リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

学歴フィルターの境界線はどこまで?理系や女子大は?南山や西南学院、愛知、愛知学院、中京、名城あたりはどうか?

【スポンサードリンク】

就職活動においては学歴フィルターという存在がやや問題になってきます。学歴フィルターはどこまでかかるのか?という問題があります。よく言われるのはMARCHや日東駒専あたりじゃないのか?ということです。関西だと関関同立産近甲龍となりますが、それは私立大学の中でも有名なところの基準であり、それ以外の大学の学歴フィルターの基準はどうなっているのか?というのは気になるでしょう。例えば、学歴フィルターで女子大はどうなのか?というのがあるでしょう。学歴フィルターはどこまでかかるのか?MARCHや日東駒専までとなれば、お茶の水女子大学津田塾大学日本女子大学東京女子大学はまず大丈夫かな?と思います。それ以下のレベルの大学が微妙になってきます。学習院女子大学とか、白百合女子大学とか、聖心女子大学あたりは学歴フィルターにかかるのか?は気になるでしょう。このあたりの女子大はレベルでいうと、日東駒専の下位レベルくらいになるのかな?と思うので、正直微妙だと思います。学歴フィルターを実施している企業でも、学歴フィルターに関係がある企業とない企業に分かれそうです。

 

あとは理系の大学になります。東京理科大学は学歴フィルターは大丈夫でしょう。しかし、それ以外の大学はどうでしょうか?例えば芝浦工業大学はどうでしょうか?あまりレベルが分からないという人もいるかもしれませんが、芝浦工業大学はMARCHから日東駒専の間くらいではないか?と言われています。そうなると、芝浦工業大学は学歴フィルターにはかからない可能性もあります。あくまでも大学の偏差値のレベルで言えば。したがって、学歴フィルターでは芝浦工業大学は大丈夫なケースもありそうですが、正確なことは言えません。あとは北里大学はどうでしょうか?ここは医学部がありますから、学部によって結構違いがあるかもしれないです。ただ、医学部の学生が民間企業の就職活動をするというのはあまり考えづらいものですし、医者を目指すのであれば学歴フィルターとかはもはや関係ないと思うんですよね。それ以外の学部はどのくらいのレベルになるのかな?MARCHと日東駒専の間くらいかな?と思うのですが、芝浦工業大学と同じくらいならば、北里大学は学歴フィルターにはあまり関係ないとも言える気がします。そして、工学院大学東京都市大学東京農業大学東京電機大学あたりの大学は日東駒専前後かな?って気がしてきます。学部によってもまた違うのが理系でもありますから、一概には言えません。

 

しかし、このあたりの大学は学歴フィルターの境界になりそうな気がします。文系就職する場合はともかく、理系就職ならばそもそも学歴フィルターがあるのか?どうかも怪しいですけど、仮にあるとしても、その学歴フィルターはどこまでという境界線があるとしたら、このあたりになる気がします。理系の学歴フィルターの境界線はどこまでか?というのは本当に工学院大学東京都市大学東京農業大学東京電機大学あたりが当てはまりそうな気がしますから、ここら辺がギリギリ通過できるボーダーかな?という気がしますね。学歴フィルターの理系のボーダーはどこからどこまでか?というのは情報が少ないためなかなか難しいです。学歴フィルターの理系においてのボーダーは文系と同様に考えて良いのか?も分からないです。文系と就職先が大幅に違う可能性もあり、文系と同じフィールドで就職活動をしない学生も多くいますから。そうなると、文系を基準にして、理系の学歴フィルターで芝浦工業大学北里大学工学院大学東京都市大学東京農業大学東京電機大学を考えてみましたが、その前提がそもそも間違っている可能性もあります。文系と比べても学生数が少ないので、文系就職する場合は学歴フィルターは関係ある気がしますけど、理系就職の場合はそういったものがない可能性もあります。

 

あとは地方の有名私立大学です。愛知県では南山大学がありますがここは恐らく学歴フィルターは大丈夫だと思います。南山大学はMARCHに届かないくらいになると思います。日東駒専よりは大分高いと思うので、南山大学は学歴フィルターには関係ないケースが多いように思います。あとは愛知大学愛知学院大学中京大学名城大学がありますが、ここら辺は日東駒専の前後あたりのレベルになると思いますから、学歴フィルターの境界線くらいだと思うんですよね。南山大学は学歴フィルターはまず関係ないっでしょうけど、愛知大学愛知学院大学中京大学名城大学は微妙だと思います。企業によって学歴フィルターにかかる場合もありますし、そうじゃない場合もあると思います。あとは西南学院大学になりますが、ここは学歴フィルターはどうなんでしょうか?西南学院大学日東駒専レベルだと思いますけど、ここも学歴フィルターの境界線になりそうな気がします。ただ、首都圏や近畿圏で就職活動をしない場合、つまりそれぞれの地元で就職活動をするのであれば、学歴フィルターが存在するか?どうかも怪しいですけどね。ないとは言いませんが、そんなに多いとは思いません。地元で就職する人も多いと思われる西南学院大学南山大学などは学歴フィルターはあまり関係ないかもしれません。愛知大学愛知学院大学中京大学名城大学などもそうですね。女子大や理系の場合の学歴フィルターもどこまでか?判断は難しいですし、企業はどういう基準で採用をしているのか?はわからない部分は多いですから、簡単に答えは出せないので申し訳ないですが。

 

就活生の多くはネットから就活をするので、ナビサイトを使うことになります。そして、就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的に多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカはスカウトを待って、スカウトが着たときだけ対応すれば良いので、普段はいつも通りのナビサイトで企業を検索してエントリーしていくという作業ができます。今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、こういったタイプが異なっているナビサイトをともに使うということをすれば、リスクの分散にもなると思いますし、そういったことがしやすいサイトです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事