リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活でクールビズのシャツの色は?半袖でOK?腕まくりやボタンダウンはありなのか?

【スポンサードリンク】

就活をするときにはいろいろな点に気を配っていかないといけないのですが、夏になると服装はかなり重要です。就活をするにあたっては夏にクールビズで来てくださいと言われることもあると思いますけど、クールビズを着ていくと落ちるなんていう噂もあります。企業もクールビズで来てくださいと言いつつ、実は就活生を試しているということもあるのかもしれませんが、就活生がクールビズで行くときには印象としてはどうなんでしょうかね?夏の時期であれば、普通に考えたらクールビズで印象が悪くなるとは思えませんが。就活のクールビズで印象が悪くなるとしたら、それは格好に問題があるときとかでしょうか?夏のクールビズの服装というのはどういう格好が良いのか?で迷う人もいると思うので、そこは基本的なところは知っておきましょう。就活のクールビズでは服装のポイントとしてはシャツの色があるでしょうか?就活のクールビズではシャツを着ることになりますが、ジャケットは基本的に着ないので、シャツの色の印象がより伝わることになります。シャツの色に関しては基本的には白のものを着ている人が大半です。これはクールビズに限らず、就活全般においてそうです。

 

社会人がクールビズの格好をするときには水色とかを着ている人もいますが、就活生あまり着ないです。人気がないとか、そういうわけではなく、みんな仲間外れになるのを恐れているのでしょう。浮くのを気にしている人は多くいると思うので、他の人と同じように就活のクールビズでもシャツの色を考えている人が多いと思います。就活のクールビズではシャツの色は白じゃないといけない決まりはないのでしょうけど、正統派という印象もあります。実際、就活ではジャケットを着るときでもシャツは白が定番になっており、違う色のシャツを着ると、オシャレに気を遣っているとか、カジュアルに見えるとか、そういう判断をする人事がいないとは言えないので、就活のクールビズでシャツの色は白が良いのではないでしょうか?恐らく他の就活生もシャツの色は白で来ると思います。あとは就活のクールビズでは腕まくりはどうなのでしょうか?就活のクールビズでは印象の悪い格好はしない方が良いと思うのですが、腕まくりは正直言って、印象はよくないでしょう。就活のクールビズで腕まくりをしたくなる気持ちは分かりますけどね。暑いので仕方ない気もします。就活のクールビズでは半袖のシャツはそもそも良いのか?ということになりますが、腕まくりをするよりは就活のクールビズで半袖のシャツを着て行った方が良いと思います。就活のクールビズにおいては腕まくりをする人はまずいません。社会人でも腕まくりをするんばらば、半袖のシャツを着ていると思います。したがって、あまり一般的ではないのです。

 

一般的ではない理由は、そもそもクールビズであっても腕まくりの印象がよくないということを感じている人が多いからではないでしょうか?就活のクールビズでも腕まくりはほぼいないです。半袖シャツの人もあまりいないかもしれませんが、こちらの方が一般的ですし、仮に就活のクールビズで来てくださいと言われたら、クールビズと言うからには半袖のシャツが一般的なので、半袖のシャツで行っても本来は問題ないですけど、就活生は長袖のシャツで来るという人が多いと思います。就活のクールビズでは腕まくりもしないが、半袖シャツを着るのも勇気がいるのでしょう。あと、就活のクールビズではボタンダウンのシャツはどうなのか?と思う人もいるみたいです。就活のクールビズではボタンダウンのシャツの色も迷うかもしれませんが、ボタンダウンはどうなのか?という点についても迷う人がいるみたいです。就活ではボタンダウンのシャツはあまり一般的ではない気がするのですが、就活のクールビズでもボタンダウンシャツがダメな理由はほとんどないでしょう。就活のクールビズでは腕まくりと同様に一般的ではない格好しない方が良いかもしれないのですが、就活のクールビズではボタンダウンが印象が悪いということはないと思います。

 

就職活動をするときにはナビサイトを使って行っている人が多いですが、そのナビサイトの選び方はどうやって行っているでしょうか?基本的に多くの就活生は無意識のうちに有名で知名度のあるナビサイト、みんなが使っているサイトに登録して利用しているのではないか?と思います。しかし、その選び方はリスクになるので知っておきましょう。というのも、みんなが使っているサイトは安心感のようなものはあると思いますけど、それだけ利用者数が多いということになるので、そのナビサイトに求人を載せている企業に対して大量にエントリーが届くことになります。有名なナビサイトはそれだけ載っている企業の数も多いですけど、ほとんどの就活生のエントリーは人気企業、規模が大きな安定していそうな企業にばかりいくので、普通に考えたらバランスよくいろいろな企業にエントリーが届くということは考えづらいのです。そうなると、有名で誰もが利用しているナビサイトに関しては、自分がエントリーした企業に対して、他の就活生も多くがエントリーシーしており、競合がかなり激しくなっている可能性もあります。自分がよほどマイナーな人気のない企業にばかりエントリーしているという状況でなければ、自分のエントリーした企業に対して、他の就活生も多くがエントリーをしており、その結果として競争率がが上がり、倍率が高くなるので内定を取るのが難しくなるのです。すなわち、有名なナビサイトは他の人もみんなが同じサイトを使っているという意味では安心感はありますけど、それとは別に実は利用者数が膨大になっていることで、エントリー数も膨大となり、倍率の上昇という状況を生み出しやすい構造になっているのです。

 

そういった理由から、就活生のみんなが使っているナビサイト以外で穴場的なサイトを見つけて、そこを利用することにより、リスクを分散させるという方法がおすすめなのです。例えば、「ニクリーチ」というナビサイトは多くの就活生に知っておいてほしいです。ニクリーチは従来のナビサイトとは違う特徴を持っています。それは学生が企業を検索するのではなく、企業が学生を検索するという逆の流れがあるからです。ニクリーチでは企業の人事が登録している学生のプロフィールを見ながら、気に入った人にスカウトを送り、選考を受けてもらうという仕組みになっているのです。就活生は自由に企業を受けられないという不自由な部分もありますが、それと引き替えににある大きなメリットを持っているのです。それは従来の就活のやり方を思い浮かべてもらえれば分かりやすいと思いますが、通常は就活生が気に入った企業にエントリーして選考を受けます。そして、選考を通じて自分をアピールして、人事に気に入ってもらえるように仕向けますが、基本的に自分が受けた企業の多くは不採用になってしまうと思うので、それは自分を気に入ることがなかった企業を多く受けてしまったことになるのです。別の言い方をすると、結果的に内定が取りづらい企業を多く受けていたことになります。しかし、ニクリーチは企業からスカウトがくるというところがスタートなので、スカウトがくるということはその時点で自分は企業から気に入られています。ある程度は興味を持たれているはずです。だから、スカウトを送ってくるわけです。

 

スタート時点で自分を気に入っているのならば、その時点で内定が取りやすい状況の企業を受けられるということになります。ここがニクリーチの最大のメリットなのです。スカウトが着たら、そのスカウトを承認するか?選択をし、承認をすると企業の人間と食事などをする機会があるので、そこでまずはお互いに理解をする時間が設けられるようです。こちらから聞きたいことを何でも聞けるので、入社したときのこんなはずではなかったという状況を避けやすくなりますし、人事からの質問に答えることで自分をアピールすることも可能でしょう。こういった個別に話をお互いできる時間があるという点において、明らかに他の就活生よりも有利です。そういった時間を生かして、選考に進んで内定を狙ってほしいと思います。スカウトは絶対に来るわけではありませんが、プロフィールを充実させるなどして、確率を上げることはできると思います。このニクリーチは多くの就活生は知りませんから、ここを通じて特定の会社を受ける人数は多くなりづらく、倍率が上がりづらい仕組みがあると言えます。他のライバルが知らない中、自分がこういったナビサイトを使うことで、他の就活生に差をつけることも可能だと思いますから、無料の会員登録で利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

これまで考えてもみなかった企業や業界からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!

 

あわせて読みたい記事