リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

オープンハウスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

オープンハウスの就職の難易度はどうなっているのか?オープンハウスに就職したいと思っている人であれば、やはり難易度を知っておく必要があります。実際にオープンハウスの就職における難易度を調べるためには、倍率が必要です。そういった数字をもとに確認していきます。しかし、オープンハウスの就職の倍率は非公開になっているようです。倍率のデータが見つからない状況なので、難易度をチェックすることができません。ただ、倍率を公開していない会社の方が多数派なので、しょうがないとは思いますが。そして、オープンハウスの就職の難易度に関しては、他にも重要な面があります。それは学歴フィルターの有無です。

 

・オープンハウスの就職では学歴フィルターはあるのか?

オープンハウスの採用試験の難易度を調べるときには、学歴フィルターは重要です。ただ、倍率が分からないので、別の部分から調べていきます。通常であれば、やはりオープンハウスの就職における倍率を使うのが確実ですけど、今回は採用実績校を見ていきたいと思います。採用実績校をチェックすると、いろいろな大学名が載っています。有名大学の名前が多いですけど、専門学校も普通に含まれています。したがって、専門学校からの採用が確認されている状況では、学歴フィルターの可能性は低いと思われます。四年制大学でも、専門学校でも問題ない状況であるため、大学名に関してこだわっている雰囲気には見えません。したがって、オープンハウスの就職では学歴フィルターは恐らくないでしょう。ここはオープンハウスの就職における難易度として頭に入れておくと良いと思います。

 

学歴フィルターはないはずですけど、学歴や大学名は選考の際に見ているでしょう。そういった部分も合否の判断材料になっていると思います。学歴フィルターのように、学歴や大学名だけで決まることはないでしょうけど、そういった部分が一切無関係と言える状況でもないと思うのです。就活では非常に多くの部分を判断材料にして、合否を決めているので、オープンハウスの就職でも学歴や大学名をチェックしているはずです。しかし、他にもチェックしている部分はありますから、結局いろいろなところに目を向けていかないといけないのです。特にオープンハウスの就職の面接対策は重要です。オープンハウスの志望動機や自己PRなどをしっかりと考えたうえで、選考に臨んでいきましょう。また、オープンハウスの就職の評判についてもチェックしていく必要があります。自分が就職する可能性がある会社については、正確な実態をあらかじめ把握しておきましょう。オープンハウスの仕事は激務なのか?などについて知っておくと良いと思います。

 

・オープンハウスの就職の評判はどうなっている?

オープンハウスの就職の評判はどうなっているのか?社員の口コミからチェックをしたいと思うのです。まずは平均年収から紹介していきます。オープンハウスの平均年収は約600万円となっていますから、それなりに高いです。ただ、気になるのは働き方に関する口コミでしょう。残業時間に関しても見ていきますけど、こちらも社員の口コミにより平均は月に60時間前後となっています。したがって、そこそこ多い数字に感じるかもしれません。激務と言えるか?は分かりませんが、残業時間は少ない方ではないでしょう。実際に労働時間は長いという声もありますし、そこは社員も感じているのでしょう。とはいっても、以前と比べたら労働環境はマシになっているという口コミがあるので、働き方の改善は見られているということで、今後に期待を持つこともできるでしょう。不動産業界は忙しいところが割と多いと思います。実際、激務となっているところは多くあるので、この業界はある程度そういう部分は仕方ないのかもしれません。

 

ただ、口コミを細かく見ていくと、好きで働いているという人が結構見つかるのです。仕事が忙しいとしても、モチベーションはちゃんと保てるようで、辞めたいと思っている人はほとんどいないような感じに見えます。忙しい状況、激務に感じる状況があるとしても、楽しく働くことができる魅力があるということなのでしょう。ここはオープンハウスの就職の評判でも特に重要なポイントです。そして、オープンハウスでは休日は土日ではなく、火曜日と水曜日になっているようで、そこは特徴的ですから覚えておきましょう。休日が平日になるということは、他の人たちとは違った日に休むことになるため、ライフスタイルにも影響が出る可能性がありますから。オープンハウスの就職の評判はだいたいこんな感じです。オープンハウスの採用試験の難易度も重要ですけど、会社の実態もあらかじめ理解して、そのうえで受験をしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事