リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

HISの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と離職率、激務の評判や口コミについて

【スポンサードリンク】

HISという会社に就職したい人も多くいると思うのですが、そういったときには難易度を知っておいてほしいと思います。HISに就職する難易度は高いのか?というのはかなり重要になってくるので、HISを受ける予定の人は知っておきましょう。HISの就職の難易度に関してはちょっと難しい部分があります。なぜならば、HISでは倍率を公開していないからです。たいていの会社は就職の倍率を公開しているのですが、HISでは公開していないので、倍率からは難易度を推測できません。ただ、HISの就職の難易度を測るうえで重要な採用予定者数という部分に関してはかなり多めです。毎年採用予定者数は変わる可能性がありますけど、HISの就職においては数百人程度は募集されるみたいなので、大手企業の中でもトップクラスの多さになると言えると思います。したがって、HISの就職したい人はチャンスは多くあると言えるのです。HISの就職の採用人数に関しては多めなので、実はHISの就職の倍率は高くはないという可能性もあります。知名度もそれなりにありますし、人気の企業だとは思うのですが、HISの就職の採用人数から察すると、そこまでの高い倍率ではないと思われるのです。

 

HISの就職の倍率に関しては予想しかできないものの、100倍を超えるようなことはないかもしれないです。大手企業と言えるレベルだとしても、HISの就職の倍率は名だたる大企業と比べると低いのではないか?と思うのです。ただ、もちろんHISの採用試験の難易度は高いので、HISに就職したい人はしっかりと対策をしていってほしいと思います。HISの就職に関しては大学名や学歴は関係あるのか?というのも気になる人がいるのではないか?と思います。HISの就職では学歴フィルターはあるのか?といったことを考えている人はいると思いますけど、HISの就職のケースでは採用人数がかなり多いため、学歴フィルターを実施している可能性は低い気はします。結局、倍率が分からないとHISの就職で学歴フィルターがあるのか?という判断もしづらいです。HISの就職では学歴や大学名が考慮される可能性はありますけど、こういった旅行会社の場合には学部とかの方が関係する可能性はあるかもしれないです。観光学部とか、そういった系統の学部出身者が優遇されるか?は分からないものの、人事担当者としては多少印象が違う可能性があります。文系就職は学部不問で、いろいろな学部から募集がされている現状を見ると、特に学部は気にしないでいろいろなところから採用されていると言えるので、学部はあまり関係ないと言える可能性が高いとは思いますけど。

 

HISの就職では学歴フィルターの可能性はなくはないものの、採用予定者数の多さからするとそういったものをしないでも問題ないか、違う手段で足きりが行われている可能性もあるので、HISの就職での学歴フィルターについては分かりませんが、可能性はあまり高くない気もします。HISの採用試験では学歴や大学名が考慮されている可能性は十分あるでしょう。それは学歴フィルターのような足きりではなくて、選考の過程で合格者を誰にするか?というときに学歴や大学名を見てそれを参考にしているという可能性はあると思うのです。だから、HISの就職での大学名や学歴というのは少なからず関係はあると思います。ただ、こういった部分は結局は人事担当者しか分からないので、推測してもしょうがないとなると思います。HISに就職したい人は会社の評判についても調べていく必要があります。HISの採用試験の難易度などに関するものだけではなくて、入社してからのことを考えておかないといけないと思うのです。それぞれの会社に評判があるので、長く働きたいと思える会社か?どうかを判断していきましょう。

 

HISの就職の評判を調べるときに重要なポイントとしては離職率があります。離職率はどうなっているのか?というと、実は15%程度というデータがあり、ちょっと高いのです。離職率の平均のようなものは分かりませんけど、離職率としては結構高いので、HISに就職したい人はその部分に関してまずは知っておかないといけないのです。離職率が高い理由はなんでしょうか?激務な部分があるとか、そういったところが理由として考えられますけど、HISの就職の難易度と働き方の評判が釣り合っているのか?は非常に気になるでしょう。HISの仕事内容は忙しいときが絶対にあるはずで、その点に関して言えば激務になることもあるでしょう。したがって、それが離職率につながっている可能性はあります。瞬間的なことで言えば、相当忙しいときというのがあるはずで、HISで働くうえではそれを経験すると辞めたくなる人も出てくるのかもしれないです。HISの離職率については頭の中に入れておきましょう。それ以外の情報については、HISの社員の口コミを見ておくと良いでしょう。HISの評判はそういったところから知ると良いと思います。HISの平均年収に関しては400万円前後となっており、数字として満足している人は少ないというHISの社員の口コミがあります。頑張りが適正に評価されないという声もあるので、HISの平均年収に関しては低いわけではないが、満足はいかないということなのでしょう。

 

HISの平均年収の口コミはそういったことになりますが、働き方に関してはどうでしょうか?HISの社員の評判に関してはやはり激務の側面は見られます。厚生労働省からブラック企業の指定を受けたという声もあるように、HISの業務は忙しい面がかなり強いようです。客商売ということで、その要望次第で労働時間が長くなったり、休日出勤があったりと、場合によっては激務になりやすいということなのです。部署によって労働時間が違うようですけど、HISに就職すると激務になるときは確実にくると言えます。定時で帰ることができる場合もあるようですけど、そういった機会は多くないかもしれません。HISに就職したい人は忙しいときについてはあらかじめ想定しておかないといけないのです。HISの採用試験の難易度はある程度は高いと思いますが、それとHISの就職の評判は釣り合っているのか?という部分は非常に重要です。HISの採用の倍率などは分からないものの、内定を貰うのはかなり大変だと思うので、HISに就職したい人は対策をとにかく頑張るしかないので、高い倍率を勝ち抜けるように企業研究から、面接対策などを頑張ってほしいと思います。

 

HISを志望している学生、受ける可能性がある人は他にもいろいろな企業を受けていくでしょう。その中でいかに内定の確率を上げることができるか?を考えないといけません。就活をするにあたっては、ナビサイトを使わないとできないというのが現代の就活になります。したがって、ナビサイトの存在は非常に重要なのですが、その選び方というのはかなり重要です。多くの就活生は無意識に有名なところ、多くの就活生が使っていると思われるところを選んでいると思いますが、そういったナビサイトは安心感はあるものの、ある問題点を抱えているのです。それは有名で知名度が高いナビサイトは就活生のほとんどが利用している場合も多く、その大量の就活生が同じナビサイトからエントリーをすることになるので、そのナビサイトに求人を出している企業に対して、大量の就活生による大量のエントリーが殺到しているということになるのです。そうなると、自分が使っているナビサイトが有名で知名度の高いところだと、自分がエントリーした企業に他の就活生が大量にエントリーし、競争率が上がり、倍率が高くなる可能性があります。そうなると、内定が取りづらくなると言えるのです。したがって、有名で知名度の高いナビサイトのみを使っていると、倍率が高い中で就活をしないといけないこともあり、リスクが高いです。そのリスクを分散するには知名度は低いが、就活生の利用者が少ないところも利用していくと良いのです。

 

例えば、「キミスカ 」はおすすめです。このキミスカはスカウト型のナビサイトで、学生が企業を検索してエントリーをするという従来の流れではなく、企業がキミスカに登録している学生を検索して、気になる学生にスカウトを送って、自社を受けてもらうというところからスタートするのです。ここが大きな特徴でもあり、メリットと言える部分になります。というのも、従来は学生が自分が受けたい企業にエントリーして受けるわけですが、自分が好きな企業だとしても、企業が自分を気に入ってくれるとは限りません。選考の中でアピールして自分に関心を持ってもらうように仕向けますが、多くの学生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けます。それはつまり、選考の中で自分に関心を持ってもらえなかったということになるのです。自分に関心を持たない企業を結果的に多く受けていたことになるので、別の言い方をすれば内定が取れる可能性が低かった企業を多く受けてしまっていたということも言えます。通常、事前にどの企業が自分に興味を持つか?というのは分かりません。受けてみないと分からないのですが、キミスカのようなナビサイトを使うとそれが分かるわけです。なぜならば、キミスカはスカウト型のナビサイトなので、スカウトが着て初めて就活ができます。そして、スカウトが着たということはその時点で会社はあなたに関心を持っているのです。だから、スカウトを送ってきたのです。

 

つまり、キミスカでスカウトが着た企業を受ければ、その時点ですでに自分に一定程度の関心を持っている会社を受けられるので、それだけ内定を取れる可能性が少しでも高い企業を受けることができるので、ここは大きなメリットです。また、スカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考をパスして選考に臨めるケースもあり、それも有利に働くと言えます。キミスカはスカウトが来るまではすることはなく、スカウトが着たときだけ対応すれば良いので、それまでは今まで使ってきた従来のナビサイトを利用して、自分でエントリーをして会社の選考を受けていくというやり方も行えます。つまり、併用ができるので、タイプの違うナビサイトを組み合わせることで、内定を取れる確率を上げる、リスクを分散するということができます。キミスカは多くの就活生は知らないでしょう。したがって、ナビサイトの利用者数も多くはないなずなので、そこから受ける会社を他の就活生が大量に受けているという状況は考えづらく、倍率も上がりにくいと思うので、内定が取りやすいと言える可能性はあります。他の就活生がこういったナビサイトを知らない中で、周囲のライバルに差をつけたい人にはおすすめだと思います。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事