読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

慶應義塾大学経済学部の偏差値や難易度は?倍率や合格最低点、ボーダーは普通?

大学や学部の選び方
【スポンサードリンク】

慶應義塾大学経済学部は慶應の中でも看板学部と言われることもあるくらいに伝統があり、難易度が高い学部になります。慶應義塾大学経済学部はA方式とB方式があって、どっちが難しいか?というと、偏差値が高いのはB方式です。A方式は数学が必須なので、ガチ文系の受験生にとっては偏差値が高いといえども、慶應義塾大学経済学部はB方式の方が難易度は低いと思います。逆に数学ができる人は慶應義塾大学経済学部のA方式を受けるのもありでしょう。理系の人はA方式を受けられると思いますから。慶應義塾大学経済学部の難易度についてA方式とB方式は受験科目が違うので、その点についてまず気をつけないといけませんが、それを踏まえたうえでどちらを受験するか?はだいたい決まるでしょう。文系で数学受験でなければ、基本的にB方式の方が受かりやすいと言えると思います。慶應義塾大学経済学部のB方式は英語、日本史OR世界史、小論文なので、文系科目のみで対応ができます。ちなみに経済学部に関しては日本史と世界史は出題範囲が限られているので知っておきましょう。

 

限られているといっても、ここからしか出ないというわけではないかもしれませんが。慶應義塾大学経済学部の受験科目のうち、世界史は1500年以降、日本史は1600年以降からの出題が中心と書かれています。『中心」という表現を使っているということは、それ以外からも出る可能性は否定していないんですよね。ただ、勉強の中心はこのあたりの範囲となるでしょう。社会科の出題範囲がある程度特定されれば勉強しやすいでしょうし、人によっては慶應義塾大学経済学部のB方式は受かりやすいとなるかもしれませんね。一方、慶應義塾大学経済学部のA方式の受験科目は英語、数学、小論文となっています。数学の出題範囲数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)です。まずはこの受験科目を知ってほしいと思います。慶應義塾大学経済学部の偏差値は60代後半です。ややB方式の方が高いですが、どちらも十分難しいといえるレベルだと思います。ここに受かるにはやはり英語と日本史OR世界史または数学の実力を相当高いものにしていかないといけないでしょう。あと、小論文に関しても対策しないで受けるのは厳しいと思います。慶應義塾大学経済学部の小論文は配点は低いですが、回答が特に慶應の中でも難しいとされているので、慶應の経済の小論文は難易度が高いと思った方が良いです。だから、対策をしないで挑んでも厳しい。対策をきちんとしても答えられるか?は分かりませんけど。ただ、やっぱり慶應義塾大学経済学部に受かるには小論文の対策は必須だと思います。難易度は高いですけど、やはりやらないよりは大分マシですから。

 

慶應義塾大学経済学部は難易度がとても高いというのは分かってもらえたと思います。あとは慶應義塾大学経済学部の倍率がどうなっているか?ですね。2016年のデータによると、慶應義塾大学経済学部の倍率はA方式が4.4倍、B方式が4.8倍なので、どちらもそんなに変わりません。ここ5年間くらいの慶應義塾大学経済学部の倍率を見るとA方式は3.5~4.5倍くらい、B方式は4.0~5.0倍くらいを推移しています。したがって、倍率としてはそこまで高くはないです。ただ、受験者のレベルがかなり高いので、この倍率を踏まえると、やはり慶應義塾大学経済学部の偏差値は相当高いと言えます。どっちが入りやすいか?ということも倍率から見るとないですね。社会が得意か?数学が得意か?で慶應義塾大学経済学部ではどっちが入りやすいか?が決まるでしょう。では、慶應義塾大学経済学部の合格最低点はどうなっているでしょうか?2016年度のデータによると、慶應義塾大学経済学部のA方式の合格最低点は420点中、238点となっています。したがって、6割ないくらいですね。5割代後半ということになります。そしてB方式の合格最低点は420点中268点です。こちらは6割以上は必要ということになります。慶應義塾大学経済学部の合格最低点の特徴としては受験者平均点と数字があまり変わらないということになります。つまり、合格者が平均点を引き上げながら、平均点を大いに引き下げている人が多くいるということでしょうか?記念受験とかの人も多いのかな?

 

慶應義塾大学経済学部の倍率はそんなに違いがないですけど、合格最低点はA方式とB方式で差があるということになります。特に慶應義塾大学経済学部のB方式は合格最低点が高いので、より多く得点しないといけませんから、やはり社会科で点数を伸ばさないといけないというのもありますけど、配点の高い英語がどの学部の勝負です。慶應義塾大学経済学部のボーダーラインを知ったら、赤本で対策をしていくことが重要です。問題のレベルも分かりますし、自分がどれくらいとれるか?も大分分かってくるでしょうから、英語と社会に関しては苦手な分野を作らないことが重要で、赤本を解いて慶應義塾大学経済学部のA方式とB方式のボーダーラインに届かない場合には、特に弱点と思われる科目、分野について徹底的に補強をするための勉強が必要になります。慶應義塾大学経済学部は偏差値が非常に高いのでかなり難しいです。そのため、慶應義塾大学経済学部に受かるにはかなりの勉強が必要でしょう。

 

東大を受ける人が滑り止めにする大学ですから、慶應義塾大学経済学部が入りやすいということはないでしょうし、難易度は相当です。慶應義塾大学経済学部は倍率などは普通ですけど、問題のレベルと受験生のレベルが段違いですから、対策は過去問などを使ってしっかりとやりましょう。慶應義塾大学経済学部の過去問をどれだけやるか?で合否は大分変わると思います。慶應義塾大学経済学部の出題の傾向も大分見えると思うので、そういうところが点数にもかかわってきますから。慶應義塾大学経済学部の過去問で傾向を探りながら弱点を補強し、少しでも点数を上げていく努力が必要になると思います。慶應義塾大学経済学部の偏差値から並大抵の努力では厳しいというのは分かると思いますが、やはり対策次第で可能性も全然変わりますから。慶應義塾大学経済学部の問題の傾向やレベルを過去問で分析しながら、勉強を進めていくのが良いと思うので、赤本は早めに買っておくと良いと思います。慶應義塾大学経済学部のA方式とB方式のボーダーを見て、そこに届くように実力を上げていきましょう。慶應義塾大学経済学部の英語、社会科、小論文の難易度は高いですが、対策をしっかりやると可能性は上がるはずですから。少しでも受かるための適切な努力をしていくことです。

 

あわせて読みたい記事