リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ミツカンの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

ミツカンというと、テレビCMとかで聞いたことがある、社名を知っているという人も多くいると思います。ミツカングループは食品業界の中でも大手の会社になると思いますが、そのミツカンの就職の難易度は気になるでしょう。ミツカンに就職したいと思っている人は多いはずですから。ミツカンに就職するには高い倍率を超えないといけません。恐らく倍率は高いと思います。ミツカンの就職の倍率は公開されていないようですけど、大手の会社となればそれなりに難しいです。ミツカンの採用試験の倍率は分からないですけど、多くの就活生が応募してくると思うので、かなりミツカンの就職における倍率は高いと思います。採用人数がそんなに多くないので。ミツカンの就職の難易度をチェックするときには、まずは学歴フィルターが重要になりますから、そういったところを調べておきましょう。

 

ミツカンの就職では学歴フィルターはあるのか?

ミツカングループの就職における難易度を確かめるときには、まずは学歴フィルターの存在が気になるところです。ミツカンの就職における難易度に関して、第一関門になる可能性がありますから。大手企業なので、学歴フィルターがあるのではないか?と考える人も多いと思いますけど、ミツカンの採用試験の倍率にもよりますよね。その倍率が不明なので、正確には分かりませんけど、採用人数が50人前後くらいなんです。そこまで多いわけではないのですが、少ないわけでもないです。50倍は越えている可能性は十分にあるでしょう。そうなるとミツカンの採用試験の難易度は高いと言えると思いますが。ただ、具体的な数字はちょっと分からないので、推測の域ということです。ミツカンの就職の採用試験の倍率が高いとなれば、学歴フィルターの可能性は高まりますけど、倍率が分からないので、採用実績校から判断していくしかないと思います。ミツカンの就職の採用実績を見ると、学歴フィルターの有無を判断できる場合があるのです。ミツカンに就職するには学歴フィルターがない方が良い人もいますからね。そういったところでは重要ですけど、ミツカンの就職の採用実績校を見る感じでは、学歴や大学名のランクから言うと、愛愛名中産近甲龍のレベルまでは採用があります。公開されている中でのみの判断になりますけど、愛愛名中産近甲龍までは採用があります。そうなると、微妙でしょう。

 

理系の採用も多いはずなので、そう考えると学歴フィルターはないんじゃない?という気もします。理系の場合には専攻内容の方が重要だと思うので。しかし、文系の場合にはちょっと違うかもしれないので、とりあえず愛愛名中産近甲龍までは大丈夫となります。このランクよりも下の大学でも採用されている可能性はありますが、載っている分はこれだけなので、確実なことは言えません。しかし、愛愛名中産近甲龍は関東で言えば日東駒専くらいでしょうか?学歴フィルターのボーダーが日東駒専か、MARCHと言われているので、そこまで採用があるならば、学歴フィルターがない可能性も十分に存在します。また、そもそも食品業界が学歴フィルターを使うイメージがあまりありません。ミツカンの就職の難易度に関係するので、しっかりと把握しておきたいですけど、そういった感じです。学歴フィルターの可能性は低いとは思いますが、絶対ではないので、そこは考慮しておいてほしいです。ミツカンの就職では学歴や大学名を見ているとは思うのですが、学歴や大学名を重視するか?というと、あまりそんな気はしないです。ランクはよく分かりませんけど、海外の大学からも採用されているのです。しかも、一般的にはあまり知名度は高くなさそうな大学名なので、そういったところも含めて学歴フィルターはないかな?と思いますけど、ミツカンの就職では学歴や大学名は関係ないと言えないという点も、同時に覚えておきましょう。

 

ミツカンの就職の評判はどうなっている?

ミツカンに就職したい人は評判といった面も知っておく必要があります。ミツカンの採用試験の難易度とは別にそういった情報も重要です。ミツカンの平均年収に関しては600~700万円くらいとなっており、この点においてはミツカンの就職の評判は高いです。ただ、問題は働き方で、ミツカンの社員の口コミを見ておくと良いです。ミツカンの社員の口コミから、働き方に関する評判を知ってほしいですけど、ミツカンの仕事は激務なのか?どういった状況なのか?というのは、入社前に知っておかないといけません。インターネット上にあるミツカンの社員の口コミはほぼ研究職なので、それ以外の営業職とか、他の職種に関しては不明な部分もありますが、社内全体の傾向としては残業代はしっかりと出るということと有給休暇は使いやすいというものがあります。残業した分はしっかりと給料に反映されるので、残業代の申請はしやすく、そこは評価する声がありますし、有給休暇に関してはよほど忙しい時期以外であれば、受理してもらえると。したがって、有給休暇に関しても申請しやすいというのがミツカンの就職の評判です。しかし、仕事は激務になることもあるみたいです。研究職に関しては休日出勤もそれなりにあるみたいです。

 

口コミとしては見られませんが、営業職に関しても恐らく忙しいときはあるはずです。研究職についてはデータの採取、植物の栽培などで休日も仕事をしないといけないので、場合によってはミツカンでの仕事は激務に感じることがあるということです。あとは学会のために遠方まで行かないといけない機会もあり、意外と忙しい可能性があります。ミツカンの就職の評判では、忙しいときがあるという口コミもありますけど、忙しい会社は全国的にそうでしょう。ミツカンだけではなく、多くの会社が激務なシーンがあるはずで、ミツカンの社員の口コミからすると忙しいレベルはそこまで極端ではなさそうです。ブラック企業をほうふつとさせる激務のレベルという感じではないと思います。やや不満という程度で、恐らくミツカンの仕事が激務まではいかないのではないか?激務に感じたとしてもそれが継続的ではないという状況だと思うのです。あとは産休、育休は非常に取りやすいということみたいで、有給休暇もそうですけど、休みは取りやすい雰囲気なのかもしれないです。ミツカンの就職の評判としてはこういう感じです。激務なときもあるかもしれないですけど、全体的にはそれなりに良い評判もあります。研究職以外の口コミがあまり見つからないということはありますが、営業職など他の職種も共有する部分はあると思うので、良かったら参考にしてほしいです。ミツカンに就職したい人は難易度は高いとは思いますけど、しっかりと対策をして受けていくと良いと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。通常のナビサイトでは学生自身が自分の好みによって選んだ企業にエントリーをしていきますから、自分は気に入っている企業でも、企業の方が自分を気に入るか?は分からないということです。実際に選考を受けてみて、初めて結果が分かるのですが、ほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。

 

そこがキミスカならではの特徴であり、利用者にとって大きなメリットと言えるでしょう。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるケースもあるのですが、このときには選考が進んだ段階から参加できて、内定に近い状況で受けられるわけですから、非常に優位な状況を作ることができて内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事