リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

青山学院大学の評判で綺麗で立地条件の良いキャンパスの意外な口コミと就職率や就職状況の真相の推測

【スポンサードリンク】

青山学院大学の評判として挙げられるのが第一にキャンパスの立地条件です。青山キャンパスは表参道と渋谷駅に挟まれた場所にあり、アクセスのよさが抜群ということに加えて、若者に人気のエリアに大学のキャンパスがあるということで、その点が青学の魅力になっているという感もあります。青山学院大学は立地条件が特に良いと言われていますし、それが受験生の中での青学の人気に結びついている部分もあるかと思うのです。しかし、青山学院大学の学生の評判としては必ずしも青山キャンパスは人気ではないということがあります。これね、受験生とか、他大学の学生には想像しづらいかもしれないですけど、意外と青山学院大学の青山キャンパスって人気があるか?というと、微妙なんです。もちろん、青山キャンパスが好きな人もたくさんいると思いますけど、青山学院大学の立地条件では青山キャンパスは優れている部分が大きく、他の大学の追随を許さない部分もありますが、問題は敷地内なのです。1回でも行ってみたことある人は分かるかもしれませんが、意外と狭いです。

 

2012年に文系学部が4年間全てこちらの青山キャンパスに移転したので学生数が増えたのに加えて、それを補うために敷地内新しいビルが建てられました。この2つによって、青山キャンパスの敷地内は物凄く狭く感じられるようになったのです。だから、単純に立地条件だけに魅力を感じて青山学院大学に入ったは良いが、実際にそこでキャンパスライフを過ごしてみると、結構窮屈な学生生活になるかもしれないのです。実際の青山学院大学の学生の評判としてはそういったところがあるので、受験生は一応知っておいた方が良いです。そして、意外と相模原キャンパスの方が評判が良かったりもします。相模原キャンパスは理系学部の理工学部と地球社会共生学部と文理融合の社会情報学部のみが使用しています。2012年以前は文系学部の1,2年もここを使用していて割と活性化していたのですが、今は学生数が減ってしまい、雰囲気はどうなったんでしょうね?という感じです。そして、青山学院大学のキャンパスで綺麗なのは明らかに相模原キャンパスです。こちらは建てられてから10年ちょいくらいじゃないか?と思うので、かなり綺麗なのです。そして、広いというのが特徴です。したがって、青山学院大学の人気のキャンパスは実は相模原キャンパスという可能性もあります。でも、今の学生は文系学部は4年間青山キャンパスなので、相模原キャンパスに行く機会はほとんどないと思われます。逆に理系の学部は4年間相模原キャンパスなので、こちらの良さをより分かっているはずですね。

 

青山学院大学の相模原キャンパスは綺麗ということもりますけど、食堂も広くて新しく、オシャレなんです。これは1度行ってみると分かると思います。キャンパスの雰囲気がとてもミッション系らしい感じで、芝生で囲まれた中心にはチャペルが建っています。そして、何度も言いますけど、広いです。だから、3つの学部しかないのがもったいないくらいなんですよね。一方、青山キャンパスは狭い敷地に7学部が集まっているので、そりゃ狭く感じますよ。青山学院大学の相模原キャンパスは立地条件はよくないという評判もありますけど、相模原市とはいえ、そんなに悪い感じはしないんですよね。ここは青山学院大学の評判の意外な部分になるでしょう。駅からは割と近いですし、2駅隣には町田駅があって、繁華街があります。町田駅からは新宿にも行きやすいですから。そういった意味では青山学院大学の学生の口コミでは相模原キャンパスを支持している人もいます。特に2012年以前は文系でも2年間ずつ両方に通っていたので、その両方を体感した人からは意外と青山キャンパスよりも相模原キャンパスを支持している人が多くいます。それぞれ良いところがありますし、デメリットもありますから、どちらが総合的に良いか?というのは判断しかねますが。青山学院大学の口コミの1つとして覚えておくと良いと思います。青山キャンパスは立地条件は良いけど狭い。相模原キャンパスは綺麗で広いけど、立地条件がよくないということですね。これから青山学院大学を目指す受験生などは1度オープンキャンパスなどに行ってみると、言っていることが分かるかもしれません。

 

青山学院大学の魅力というのは大学名にもなっているようにやっぱり青山通りに面した立地だと思うんですよ。街全体の雰囲気や立地がかなり優れているというのは間違いないと思うので、青山学院大学に憧れる人も当然多くいます。そして、ブランド力もありますからね。青山学院大学のメリットと言えばやはり立地が1つ大きいので、青山キャンパスに通うことでこそ意味があると感じている人もいるかもしれません。青山学院大学の雰囲気は相模原キャンパスも悪くないですけど、青山キャンパスは良い意味で古いですよね。建物が古いです。でも、そこが歴史を感じさせて、青山学院大学らしい雰囲気があると思うのです。そこを青山学院大学の口コミとして語っている学生もいますから、敷地内でも良いところはやっぱりあるんですよね。逆に古いのはちょっと・・・。ということを口コミにしている青山学院大学の学生もいますから、どっちに感じるか?ですよね。教室の中とかは校舎によっては確かにかなり古いですから。そういった口コミというのは参考になると思うので、知っておくと良いと思います。そして、青山学院大学の就職についてなんですが、これは世間でいろいろと言われているところもありますね。

 

青山学院大学の就職状況は女子学生が良いが、男子学生はよくないということが言われています。言われてみれば上智、立教などもそうですけど、ミッション系の大学って女子のイメージが強いからなんでしょうかね?青山学院大学の就職状況では女子の実績と男子の実績が差があるということが指摘されることもあるのです。それでも全体としては青山学院大学の就職先の企業としては他のMARCHの大学と同列程度にはあるような気がします。それに就職に関して言えば大学名がそもそもどこまで関係しているか?は不明です。大学名によって差が出ているのか?個人の力量の差なのか?の区別がつかないのです。だから、青山学院大学の男子学生が中央大学にいたらもっと別のいい企業に就職できたということが確実に言えるならば青山学院大学の男子の就職状況は悪いということが言えますが、現状いわれているのは推測の域ですね。学歴フィルターを突破してしまえば、そこまで大学名が重要になるとはあまり思えませんし。東大と青学くらいの差があれば別ですけどね。青山学院大学の評判として就職状況について言われることもありますが、どこまで関連性があるか?は不明です。そして、青山学院大学の就職率に関しては調べれば出るとは思いますが、それなりの数字になっていると思います。しかし、青山学院大学の就職率は男子学生の方がよくないということも言われていますが、それも結局就職を基準に大学を選ぶならば、男子学生は青学を避けて中央とか、明治などを選ぶ人も多いということで、就職に意識が向いている人ほど青学ではなくて、同レベルの別の大学を選ぶということになりがちなのです。その結果、青山学院大学の男子の就職率の数字がよくないという結果になっている可能性もあります。青山学院大学の魅力はいろいろとあって、人気も高い大学ですが、受験生には知られていない在学生の口コミがあるというのは知っておくと良いかもしれません。憧れている人も多いですけど、現実的な部分も知ってから受験をしていかないといけないのです。

 

あわせて読みたい記事