リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

法学部に強い、有名な大学はどこがいい?司法試験の実績や偏差値の高いところか?

【スポンサードリンク】

法学部を受験しようと思っている方、入りたい方も多いのではないでしょうか?法学部の大学ではどこが良いのでしょうか?法学部の大学でおすすめなのはどこでしょうか?法学部は私立大学で言えば、多くの大学に設置されているメジャー学部です。そのため、受験生にも人気ですし、男女の比率が割と近いです。文学部、語学系の学部、国際系の学部は女子学生が多く、経済、経営、商学部、理系の学部は男子学生が多いですね。その中でも法学部は割と男女の比率がどの大学も近いと思います。法学部で有名な大学といえばどこか?これはいろいろと分かれると思いますが、法学部というと、やはり中央大学が真っ先に思い浮かびますね。中央大学は法学部とそれ以外の学部で完全に格差が生まれている状態で、中央大学法学部は早慶レベルの偏差値ですが、それ以外の学部はMARCHレベルです。中央大学法学部は司法試験の合格者数も毎年上位にきており、テレビで活躍する弁護士などのタレントの中にも中央大学法学部は数多くいます。実績で言えば、かなり上であり、法学部としての知名度も相当高いのが中央大学です。法学部脂肪の受験生は多くが目指しているのではないでしょうか?

 

それ以外だと慶應義塾大学です。恐らく慶應義塾大学法学部は、全私立大学の中で1番偏差値が高いところになります。偏差値でいえば相当上位ですし、政治家とかに慶應義塾大学法学部の政治学科卒の人とかが結構多いですよね。司法試験でもある程度上位にきており、慶應の中でも人気学部の1つでもあります。そして、早稲田大学法学部も実績十分です。私立大学では、この早慶中がトップ3になると言って良いかもしれません。早稲田大学といえば、政治経済学部が有名ですが、法学部も偏差値では負けていませんし、「行列のできる法律相談所」でお馴染みの北村弁護士や丸山弁護士はここ出身です。私立大学の中では慶應、早稲田、中央が司法試験の実績はやはり上位です。そして、この3つの大学に追随するのが明治大学です。最近はMARCHトップの呼び声も高い明治大学ですが、元々法学部も有名な大学です。明治大学というと、看板学部はどこになるのか?意見が分かれますが、法学部、政治経済学部商学部あたりで割れますね。でも、明治大学法学部も有名ですからね。

 

そして、関西では同志社大学立命館大学が司法試験の実績では上位にきています。偏差値的にもかなり高いこの2大学ですが、法学部は有名だったりします。特に同志社大学の法学部は非常にレベルが高い印象ですね。関西の私立大学だと、あとは関西学院大学あたりが司法試験では上位にきています。関東だと、すでに挙げた大学以外では上智大学くらいでしょうか。ここも看板学部とされている外国語学部と並んで法学部はとても難しいです。あとは国公立大学になりますね。どうしても偏差値の高い大学が司法試験においても上位になります。やはり1位は東京大学で、毎年多くの合格者を出しています。でも、国公立大学の中では2位の京都大学の上に慶應、早稲田、中央がきているので、私立大学も結構健闘していると思います。さらに続く一橋大学の上に明治大学がきています。あとはやはり旧帝大が上位にきており、その中に一橋大学神戸大学が入っているという感じです。国公立大学でも、私立大学でも実績で言えば、そこまで変わりません。その実績というのも、年度によって多少変わりますから。

 

でも、将来的に司法試験を受けたいと思っている方は、結局大学院に行くことになるのではないでしょうか?そうなれば、学部は別に法学部でも、それ以外でも良いということになりますし、学部生の時点での大学選びにどこまで意味があるか?という問題もあります。あと、司法試験は出身大学で有利、不利が生まれるっていうことはそこまでないと思うんですよね。違いがあるとすれば、環境くらいでしょうか。高校野球の甲子園に出てくる高校みたいに、強い高校には全国から良い高校生が集まってくるので、ずっと強いわけですよ。司法試験の合格実績においても、優れている大学には多くの優秀な法曹家志望の学生が集まってくるので、また実績もよくなると。そういう繰り返しの部分もあるので、自分が頑張れば、実績がある大学でも、ない大学でも、合格の可能性はそんなに変わらないのでは?と思います。しかし、法学部に強い大学というのは、周りに刺激になるライバルが多いので、自分自身のやる気を上げてくれたりもしますし、合格実績が高ければ、指導自体に定評がある場合もあるので、何らかの影響はあると思いますけど、結局は自分が頑張らないといけないでしょうね。

 

将来的に司法試験を受験するつもりで法学部で有名なおすすめ大学を探しているならば、こういった過去の司法試験などの実績で選んでも良いでしょうけど、単純に法律を学びたいというだけならば、別の基準でも良いでしょう。法学部はどこでもあるので、偏差値の高いところとか、キャンパスが素敵なところとか、立地が優れているところとか、家から近いところとか、そういう決め方でも問題ないかもしれません。単純に法律を勉強したくて法学部に入る人も多いですし、あとは公務員や警察官を目指す人も多いかもしれません。もちろん民間企業に入社する人も多くいます。そういったときには、学歴や大学名もある程度重要になる場合があるので、結局は高偏差値の大学が良いでしょうか。司法試験以外の就職では実績よりも、単純な偏差値、大学のランクの方が重要になるケースも多いので、気私立大学ならば、早慶上智、MARCH、関関同立などを目指せると良いのではないでしょうか?大学の授業レベルだと、法学部の定評のある大学か?そうじゃないか?で差は生まれづらいと思いますから。法学部の大学ではどこがいい?というときには上位大学をすすめると思います。法学部は多くの大学にあるので、偏差値上位以外でも、自分に合う大学、自分にとって魅力的な大学を選んでもらっても良いです。しかし、法学部に強い、法学部で有名な大学でおすすめなのは、やはり高偏差値大学ということになるかと思います。

 

あわせて読みたい記事