リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

追手門大学のキャンパスの立地条件や評判と口コミは?就職支援や就職実績の魅力はどうか?

【スポンサードリンク】

大阪府にある追手門大学はどういった大学なのでしょうか?キャンパスの立地条件や雰囲気などについて知っておくと同時に、学生の口コミなども参考にしながら、大学自体の評判についても知っておいてほしいと思います。いろいろな特色がある大学だとは思うのですが、追手門大学の魅力やメリット、どういった特徴があるのか?について知っておきましょう。追手門大学は関西では評判の大学になりますけど、入学する前にどういった特色がある大学なのか?については調べておくことも重要だと思いますから。まずは大学のキャンパスの立地条件について知っておきましょう。追手門大学のキャンパスは大阪府茨木市にあります。最寄り駅や利用可能な路線が複数あり、いろいろなエリアから通学することが可能になりますが、茨木駅茨木市駅などが代表的な最寄り駅になります。それ以外の駅からも通うことはできるようですが、数が結構多いので、追手門大学のホームページの交通アクセスを見ておいてほしいと思います。バスを使って通学するのが基本みたいで、JR茨木駅と阪急茨木市駅から直通バスを運行しています。 さらに大阪モノレール宇野辺駅から徒歩で向かって、JR茨木駅直通バスのりばを利用することも可能になっています。そして、阪急バスについてもJR茨木駅からキャンパス内に乗り入れるなど、電車を使いながら、最終的にはバスを利用してキャンパスに向かうのが一般的な追手門大学のキャンパスへの交通アクセスになります。

 

これらバスがある駅が最寄り駅として機能しているので、これらのどの駅を利用していくか?ということも考えておかないといけないのです。追手門大学のキャンパスの立地条件についてはこういった感じですが、キャンパスの雰囲気はどうなっているでしょうか?追手門大学のホームページにはキャンパスの概要などが画像つきで載っているので見ておいてほしいですが、追手門大学のキャンパスの雰囲気は一般的な大学に近い印象です。したがって、割と違和感なく過ごせると思うのですが、建物そのものよりは中の方が綺麗な印象かもしれません。室内は場所にもよるとは思いますけど、綺麗な環境が感じられます。先進的な雰囲気も感じられますし、綺麗な部分もあって、敷地もそれなりに広いでしょうから、過ごしやすい場所に感じるのではないか?と思います。追手門大学のキャンパスの評判は良いと思います。魅力として感じられる部分です。追手門大学のキャンパスの立地条件については口コミを見てみると、どういう場所なのか?分かりやすいと思うので、そこは知っておきましょう。学生の口コミを見ると、バスの利用時間が結構長くて、渋滞によって遅れることもあり、講義に遅刻するケースもあるようです。混んでいないときでも、30分近くかかるみたいで、混んでいるときには1時間近くかかることがあるようです。ここは追手門大学のキャンパスの口コミでかなり大きな部分です。テストがあって絶対に遅刻できないときはタクシーを使う学生もいるようです。

 

このバスの部分に言及している口コミがかなり多いです。したがって、追手門大学のキャンパスの評判ではバスの部分に不満を口にしている人が多くいます。立地条件は決して良いとは言えないのが現状みたいです。しかし、2019年に同じ茨木市内に新キャンパスができるようなので、そっちの方は立地条件が良いと言える可能性があります。追手門大学の進キャンパスは2019年からなので、そのキャンパスを利用できる学生は満足いくキャンパスライフを送りやすいと言えるのではないか?と思います。追手門大学の評判としてはキャンパスの立地条件は大きいですし、あとは周辺環境がどうなっているか?という部分についても調べておくと良いと思います。追手門大学の学生の口コミでは周辺環境としては遊ぶような場所はないという声があるので、あまり栄えていないエリアなのかもしれません。オープンキャンパスなどを利用して、追手門大学のキャンパスの立地条件や周辺環境について自分でも調べておくと良いと思います。2019年からの新キャンパスへの期待も膨らみますが、今のキャンパスについても詳しく知っておく必要があると言えると思います。

 

追手門大学ではどういった就職支援をしているのか?その評判についても知っておくと良いと思います。就職に関する評判というのも受験生にとっては重要でしょうから。追手門大学ではどういう就職支援をしているのか?というと、これは大学のホームページにも書かれています。追手門大学では就活に関する図書やDVDが充実しているようで、企業、業界研究ができる書籍や就活の基本マナーを調べられる書籍、あとは先輩が残してくれた就活に関する報告書があります。企業ごとなどで選考内容や採用時期、面接で聞かれたこと、筆記試験の有無などについて詳しく書かれているので、自分が受ける企業の参考になるのではないか?と思います。そして、DVDでは就活における書類の書き方、基本マナー、面接のポイントなどについて映像で分かりやすく学ぶことができるので、これも大きな存在となるでしょう。そして、年間を通じた追手門大学の就職支援の内容については、ガイダンス、セミナー、企業説明会などが学内で割と頻繁に開催されており、かつ自己PR作成講座、筆記試験対策講座、面接対策講座、先輩の就活体験報告内など、かなり就活生にとって有益なイベントが年間を通じて行われているので、こういったものをいかに活用するか?というところが、追手門大学の学生の就活の結果に大きくかかわってくると言えると思います。追手門大学は就職に関しても評判は良いと思いますけど、学生の口コミなどを見るとその実態が分かると思います。追手門大学の学生がどういう感想を持っているのか?を調べれば、就職支援がどれだけ充実しているか?も判断しやすいと思いますから。

 

そして、追手門大学の就職実績に関してですが、ホームページの内容からは詳細な部分はちょっと伝わってきづらいですが、業種に関しては小売業と卸売業への就職をしている人が多くいます。追手門大学の就職状況では、この2つの業種で全体の3~4割くらいとなっています。年度ごとに就職状況は変わると思いますし、後は学部学科ごとにも違う可能性がありますが、追手門大学の就職状況ではこういった特徴があるということなのです。しかし、全体的に見るといろいろな業種への就職先があるので、バラエティに富んでいるというのが、追手門大学の就職状況になります。就職実績としては就職先の企業名も載っているので、そこを見ておくと良いでしょう。業種ごとに就職先の企業名がありますから、追手門大学の就職実績としてどういった企業に先輩が就職できているのか?をチェックするのが良いと思います。こういった部分から追手門大学の就職の評判を見ておくと、ある程度は就活への期待度も生まれてくるのではないでしょうか?こういったところにも追手門大学の魅力はあると思いますし、通うメリットも感じられる可能性もあるので、追手門大学について理解をするときには、就職に関しても詳しく調べておくことをおすすめします。

 

あわせて読みたい記事