リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定者懇親会や内定式の自己紹介の例文や話す内容は?趣味や抱負は入れたい

【スポンサードリンク】

内定式では内定者がそこまで多くない場合には自己紹介などを求められることがあると思います。自己紹介っていっても大そうな問題ではないですけどね。就活中にも自己紹介は恐らくやったでしょう。面接のときに自己紹介を求められたシーンがあったと思いますが、それと基本的には同じで良いと思います。あと、面接中は失敗が出来ないというプレッシャーもありますけど、内定式の場で自己紹介で失敗しても笑いが起きるくらいで、別に問題はないと思いますよ。失敗の仕方にもよるかもしれませんが。だから、そんなに難しく考えなくて良いでしょう。それに内定者が数人とかでなければ、1人たりにそんなに長い時間を使っていられないので、そんなに長くは喋っていられません。内定式で話す自己紹介の内容は、事前に指定される場合もあれば、指定されない場合もあると思います。指定されたならば、その通りに答えていけば良いでしょう。でも、指定されないとなると、自分で考えて話さないといけません。

 

そこで、内定式の自己紹介の内容はどうするか?というのが1つポイントになります。そんなに変わったことを話す必要はないです。自分がどういう人間か?を周りの人に分かってもらえれば良いと思うので、当たり障りのないことを言っておけば良いと思います。内定式での自己紹介の例文というか、参考例としてはまず名前、出身大学や学部、趣味、抱負(働き始めたらどんな風になっていきたいか?など)といったものが中心になるのではないでしょうか?それ以外に話したいことがあれば話しても良いと思いますけど、この4つを述べたら1分くらいにはなりそうな気もしてきます。あまり長くは喋ることはできないと思いますから、内定式の自己紹介で話す項目はそんなにたくさん作らないほうが良いと思いますよ。名前と出身大学学部くらいはほぼ必須だと思いますが、あとは自分でも好きなことを話しても構わないと思います。でも内定式の自己紹介は趣味はあった方が良いと思いますよ。周りにどういう人間か?を知ってもらうときには、趣味とか休日の過ごし方が1番確実に伝えられる方法になると思いますから。人間性や人柄といったものを伝える効果もあるでしょう。

 

内定式の自己紹介ではさらに抱負や入社したらやってみたいこと、またはこんな社会人になりたいとか、そういったものでも良いかもしれませんけど、それに近いものを最後に述べると、自己紹介が上手く締まると思います。会社の人間もいるので、そういったことも詰め込んだ方が、そういった人たちにとっては良い印象を与えられるのではないでしょうか?だいたいこんなところが内定式の自己紹介の例文というか、話す内容になると思います。そんなに変わったことを言う必要もないでしょう。無難にまとめておけば良いのではないでしょうか?ただ、内定式の自己紹介は時間がそのときにならないと分かりません。指定されない場合もありますし、内定式の自己紹介は1人1分とか言われることもありますし、中には3分くらいまで要求されるというか、与えられることもあるので、そこはそのときになってみないと分かりませんけど、このあたりの内容を考えておいて、あとは時間によってアレンジしていくというやり方が良いのかな?と思います。名前と大学学部名は誰でも言ってきますから、内定式の自己紹介で差がつくのは趣味や抱負の部分ではないでしょうか?

 

あとは内定式の自己紹介で特にポイントとしてあるのは話し方です。話す内容もそうですけど、話し方でも印象はがらりと変わりますから。多くの人たちがいる前でみんなに良い印象を与えたいならば、ある程度張った声で、はきはきと喋りましょう。大きすぎる声はNGですが、小さい声は周りを心配にさせますから。話す内容ばかりに気を取られていて、話し方の方に気が回らない人もいるかもしれませんから、そこも注意しておきましょう。内定者懇親会のほうで自己紹介を求められることもありますが、それに関しても基本的には同様の内容で構わないと思います。内定式の自己紹介はそんなに難しく考える必要はないのです。何なら、内定式や内定者懇親会の前日に自己紹介で話す内容を考えても構わないと思います。それくらいにそんなに大したことではない。でも、適当に話すものでもないので、真剣に考えつつも、別に難しく考える必要はないとおもいます。内定式や内定者懇親会の自己紹介の例文は他のサイトとかも参考にして構いませんから、当日までにこれ!と思ったものを考えていきましょう。一応、内定式や内定者懇親会の自己紹介は1分から3分あたりの時間を目安にすると良いと思います。内定式しゃ内定者懇親会はせっかくの機会なので、是非楽しんできてもらいたいですが、社会人として働く前の第一歩なので、そのことも意識しながら過ごしてきてほしいと思います。内定式や内定者懇親会の自己紹介の例としては名前、大学学部名、趣味、抱負などを含めればとりあえず間違いではないでしょう。

 

あわせて読みたい記事