読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

第二外国語で中国語の難易度は簡単?難しい?単位とりやすい理由は?おすすめと言えるか?

大学での授業全般
【スポンサードリンク】

第二外国語の選択は大学生になると多くの人にとって重要な問題になります。特定の言語が良いという希望を持っているならば、それを選ぶのが良いと言えますけど、そういう希望がない人が多いと思うんですよ。この言語を絶対に学びたいと思っている人は相対的に少ないと思うので、多くの人はどれが1番楽か?単位をとりやすいか?で第二外国語を選ぶかもしれないですね。私はこれといって学びたい言語はありませんでしたg、スペイン語を選んだのです。理由は親が簡単って言っていたような気がします。そんな理由で選んだのですが、簡単だったか?というと微妙ですね。他の言語をやっていないので比較のしようがないですけど。多くの大学では英語以外の第二外国語としてはいろいろな候補があると思いますけど、中でも中国語をとる人は多いです。第二外国語で中国語をおすすめする理由はいくつかあると思うのです。中国語はやはり人気です。第二外国語として中国語は難易度はあまり高くないとされています。これは人によるかもしれませんけど、第二外国語の中ではそういわれている部分もあるのです。

 

第二外国語として中国語の難易度として大きいのは発音です。発音は難しいと聞きますね。これはなんとなく分かる気がします。中国人って英語の発音がすごい綺麗だなと思ったことが個人的にあるのですが、それが証明している気がします。日本人は英語の発音が苦手じゃないですか?で、中国人は得意だとすると、日本人が中国語の発音が難しいと感じるのは自然だということですね。第二外国語として中国語では発音が難しいというのはよく言われているので、それは知っておかないといけませんが、発音が難しいっていうのは言語を学ぶときの問題としては小さいと思います。発音が難しいとしても理解してもらえないほどではないと思うんですよ。英語だってそうでしょう。正しく発音できなくても何を言っているのか?は分かってもらえると思います。そして、第二外国語として中国語の難易度で言えば文法は分かりやすいと言われています。第二外国語での中国語は文法は簡単とされています。英語に似ているみたいです。したがって、英語が得意な人は発音はともかくライティングとか、リーディングは割と上達しやすいかもしれないです。発音よりも文法の方が大切ですからね。

 

第二外国語として中国語は漢字表記っていうのが大きいと思いますよ。他の言語は基本的にアルファベットが多いので、その並びを見ても単語の意味が分からないと、意味を判断することは厳しいです。しかし、第二外国語として中国語は漢字表記なので、直接意味は分からなくても、こういうことを言っているのかな?というのは割と推測しやすいと思います。そういうところでも第二外国語として中国語は簡単と言える部分があるのです。したがって、中国語に全く詳しくない日本人が中国人と中国語で筆談をすると、割と成立するということもあるのではないか?と思うのです。日本語以外全く分からない人が、1番コミュニケーションをとりやすいのが中国語かもしれません。第二外国語として中国語の難易度としてざっと紹介してきましたが、やはり難しいのは発音です。第二外国語として中国語で難しいのは発音がかなりの割合を占めると思います。ただ、文法が難しいよりは発音が難しい方がマシだと思います。スペイン語は発音は楽だけど、文法が難しいのです。文法が分からないとそもそも会話になりませんが、発音が難しいならば会話自体は一応できると思いますから。文法が割と簡単というのは中国語を選ぶメリットになるでしょう。実際、第二外国語として中国語はおすすめする人も多いです。第二外国語の中では中国語は難易度は低い方とされることもそうですが、使う機会が多そうですよね。会社で働くときに外国人と仕事をしたり、海外で働くときに使用する外国語としては英語が中国語がダントツだと思います。就職活動でも中国語をかなり話せるとなれば有利になる可能性もありますからね。

 

トータルでそういう部分まで考えると、第二外国語として中国語はおすすめと言えるのです。ちゃんと理由がありますから。単位がとりやすいかもしれないというのもあれば、将来的な部分でも役立つ可能性があるということです。ただし、ちゃんと真面目に勉強をしていた人のみですけどね。しかも大学の授業以外でも勉強をしていかないと、就職活動で有利になる程度のレベルにはならないと思いますから。第二外国語として中国語が良い理由はいくつかあります。他の言語に関してもそれを選ぶと良い理由はあると思いますけど、第二外国語として中国語を選ぶメリットを理解したうえで中国語を選ぶべきか?考えましょう。第二外国語で中国語はかなり人気です。それはメリットが多いからです。それに単位もとりやすいからでしょう。第二外国語は強制の場合が多いでしょうから、学びたくなくてもとらざるを得ないという意味では、単位がとりやすいから第二外国語で中国語を選ぶというのもしょうがない気もします。どれも興味が持てないならば、そこが第二外国語として中国語を選ぶ理由になるのはしょうがないと思うのです。第二外国語では中国語は単位がとりやすいと言われるが、第二外国語では中国語を選ぶメリットは多分にあるし良い選択ではないか?と思います。

 

第二外国語として中国語の難易度はちゃんと理解したうえで選んでほしいと思いますが、難しいのは中国語だけに限りません。どの言語も難しい部分はありますから、第二外国語として中国語も難しい部分はありますけど、その難しい部分が発音に留まるならばマシだと思うんですよ。第二外国語として中国語がおすすめな理由はいろいろなサイトで紹介されていると思いますけど、だいたい同じようなことが書いてある可能性があります。第二外国語の中では中国語は簡単とは言えますが、中国語が簡単にマスターできるというわけではないので、そこは理解しておいてください。第二外国語として中国語は相対的に簡単ということですから。英語ですら苦労する人が多いですから、中国語が簡単に話せるようになるというのはなかなかないと思いますから。第二外国語として中国語の難易度を理解したうえで選んでほしいと思います。第二外国語は必修になると思いますから、単位を落とすと再履修になったりして大変なので、慎重に検討して選んでいきましょう。

 

あわせて読みたい記事