨励されているような状況なので、使いづらいという状況は全くないようです。上司の評価項目の中に、有給休暇の取得率があるらしく、それによって有給休暇は使うのが当然という空気になっています。5日連続で有給休暇を使う必要があるようですから、たっぷり休めるのではないでしょうか?有給休暇の取得の難易度については会社ごとにかなり差が出やすい部分です。したがって、ここはみずほ証券の就職の評判として頭に入れておくと良いと思います。在宅勤務に関しては、部署によるようです。可能な人もいれば、そうじゃない人もいるみたいですから、これからに期待という状況でしょう。みずほ証券の採用試験の難易度も重要ですけど、こういった会社の評判についてもしっかりと確認しておきましょう。自分が実際に働く可能性がある会社の情報はきちんと調べておいて、そのうえで納得した状態で受けていくと良いと思うのです。

 

あわせて読みたい記事