リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

横須賀市の公務員試験の難易度は人物重視か?筆記よりも面接の倍率が高くて難しい?

【スポンサードリンク】

横須賀市の公務員試験の事務職は神奈川県の中ではそんなに大きな自治体ではないですけど、募集人数は結構多いかもしれないですね。横須賀市の採用予定者数は年度にもよりますけど、20から30人くらいはあるかと思われます。それによって、横須賀市の公務員試験の事務職の最終合格者の数というのもそれなりに多いです。だからこそ、横須賀市の公務員試験の難易度は簡単ではないものの、難しいとまでは言えないくらいではないか?と思います。横須賀市の公務員試験の事務職は3つくらいに日程が分かれています。事務とされている日程と事務A、事務Bがあるので、それぞれにおいて試験内容や募集人数も違うため、注意をして欲しいと思います。6月に実施される事務の試験が1番横須賀市の公務員試験では採用予定や数も多いですし、多くの人が受験するメインの試験になりますね。最新の平成27年度の横須賀市の公務員試験の事務の6月に行われた試験では、倍率は10倍程度なので、難しくはないですが、簡単ではないという感じですね。

 

横須賀市の公務員試験のこの年は318人が受験して31人が最終合格なので、受かるのは簡単ではないです。でも、頑張れば受かる可能性はそれなりにありそうなくらいの倍率に思えます。横須賀市の一次試験の倍率は318人が受けて、148人が合格していますから、倍率は2倍強くらいという感じになると思います。横須賀市の筆記試験の倍率になりますけど、この数字ならばかなり通過できる確率は高いと言えます。筆記試験で2倍程度の倍率っていうのは、あまりないです。どちらかというと、小規模な自治体の試験でよくみる感じですね。こういうところは割と人物重視で二次試験以降に多くの受験生を残すんです。横須賀市も人物重視の自治体と言えるかもしれませんね。横須賀市の筆記試験の倍率は低いですけど、その分二次試験からの倍率は高そうですね。横須賀市の公務員試験の二次試験は76人が合格しています。何人受験したのか?不明ですが、140人くらいとすると、2倍弱くらいですか。この横須賀市の二次試験の倍率はまあまあ普通くらいかもしれません。しかし、三次試験もあるんですよね。三次試験の合格者は35人なので、こちらも倍率は2倍くらいかな?そして、最終合格者は31人なので、もう1回試験があったんでしょうかね?

 

この年の横須賀市の公務員試験は二次試験から最終合格者まで4.5倍くらいあるのかな?恐らく人物試験ですから、横須賀市の面接などの倍率はそれくらいの数字になるということで、筆記試験の倍率と比べるとやはり高いです。横須賀市は最終合格までの道のりが割と長いですし、いくつもの選考を受けてクリアしていかないといけないので、なかなか受かりやすい自治体とは言えないと思いますが、やはり二次試験以降が勝負になると思います。横須賀市の筆記試験の倍率はそこまででもないので、ここは受かりやすいと言えると思いますけど、そこは足きり感覚で、二次試験以降が本番と思った方が良いでしょう。横須賀市の筆記試験のボーダーなどはちょっと分かりませんけど、先ほど言ったように足きり程度の合格ラインにしかならない可能性もあります。筆記試験の倍率が低いので、落ちる人数も少ないですし、横須賀市の筆記のボーダーは5割ちょっとあれば、十分受かりそうな気はしますが、問題のレベルにもよりますから、確実なことは言えません。横須賀市の試験内容についてですが、受験案内が見つからないんですよね。私の探し方が下手なのかもしれませんが、他の自治体では見つかるケースが多いんですけど、ちょっと普通に探しただけでは見つからないので、横須賀市の公務員試験で、一次試験、二次試験、三次試験、それ以降でどんな試験をやるのか?筆記試験の出題科目や範囲は?横須賀市の筆記や面接の配点などを知りたい人は自分で探してもらうしかないのですが、私は見つかりませんでした。時期が悪かったのか?どうかは分かりませんけど。横須賀市の公務員試験の配点については載っていない可能性も高そうですけどね。分かれば1番良いんですけど。横須賀市の面接と筆記の配点が分かれば、横須賀市の公務員試験が人物重視か?どうかが分かりますから。

 

横須賀市の難易度は高くはないが、低いとも言えない微妙なところだと思うんですよね。筆記試験は割と受かりやすいが、二次試験以降は人物試験が中心になると思われるので、感嘆には受からない。面接、集団討論とかが中心になると、そういったものが得意な人はすいすいいくかもしれないが、苦手だと厳しいのかな?と思います。横須賀市の二次試験以降の倍率を考えると、やっぱり面接などが得意な人が残りそうな感じではあります。横須賀市の面接の倍率は、面接がどれだけ実施されるのか?によって決まるのでなんとも言えませんが、面接の出来、不出来が試験結果にかなり影響するでしょう。横須賀市の筆記の倍率はそうでもないが、面接などの倍率はそれなりに高いので、目熱などの人物試験の苦手度合いによって、横須賀市の体感の難易度も変わってくるという感じでしょうか?人によって難しさの度合いは違うということになりそうです。

 

あわせて読みたい記事