リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

富国生命の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

富国生命保険の就職の難易度はどうなっているのか?富国生命の就職の場合、フコク生命という名称を使う場合もあります。したがって、このフコク生命という名前も頭に入れておきましょう。富国生命の就職における難易度を調べるにあたっては、倍率のデータが必要です。富国生命の就職の倍率から難易度をチェックしていきます。実際の倍率に関しては、20倍前後となっているようです。したがって、そこまで高い倍率という状況ではありません。富国生命の就職の難易度はこういった感じですけど、他にも実は重要な部分があります。それは学歴フィルターの有無に関してです。

 

富国生命の就職では学歴フィルターはあるのか?

富国生命保険の採用試験の難易度に関して、学歴フィルターという部分は非常に重要です。したがって、ここに関してチェックをしていきましょう。富国生命の就職で学歴フィルターがあるのか?については、通常は倍率をもとに確認していきます。すでに話したように、富国生命の就職における倍率は20倍前後と言われています。この数字を見る限りでは、学歴フィルターがありそうな雰囲気にはあまり感じません。ただ、一応他の部分も見ていきたいと思います。富国生命の就職の採用実績校もチェックしていきたいと思うのです。採用実績校を見ると、いろいろな大学名が並んでいます。しかし、その中にはFランク大学と思われる名前もあるので、こういった部分を考慮すると、やはり富国生命の就職では学歴フィルターはないのではないか?と思われます。

 

ただ、学歴フィルターがある可能性は低いと思われるものの、学歴や大学名を見ていないわけではないでしょう。そういった部分はきちんとチェックしていると思われます。就活では学生のいろいろな部分を確認し、それらを総合的に評価したうえで、合否を決定していきます。だから、富国生命の就職では学歴フィルターは当然にチェックしていると思っておきましょう。しかし、学歴や大学名だけを見て合否を決めるわけではありません。他にも多くの箇所をチェックしているはずです。だから、結局は気を配るべきポイントはいくつか存在することになります。特に重要なのは富国生命の就職の面接対策です。志望動機や自己PRをしっかりと考えて、選考に挑んでいきましょう。そして、富国生命の就職の評判についても見ておくと良いと思います。社員の口コミをチェックすることで、ある程度の会社の状況を知ることができるはずです。富国生命の仕事は激務なのか?といった点について、特に理解しておくと良いでしょう。

 

富国生命の就職の評判はどうなっている?

富国生命保険の就職の評判はどうなっているのか?社員の口コミから探っていきましょう。まずは平均年収から見ていきたいと思います。富国生命の平均年収は?というと、かなりばらつきがありそうな感じです。400~700万円程度と思っておくと良いかもしれません。したがって、数字としてはそれなりと言える範囲だと思います。では、働き方に関する口コミを見ていきます。富国生命の残業時間の1か月あたりの平均を見ていくと、30時間前後となっています。この数字を見る限りでは、激務とは言い切れません。しかし、社員の口コミを見る感じでは、忙しい状況の人もいるみたいです。実際、富国生命では土日に関しても出勤することがあるようで、振替休日は存在するみたいですけど、それだけ忙しい雰囲気はあるかもしれません。でも、この業界であればある程度の激務はしょうがないと思いますが。特に営業の人であれば、覚悟はしている人も多いでしょうし。

 

営業の人は特にそうですけど、お客さん次第で働き方が大きく変わってくる面があります。不規則なライフスタイルになりやすいということで、ここは複数人の口コミで確認できます。ただ、休みを取ることはそこまで困難ではないようで、休日出勤がある場合も存在しますけど、そういったシーンは頻繁とは言い切れないみたいです。それに有給休暇もとりあえず使えると言われていますし、そういった点は富国生命の就職の評判として覚えておくと良いでしょう。こういった業界ならではの事情もありますし、どうしても富国生命の仕事が激務に感じる可能性はあります。しかし、全員が常にそういった状況にあるわけではないですし、休みに関しては良い口コミも存在しています。実際に受験をするにあたっては、このような面はきちんと理解しておきましょう。富国生命の採用試験の難易度も重要ですけど、会社の評判も大切と言えるので、自分なりに納得をしてから、実際に富国生命の選考を受けていくと良いのではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事