リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

DSPの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

DSPに就職したいと思っている人はその難易度を理解してほしいと思います。DSPの就職の難易度については、倍率をチェックしていくことが調べることが可能です。しかし、DSPの就職の倍率については非公開になっている可能性が高いです。倍率に関してのデータが見つからないので、こういった部分については不明と言えるでしょう。倍率をわざわざ公開している会社はかなり少ないので、仕方ないとは思いますけど。ただ、DSPの就職の難易度については、それ以外でも知っておくべき部分があります。それは学歴フィルターが存在するのか?という点になります。

 

DSPの就職では学歴フィルターはあるのか?

DSPの採用試験の難易度において、学歴フィルターは非常に重要と言えるでしょう。したがって、ここに関して調べていきたいと思います。通常であれば、DSPの就職の倍率のデータを使ってチェックしていくのですが、すでに話したように、倍率は非公開になっていると思われるので、DSPの就職の倍率から調べることはできません。したがって、今回は採用実績校をチェックしていきたいと思います。DSPの就職の採用実績校を見ると、ある程度の推測はできると思いますから。実際に採用実績校をチェックすると、多くの大学名が載っていますけど、Fランク大学と思われる大学名も載っている状況です。だから、こういった部分を踏まえると、DSPの就職では学歴フィルターはないのではないか?と思うのです。

 

学歴フィルターは恐らく存在しない可能性が高いでしょう。でも、DSPの就職では学歴や大学名を一切見ていないとは言えないと思います。というか、就活では多くの企業が学生のいろいろな面をチェックしたうえで、合否を出していきます。そして、その複数あるチェック項目の中には学歴や大学名が含まれているでしょう。でも、学歴や大学名だけで、合否が決定されるわけではないので、結局は他にも気を配っていく必要がある部分は存在します。例えば、DSPの就職の面接対策は非常に重要であり、志望動機や自己PRは人事が特に細かく見ているはずです。だから、こういった部分は時間をかけて、丁寧に考えていってほしいと思います。また、DSPの就職の評判についても理解しておきましょう。社員の口コミを紹介していくので、そういった部分を参考にして、会社の実態を把握していきましょう。DSPの仕事は激務なのか?といったことについて、知っておくと良いと思います。

 

DSPの就職の評判はどうなっている?

DSPの就職の評判について調べていきたいと思います。社員の口コミを使えば、具体的な状況をイメージしやすいでしょう。まずは平均年収から見ていきたいと思うのです。DSPの平均年収は?というと、400万円前後となっています。したがって、それなりに高い数字と評価できるでしょう。でも、やはり気になるのは働き方に関する口コミだと思います。DSPの残業時間の平均についてチェックしていきます。1か月あたりの平均のデータがあるのですが、それによると約20時間前後です。この数字だと、そんなに激務という感じはしないです。実際は部署によると思われるので、そこに関しては頭に入れておく必要はありますけど、全体的にすごい忙しい状況ではなさそうです。ただ、口コミを細かく見ていくと、実際どのくらいの忙しさか?というのは、やはり部署によるみたいです。だから、中には激務に感じるケースがもしかしたらあるかもしれません。それでも平均すると、1日あたり1時間くらいの残業とも言われているので、かなり楽な部署もあるのではないか?と思います。相対的に忙しい、忙しくない働き方に分かれると言えます。

 

また、有給休暇に関しても同じような状況になっており、使いやすい部署とそうじゃない部署に分かれるみたいです。したがって、同じ会社で働いていても、所属先によって全く違う状況になりやすいと評価できるのです。そして、DSPの場合には土日祝日はあまり休めないと言われています。休日は別の日になることが多いのです。つまり、平日に休むことになる可能性がありますから、そこはDSPの就職の評判として頭に入れておきましょう。後気になる点と言えば、副業が不可であることくらいでしょうか?ここは人によっては知りたい部分だと思うので、そういう人は理解しておくと良いと思います。DSPの採用試験の難易度も重要ですけど、会社の評判もある程度は理解しておきましょう。DSPの仕事は激務になる可能性はあるものの、そうじゃないケースも十分にあるだけに、働きやすいと感じる場合もありえます。そういった部分を含めて、会社の実情を把握したうえで、実際に受験をしていくと良いと思うのです。

 

あわせて読みたい記事