読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大正大学の偏差値や難易度のレベルは?倍率は低く受験科目も柔軟で入りやすい学部が多い

【スポンサードリンク】

大正大学は去年かな?ある事件がきっかけで全国的に知名度を上げた大学と言えるかもしれません。あまり良い事件ではないですけど、ネットでは特に話題になりました。立正大学と名前がやや似ているせいか、大正大学は知名度はそんなにないかもしれませんが、知っておいてほしい大学でもあります。結構珍しい、ここにしかない学部も備えているので、そういったところで今後社会的な需要が出るかもしれません。それによって、今後は大正大学の偏差値も上がっていく可能性もないことはないでしょう。この大正大学は偏差値では文学部あたりが1番高いのでしょうか?とはいっても、そんなに差がある感じではないです。大正大学は入りやすい学部というのがあることはあるんでしょうけど、それは人間学部とかでしょうかね?非常に珍しい学部名になりますが。この大正大学の人間学部は偏差値が40あるか?ないかくらいで、センター利用のボーダーも50~60%くらいですから、相対的に入りやすいと言えるのではないでしょうか?大正大学はセンター利用入試では3科目と2科目を選べるので、2科目の方がボーダーは高くなるかもしれませんが、自分が得意な科目で勝負しやすい状況にあるので、おすすめと言えるかもしれません。

 

この大正大学は偏差値は概ね45前後くらいでしょうか?レベルはそんなに高くないですが、先ほども言ったように、ここにしかないような特殊な学部がありますから、そこが魅力の1つと言えるかもしれません。大正大学の難易度は高くはありませんが、かなり学ぶ内容が一般的ではない学部もあるため、どこを受けるか?決めるときにはかなり重要ですよ。大正大学は人間学部、表現学部、仏教学部、地球創生学部、心理社会学部など、文学部以外はちょっと変わった学部が多くあるため、そういったところを受験する場合にはやはり調査が必要でしょう。入学してからのこともありますし。大正大学はの受験科目は2科目と3科目があります。先ほどセンター利用入試の受験科目は2科目と3科目があると言いましたが、一般入試の受験科目も2科目と3科目ですね。大正大学はの受験科目は前期が2科目と3科目で選べて、後期が2科目となっています。これは全部の学部共通みたいですね。したがって、比較的受けやすいと言えるでしょう。センター利用も一般入試もそうですけど、3科目と2科目で選べるので、自分が有利なほうを選んで受験をすると良いと思います。

 

大正大学は受験科目に関してはオーソドックスな感じで、柔軟性があると思いますけど、その中でどの学部を受けるか?が問題でしょうね。すでに述べたように大正大学は偏差値はそこまで差がない感じです。だから、難易度についてもそんなに変わらないのかな?という気もします。したがって、大正大学で入りやすい学部を探すならば、あとは倍率でしょうか?大正大学の難易度を客観的に評価するならば倍率は使えると思います。大正大学の倍率で特に入りやすい学部はどこかな?と探すと、候補が多すぎますね。相対的に倍率が高くて、入りづらそうな学部は一部見つかるものの、基本的に一般入試の大正大学の倍率は多くが1倍台です。1.5倍前後とかになっているので、倍率でも見ても入りづらい学部は出せるが、入りやすい学部は多くになってしまうので、具体的にこことは言いづらいですね。大正大学の倍率は前期も後期もあまり変わらない感じです。大正大学はそういったところであまり差が生まれづらいということが言えるかと思います。

 

そうなると、大正大学は入りやすい学部とかで受験先を考える意味があまりないということになります。大正大学に受かるにはそこまで大変な勉強は必要ないかもしれません。大正大学AO入試や指定校推薦とかでも受ける人は多いかもしれませんけど、センター利用入試や一般入試で受験する人も多くいます。大正大学は偏差値が50なくても受かる可能性があるという意味では、勉強自体は必要でしょうけど、大変な勉強は必要ないかもしれないのです。学部によって微妙に異なりますが、大正大学に受かるには偏差値が50程度あればかなり可能性はありますし、そこまでなくても学部によっては全然可能性があるでしょう。大正大学に入りたい人は努力次第でどうにでもなります。先ほど言ったように、大正大学は倍率も1倍台の学部が多くありますから。大正大学のレベルや難易度を考慮すると、受かりやすい大学と言えるかもしれません。大正大学は特徴的な学部が多くあるので、ここでしかできない勉強ができる可能性を考えると、魅力的な大学と言えるかもしれません。大正大学の偏差値などを把握して、そのうえで受験科目や倍率を調べて、受験するか?どうか、受験するならばどの学部か?考えていきましょう。

 

大正大学を目指している方はリクナビ進学を知っておくと良いと思います。ここは大学受験のための資料請求ができるサイトで、大正大学の大学案内を請求できるのです。大正大学の入試や学生生活に関しての情報が多く掲載されていると思いますから、大正大学を受けると決めている人も、興味があるという人も参考になると思います。大正大学の入試については学部別、入試方式別などで必要な科目、配点、募集人数、日程などの情報が分かりやすくまとめられている可能性があります。そして、過去の入試の倍率や合格最低点なども書かれているとさらに便利です。そして、大正大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?についても知ることができるはずです。大正大学の学生は普段どういう授業を受けているのか?どういったことを学んでいるのか?ゼミやサークルではどんな活動をしているのか?卒業後はどういう進路を歩んでいくのか?といった在学生の普段のキャンパスライフを学部別などで紹介してくれていると思います。こういった情報を見れば、大正大学に入ったら自分はどういう大学生活を送るのか?が容易に想像でき、かつ大正大学に関して在学生の生活から感じられる魅力などに気付けて、今まで以上に大正大学に入りたい気持ちが強くなるかもしれません。リクナビ進学のトップページの検索窓に「大正大学」と入れて検索をすると「パンフをもらう」というリンクがあるので、そこをクリックして住所や氏名などの情報を入力して送信すると、後日自宅に届くと思います。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事