リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

スターフライヤーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

スターフライヤーの就職の難易度はどうなっているのか?スターフライヤーに就職したいと考えている人はまずは難易度を理解していくと良いです。実際に難易度を調べるときには、スターフライヤーの就職における倍率の情報をチェックする必要があります。しかし、倍率の情報については、正確な数字が見つかりません。つまり、スターフライヤーの就職の倍率は非公開になっている可能性が高いと思うのです。採用試験の倍率については、公開していない会社の方が多いので、仕方ないと言えますが。でも、倍率が不明ということは、難易度に関しても分からない状況と評価できると思います。しかし、スターフライヤーの就職の難易度については、他にも重要と言える部分が存在しています。それは学歴フィルターの有無についてです。

 

スターフライヤーの就職では学歴フィルターはあるのか?

スターフライヤーの採用試験の難易度に関して、学歴フィルターの有無はかなり重要と言えるでしょう。したがって、その点について調べていきたいと思います。通常であれば、倍率の情報からチェックをしていきますけど、スターフライヤーの就職における倍率は分からなため、別の部分から推測をしていきたいと考えています。今回は採用実績校を参考にしていきたいと思うのです。スターフライヤーの就職の採用実績校を見れば、採用される大学のランクを判断することができますから。実際にチェックしていくと、有名大学からそうじゃない大学まで確認されるので、大学名にこだわっている雰囲気はあまり感じられません。そもそもスターフライヤーの就職では、短大や専門学校からの採用もあるため、そういう部分を踏まえると、学歴フィルターがある可能性はかなり低いでしょう。

 

学歴フィルターが存在する可能性は低いとは思います。しかし、だからといって学歴や大学名を一切見ていないとは言い切れません。就活においては、学生のあらゆる部分をチェックして、そのうえで総合的に評価をして、合否を決めていきます。だから、多くの点を見ているとしたら、その中に学歴や大学名が含まれていても不思議ではないでしょう。とはいっても、学歴や大学名だけで決まるわけではありませんから、結局は他にもいろいろな面に気を配っていく必要がありますけど。特にスターフライヤーの就職の面接対策はしっかりとやっていくべきでしょう。志望動機や自己PRなどは特に細かく見られている箇所になるはずなので、時間をかけて丁寧に考えていってほしいです。また、スターフライヤーの就職の評判に関しても知っておくと良いと思います。社員の口コミを紹介していくので、そういった部分から会社の普段の状況を把握していきましょう。スターフライヤーの仕事は激務なのか?などについて、特に知っておくと良いと思います。

 

スターフライヤーの就職の評判はどうなっている?

スターフライヤーの就職の評判についてチェックをしていきましょう。社員ん口コミはかなり参考になると思いますから、そこを確認しておくと良いです。まずは平均年収から見ていきます。スターフライヤーの平均年収は?というと、600万円前後となっています。したがって、割と高い数字になっているのです。しかし、多くが気になるのははやはり働き方に関する口コミでしょう。全体的には激務とは言い切れない状況ではありますけど、日によって労働時間にかなり差があると言われています。場合によっては夜中まで働くこともあり、勤務時間がバラバラというケースもあるようです。しかし、その分休日が多めになっているため、激務とは感じない人もいるみたいですが。だから、仕事の忙しさについて、ちょっと評価が難しい面があります。部署によっても違いはありそうですし。

 

それ以外のスターフライヤーの就職の評判としては、フレックスタイム制が利用できる環境にあるようです。ただ、これは全員というわけではなく、日勤の人限定みたいですが、つまり、夜勤で働く人も社内にはいるということで、そこは覚えておく必要があります。でも、日勤の人でも夜中まで働く可能性があると言えますけど。そして、有給休暇に関しては比較的使いやすいと言われているので、そういった面は評価できると思います。実際、こういった面は会社ごとに差が出やすく、全く使えない会社もありますから。スターフライヤーの採用試験の難易度も重要ですが、会社の評判についてもできるだけ細かく理解しておきましょう。自分が実際に働くかもしれない会社になるわけですから、実際に会社の状況を把握して、自分なりに納得したうえで受験をしていくと良いのではないか?と思います。

 

あわせて読みたい記事