リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

楽天モバイルの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

楽天モバイルに就職したいと思っている人は、その難易度についてまず把握しておきましょう。楽天モバイルの就職の難易度を調べていきたいと思います。難易度についてチェックする際には、倍率のデータを使っていきます。したがって、楽天モバイルの就職の倍率を調べていくわけですが、実は倍率は非公開になっている可能性が高いです。採用試験の倍率を公開している会社の方がかなり少ないので、仕方ないと思いますけど。でも、楽天モバイルの就職における難易度では、他にも知っておくべき点があります。それは学歴フィルターの有無です。

 

楽天モバイルの就職では学歴フィルターはあるのか?

楽天モバイルの採用試験の難易度については、学歴フィルターの有無をチェックすることが重要です。通常であれば、楽天モバイルの就職の倍率を用いて考えていきます。しかし、倍率に関しては非公開となっているため、倍率以外の部分から考えていかないといけないのです。今回は採用実績校のデータを使っていきたいと思います。楽天モバイルの就職の採用実績校を見れば、ある程度の推測は可能だと思います。実際にチェックをしていくと、多くの大学名を確認することができます。有名大学も掲載があるものの、Fランク大学と思われる大学名がありますし、美大からの採用もあります。こういった状況を踏まえると、楽天モバイルで学歴フィルターがある可能性は決して高くないでしょう。学歴フィルターに関する心配はそんなにしないで大丈夫ではないか?と思います。

 

でも、仮に学歴フィルターがなかったとしても、楽天モバイルの就職では学歴や大学名は見ていると思います。就活においては、通常は学生のあらゆる面をチェックしていくことになります。そのうえで合否の判断をしていくのです。だから、学歴や大学名もチェック項目になっていても不思議ではありません。しかし、そういった部分だけ見ているわけではないですし、結局は他にもいろいろな部分にも気を配っていく必要があります。特に楽天モバイルの就職の面接対策は重要と言えるでしょう。志望動機や自己PRはしっかりと考えて、そのうえで選考に臨んでほしいです。また、楽天モバイルの就職の評判に関しても事前にチェックしておくと良いと思います。社員の口コミをチェックすれば、ある程度の状況は見えてくると思いますから、事前にどういった日常があるのか?を知っておきましょう。楽天モバイルの仕事は激務なのか?について、特に理解しておいてほしいと思うのです。

 

楽天モバイルの就職の評判はどうなっている?

楽天モバイルの就職の評判について見ていきましょう。社員の口コミを見ることで、ある程度の状況を理解しやすいはずです。まずは平均年収から調べていきたいと思います。楽天モバイルの平均年収は?というと、600万円前後となっています。したがって、それなりに高い数字と評価できます。そして、働き方の口コミに関してもチェックしていきましょう。楽天モバイルの残業時間のデータが存在していますが、それによると1か月あたりの残業時間は35時間程度となっています。激務とは言い難いものの、それなりに忙しい可能性がある数字です。実際、仕事中心の生活になるという口コミがあるので、中には激務に感じている人はいると思われます。残業がそれなりに多く、休日も仕事の連絡が来るという状況があるみたいです。ただ、どんな働き方になるのか?については、部署によるとも言えるので、そこはあらかじめ理解しておきましょう。人によって口コミの内容が異なっている部分がどうしてもありますから。

 

実際、残業がほとんどないという口コミも見つかります。つまり、忙しい働き方とは正反対の状況の人もいるのでしょう。楽天モバイルの仕事は激務とは無縁のケースもあるという点は重要です。社員の声を見ていると、歴史が浅い会社だけに、試行錯誤をしている感じが出ているらしく、それによって会社全体で統一感を持てていない面があるようです。これから徐々に働き方が画一化されていく可能性はあります。そして、有給休暇についてはそれなりに使いやすいという口コミがあります。ここは楽天モバイルの就職の評判として覚えておきましょう。休みをとった分、出勤日の仕事量が増えるといった状況はあるみたいですが、有給休暇を取得すること自体は問題ない感じなので、ここは大きいと思います。楽天モバイルの採用試験の難易度も重要ですけど、やはりこういった会社の評判も知っておく必要があります。自分が実際に働く可能性がある会社については詳しくなっておいて、自分なりに納得してから受験をしていくと良いのではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事