リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活のSPIやテストセンターは替え玉、代行を使ってもバレない可能性も

【スポンサードリンク】

就職活動では、恐らく何社も受けていればいずれ直面すると思います。筆記試験があります。SPIやテストセンターなどを受けることになると思います。SPIは1番割合としては多いかもしれませんが、あとはWEBテストやテストセンターといった受験形態もあります。これらは多くの人はあらかじめ勉強をしてきて臨む形になりますが、勉強が足りなかったり、面倒だったり、自信がないという方は、中には替え玉や代行を使ってくる人もいるかもしれません。替え玉や代行受験は、WEBテストでよく言われていますよね。WEBテストはパソコンが使える場所ならば、どこでも受験可能なので、ほぼ間違いなく替え玉や代行は可能になっています。それがバレるか?とか、企業が不正行為扱いしているか?どうかは別にありますが、やろうと思えばできます。たあ、SPIやテストセンターでの受験はどうなのでしょうか?

 

SPIやテストセンター受験は、決められた会場に行きます。したがって、一見すると買え間や代行は不可能にも見えますが、完全に不可能ではない気がします。というのも、私の経験になりますが、テストセンター受験をするときには、建物の中に入って、受験をする前に学生証などで身分確認のようなものをしてから、実際に指定されたパソコンに座って受験をしたと思います。これは恐らく出欠確認に近いのかな?という気がします。そして、その確認を終えて、パソコンに座るまでに別の人に入れ替わってもらうことも十分可能な気がしたんです・。私が受けたときがそういう感じだったので、全部の会場でそういう感じになっているとは限りません。受験をするとき、パソコンに座るときに、ちゃんと本人が座っているとか、そういう確認は誰もしていなかった気がします。したがって、自分が受けないでも良いような状況が作られていたのです。私はちゃんと真面目に受けましたが、中にはそういうことをしている人が居たかもしれません。

 

そして、SPIも基本的には似ているはずです。入り口で本人確認自体はされるはずです。ただ、その後席に着くのが本当に本人か?どうかの確認等はしていないのでは?と思います。やろうと思えばできなくはないですけど、面倒なのでしょうか?理由は分かりませんが、替え玉や代行による受験が全く不可能というケースは少ないのかな?と思います。基本的にはあまりそういうことをするのはよくない印象です。ただ、企業がそもそも何を考えているか?分かりません。特にWEBテストなんかは、どう考えても本人が解かなくても良いような状況を企業が作り出しているので、真面目に解くのが本当に良いのか?というと、それも違うかもしれないです。ただ、替え玉や代行をすると、問題になるのは性格検査です。SPI、テストセンター、WEBテストのどれを受けるにしろ、1番最後に性格検査、適性検査のようなものがあると思います。これは本人じゃない人が答えるとなると、本人の性格とはまるで違う結果になるかもしれません。質問自体が事前に分からないので、代わりに答える人が本人用の回答の対策を立てることも難しいです。

 

そうなると、仮に筆記試験は受かっても、後に面接とかで性格検査の結果をもとにしてやるときに、回答内容とか、面接での振舞い方などを見て、ん?と思うことがもしかしたらあるかもしれません。思わないケースもあると思うんですよ。それは性格検査の回答内容がどこまで信用できるか?です。自分を偽って回答をしてくる人もいるかもしれないし、そもそも意図しないで良く見せようとしている人もいるかもしれないです。それくらいは企業にも分かるでしょう。そして、その人が回答した結果とその人を面接したときの面接官の印象が違うということだってありますよ。それは面接自体を演技してくる人がいるというのもあるし、緊張していて普段の本人の感じとは違うようなことになっているかもしれないからです。普段はもっと饒舌なのに、緊張していて全然喋れないとか。だから、そもそも性格検査、適性検査の結果と面接の様子、印象が異なることは、言うほど珍しくないんじゃ?と思います。そうであれば、企業はどれだけ性格検査の結果を考慮しているんですかね?と思います。本当に参程度に見ているだけじゃ?とも思えてきます。

 

あと、だいたいこういう替え玉や代行を非難する人もいます。それ自体良い行為とは思いませんが、じゃあ面接で嘘をつく受験生はいくらでもいると思うんですけど、それらは良いんですかね?何らかの場面で、就活生は自分を偽っているはずです。むしろ、面接で嘘をつく行為の方が罪としては思い気がするのです。何故か?それは筆記試験はただの足きりでしかないが、面接っていうのは採用に直結する試験だからです。筆記試験が最終選考であるケースはありません。ただ、面接が最終選考になるケースは多いというか、ほとんどがそうでしょう。しかも、何度も何度もやりますよね。つまり、それだけ企業は面接を重要視しているということですから、そこで嘘をつくことの方が企業を騙している度合いとしては大きいでしょう。筆記試験の替え玉や代行受験を別に支持するわけではないものの、こちらがダメならば、面接で嘘をつくのはもっとダメだろうと思います。面接で嘘をつくという行為をほぼ全員がやっているから、問題視する人がお互いにいないものの、やっている行為は変わらないだろうし、むしろ罪は重い気がするんですけどね。したがって、どの就活生もやっていることはそんなに変わらない気がしてきます。結果的に内定をとれるか?とれないか?の争いなので、その中でどういう策で挑むか?そのあたりの戦略も大切だと思います。

 

あわせて読みたい記事