リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

売り子のバイトの時給がヤバイ!仕事内容は大変だが男女共に評判も高い

【スポンサードリンク】

野球場やサッカースタジアムなどでよく見かける売り子のバイトって、どうなんでしょうか?結構稼げるという話も聞きますが、これは稼げる人もいるというのが正しい気がします。稼げる人は時給換算で数千円という方もいるようですから、確かに稼げる人はめちゃくちゃ稼げるバイトです。正社員よりも全然良いはずですよ。しかも、野球が好きな方にとっては、タダで野球を見ながら(仕事優先ですが)、お金までもらえるわけですから。サッカーも同様ですね。本当に恵まれた仕事だと思います。ただ、コツというか、お客さんを集めるワザが恐らくあって、それを自分なりに掴むと、かなり稼ぎやすくなると思うのです。だから、この野球場やサッカー場の売り子のバイトは、最初からはいきなりは稼げない気がします。働きながら、自分なりの稼ぐコツ、お客さんを集めるコツが分かってくると思うので、それからじゃないでしょうか?

 

売り子のバイトは野球場だと東京ドーム、西武ドーム横浜スタジアムなどは募集されているようで、一般的なバイト求人サイトにも求人が載っていることも多いです。多くはビールなどの販売になりますが、それ以外にも食べ物を扱うケースもあります。どちらかというと、女性の方が多い印象ですかね?男性で売り子のバイトをやっている方もいますが、女性人気の高い職業でもあります。女性の方がお客さんの食いつきが良いのかもしれないです。給料はどうやって決まるのか?というと、歩合制の部分が大きいです。基本給がまずあって、それは売った数に関係なくもらえますが、それにプラスして売った数だけ給料が増えますから、だから稼げる人とそうじゃない人に分かれやすいのです。先ほど言ったように、歩合制の部分で多く稼げれば、時給換算で数千円になることもあると。タレントのおのののかさんは時給8000円くらい稼いだこともあるみたいですよ。売り子のバイトで稼げる人は、自分なりに稼ぐノウハウを持っているので、何度もやっても同じくらい稼げると思うんですよ。

 

しかし、このバイトの注意点としてはシーズンが限定されるということです。野球で言えば、シーズンは4月~10月くらいになります。だから、常にバイトがあるわけではないですし、球場の常に使われているわけではありません。例えば、売り子のバイトでも、東京ドームの試合は年間80試合ほどです。巨人戦以外の場合もあります。西武ドーム横浜スタジアムなども同様で、野球以外に使われることもありますが、一般的にそういう機会では売り子はないですからね。不定期の仕事になってしまいます。野球のシーズンは野球の売り子のバイトをやって、それ以外はサッカーなどの、別のスポーツの売り子のバイトをやるという手もあります。ただ、サッカーって、ハーフタイムや試合開始前以外に試合が止まることがないので、お客さんが何か食べ物やビールを買ったりするタイミングが掴みづらい気がします。また、試合時間が野球と比べても短いです。サッカーはハーフタイムを入れても2時間程度でしょう。野球は平均3時間を越えますから、試合時間が長い分、多くのお客さんに売ることもできるでしょうし、イニング間やピッチャーの交代のときに試合が止まるので、買ってくれるタイミングも見つけやすいです。だから、野球の試合の方が売り子のバイトは稼ぎやすいのかな?と思います。

 

この野球場やサッカー場での売り子のバイトの仕事内容は、だいたい想像がつくのでhないでしょうか?かなり肉体労働です。何を売るにしても重たい荷物を持ちながら、階段を上がったり、下ったりしないといけません。そして、基本的にずっと立ちっぱなしですし。試合中はずっと仕事をしていることになるでしょう。実労働時間はそこまで長くなることはないかもしれませんが、やっている間は結構大変に感じると思います。売り子のバイトは忙しいまではいかなくても、きついとか、大変という部分はありそうですね。これも続けていればかなり慣れてくると思いますけどね。忙しいのであれば、それだけ稼げるわけですから、嬉しさもあるかもしれません。決して楽な仕事ではないでしょうし、逆にお客さんがなかなか集まらないと、結構辛いバイトでもあると思います。だから、売り子のバイトは結構華やかなところばかりが伝えられているため、憧れる人も多いですが、給料に関して言うと格差がかなりあると思います。売り子のバイトは稼げる子と稼げない子がかなり分かれやすいのです。

 

だから、野球場などの売り子のバイトは時給や給料の額にこだわらないで、単純に野球が好きだからとか、そういった理由で応募してやってみるのであれば、仮に稼げなくても、野球場の中で働ける楽しさ、タダで野球を観戦できるお得感なども味わえますから、そこはメリットも大きいので、良いかもしれません。売り子のバイトで稼ぐにはやはりコツがいりますから、それは働いているうちに自分でも掴めてくると思います。稼げる、稼げないはやってみないと分からない部分もあるものの、野球場などの売り子のバイトは評判は良い部分もありますよ?でも、いい評判ばかりではなく、売り子のバイトの仕事内容はそれなりに大変できついだということは知っておきましょう。肉体労働であるとともに、売れないときには精神的にもきついですから。バイトだからと、あまり木にしない性格の子の方が向いているかもしれません。こういったことを踏まえて、売り子のバイトに挑戦していきましょう。

 

あわせて読みたい記事