リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活で質問や返信のメールを送るときの評価が変わる件名の書き方

【スポンサードリンク】

就職活動をしていると、いろいろな場面で企業にメールを送ることがあるかと思います。例えば、予約していた説明会を欠席するとか、何か質問や聞きたいことがあるとか、後は内定式に出席するときにメールで返事というか、出欠の連絡を入れるとか、そういったときにメール出す機会があるはずです。そういった場合に、文面は良いにしても件名をどうするか?で悩む人がいるのではないでしょうか?件名は自分から新規メールを送る場合と企業からのメールに返信する場合があると思いますが、新規のメールの場合には、まずメールの内容が簡潔に分かるような件名にすべきでしょう。企業の人間は毎日いろいろなメールをチェックしているので、全部詳しく見ている余裕はないので、重要なメールを優先的にチェックしていくと思います。そのときにあなたのメールがどれほど重要か?緊急性を要するものか?を見定めるためにはまずは件名なんです。

 

件名を見て、それを判断していますぐに開封するか?後で見るか?決めるパターンが多いのではないでしょうか?だから、企業の人事にとって最良の選択をさせるためには、あなたのメールの件名がメールの内容をそのまま表したものであって、人事がそれを見たときに、中身をかなり想像できる、今すぐに見るべきか?そうじゃないか?が判断できるものにしておくべきでしょう。例えば、内定式の出欠確認のメールであれば、「10月1日の内定式の欠席のお願い」などでしょうか?出席であれば、すぐに対応しなくても良いかもしれないが、欠席者の把握というのはできるだけ早くしておきたいのが企業の本音じゃないか?と思うのです。だから、出席するのか?欠席するのか?というのもメールの件名で書いてあげると、人事が迅速な適切な対応が出来るのではないか?と思います。

 

基本的には中身をそのままストレートに表した件名が良いと思います。あまり捻ると分かりづらくなったりしますし、件名を見て人事が中身を勘違いしてしまうこともあるかもしれませんから、メールの中身を正確に簡潔に伝えられる件名にしてみましょう。あと、企業からのメールに返信する場合には、基本的には件名はついているでしょう。さすがに企業からのメールに件名なしというのはありえないと思うので。その場合には、そのままの件名で送信すれば良いと思います。Reがついた状態で送信されると思うので、それが分かりやすいと思うのです。送った企業からしてみれば、自分たちが送ったメールですから、件名見れば何のメールかは分かるはず。そして、Reがついていれば学生からのそれに対する返信であるというのも分かるでしょう。あえていじって、もっと分かりやすいのに変えて送った結果、逆に企業が勘違いを起こすというのもありえなくはないと思うので、そのまま送信すれば良いのではないでしょうか?

 

普段パソコンからメールを送るケースがあまりないかもしれないです。私もずっと携帯電話からしかメール出してなかったですし、その際には件名とか入れませんでした。相手が自分のアドレスを登録しているだろうと思われる場合には、相手のメールボックスには件名がない場合には、自分の名前が表示されるので、ナンだろう?と思って見てくれるだろうという期待があるからです。ただ、就職活動の場合は、パソコンからのメールですし、相手が自分のアドレスを登録しているわけもなく、件名を入れないと、相手のメールボックスにはただアドレスが表示されるだけで、一見するとただの迷惑メールにしか見えない場合もある。そう思われないためにも確実に件名は必要でしょう。是非このメールを見た人事にとって非常に都合が良い、便利な件名を件名を考えていってください。

 

そして、これから就職活動をしていく方に是非オススメしたいのが「ココナラ 」です。ここはWEB上でいろいろなサービスの売買ができるサイトで、1回500円で購入できるのです。就職活動をしている学生にもオススメしたいサービスも売られていて、それを上手く利用して行くと内定に近づける可能性もあると思います。どういうサービスが売られているか?というと、キャリア・就職・資格のカテゴリーにあるのは、現役の人事担当者や内定を貰った元就活生などが現在就職活動をしている学生に向けてアドバイスをしたり、相談に乗ってくれたり、後は履歴書やエントリーシートを見せると、受かるためのものに仕上げてくれたり、添削してくれたり、いろいろなサービスがあるので1度見てほしいと思います。お金を貰っている分、真剣に取り組んでくれると思います。ココナラを上手く活用すると、就職活動の結果も変わってくる可能性もあるので、こういうサイト多くの人は知らないと思いますから、他の就活生に差をつけたい、本気で内定が欲しい方には本当にオススメです!

 

 

あわせて読みたい記事