リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

住友化学の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

住友化学に就職したいと考えている人はまずは難易度を理解しておきましょう。住友化学の就職の難易度を調べてほしいと思うのです。住友化学の就職における難易度をチェックするには、通常は倍率を使っていきます。しかし、住友化学の就職の倍率については非公開になっているようです。したがって、倍率が不明である以上、難易度に着いてチェックすることは難しい状況となっています。倍率を公開している会社の方が少ないので、住友化学の就職の倍率が分からない点はしょうがないとは思いますが。ただ、難易度に関する部分では、他にも知っておきたい問題があります。それは学歴フィルターの有無に関してです。

 

住友化学の就職では学歴フィルターはあるのか?

住友化学の採用試験の難易度において、学歴フィルターの問題は非常に気になるでしょう。学歴フィルターがあるか?どうかについては、倍率を調べることでチェックできるものの、すでに話したように、住友化学の就職の倍率は不明な状況となっています。だから、別の要素を使って調べていくことになるのです。今回は採用実績校を見ていきたいと思います。住友化学の就職の採用実績校として、多くの大学名が載っていますが、基本的には有名大学のみとなっています。最もランクが低いところでもMARCHレベルなので、これは学歴フィルターがないとは断言できない感じです。住友化学の場合、会社がそれなりに大きいので、学歴フィルターがありそうと思う人もいるかもしれません。実際、その可能性はありますけど、採用人数が割と多くて、100~200人程度採用する年もありますから、意外と住友化学の就職の倍率は高くないのでは?と予想できます。

 

学歴フィルターに関しては、正確なことは言えないものの、可能性はあまり高くない気がします。だから、そこまで心配する必要はないと思うのです。ただ、学歴フィルターがないとしても、住友化学の就職では学歴や大学名を見ている可能性は十分にあるでしょう。学歴や大学名だけで合否を決めないというだけで、そういったところもチェックはしていると思うのです。しかし、学歴や大学名をチェックしながら、他にもいろいろな面を見て、総合的に合否を決めるはずなので、気を配るべき部分は多くあると言えます。特に住友化学の就職の面接対策に関しては重要でしょう。住友化学の志望動機や自己PRは評価に直結しやすい点なので、しっかりと考えておいてほしいです。あとは会社の評判についても調べていきましょう。自身で働く可能性がある会社については、できるだけ細かい部分まで知っておいた方が良いと思います。社員の口コミを紹介していくので、住友化学の仕事は激務なのか?という点を理解しておくと良いと思います。

 

住友化学の就職の評判はどうなっている?

住友化学の就職の評判について調べていきましょう。社員の口コミからチェックをしていきますけど、住友化学の平均年収をまず見ていきます。平均年収に関しては、650万円前後となっています。したがって、給料面に関してはかなり良い状態だと言えるでしょう。では、働き方に関する口コミを見ていきましょう。住友化学の残業時間については、1か月あたりの平均では約20時間程度となっています。この数字を見る感じでは、激務という雰囲気ではないです。ただ、実際は部署などによる可能性があるので、そこは理解しておきましょう。でも、実際は長時間労働はなく、残業はほとんどないという声があるので、どの部署でも概ね忙しい状況はほぼ発生していないのかもしれません。仕事が激務に感じづらい点は非常に安心できると思いますし、住友化学の就職の評判として知っておくと良いと思います。

 

また、住友化学の社員の口コミでは、フレックスタイム制が採用されているらしいので、そういった面で評判がいい状況です。フレックスタイム制があると、勤務時間帯で自由度が高くなるので、これは働きやすさのアップにつながります。だから、人によって出勤時間、退勤時間が異なるという状況が起きやすいと言えるでしょう。そこは住友化学の働き方の特徴と評価できます。そして、有給休暇に関しては非常に使いやすいとされています。職場の雰囲気的に有給休暇は普通に使えるので、ここに関しても安心できる部分と言えます。住友化学の仕事は激務ではなさそうですし、休みも問題ないと言えるので、ここは住友化学の就職の評判として覚えておくと良いと思います。住友化学の採用試験の難易度も重要ですけど、会社の評判についてもしっかりと把握しておく必要があります。自分が実際に入社する可能性がある会社の情報については、少しでも多く集めて、自分なりに納得してから受験をしていくと良いと思うのです。

 

あわせて読みたい記事