リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

青山学院大学経済学部の偏差値や倍率は?評判はいい?合格最低点やボーダーラインは何割くらい?

【スポンサードリンク】

青山学院大学の文系学部はいくつかの学部に分かれていますが、その中でも経済学部というのは1つ狙い目になる学部である可能性があります。青山学院大学経済学部は別に偏差値が低いわけではないですが、文系学部の中では多少低い数値が出ることが多いです。河合塾だと経済学科の個別A日程が60.0で、現代経済デザイン学科が57.5あたりで、他の学部とそんなに変わらないかな?という印象ではありますけど、河合塾は大雑把な偏差値の表示なので、駿台予備校とか、ベネッセあたりの偏差値を見ると、法学部、経営学部あたりと比べると青山学院大学経済学部の偏差値はちょっと低いです。1か2くらいですけど。だから、わずかな差ではありますが、青山学院大学では穴場の学部になる可能性が若干あります。社会情報学部や地球社会共生学部の偏差値も青山学院大学の中では低い方ではありますけど、この2つは相模原キャンパスになります。それが問題ないという人は良いですけど、やはり青山キャンパスが良いという人にとってはこの2つ以外の学部を受けるしかないのですが、そこで経済学部が浮上してくると言えます。青山学院大学では穴場の学部の1つとされていますが、大まかに言えば法学部や経営学部とほとんど難易度は変わらないと言えると思います。

 

青山学院大学経済学部の偏差値は他の文系学部と比べても多少低いケースがあるので、かつ青山キャンパスということで、青山キャンパスに通いたくて、かつ青山学院大学の穴場の学部を探している人にとっては経済学部はおすすめとなります。青山学院大学経済学部は評判もそれなりに良いので、経済について学ぶときには選択肢の1つにしても良いと思います。評判を調べるときには経済学科と現代経済デザイン学科のそれぞれで調べておいた方が良いと思います。青山学院大学経済学部に入りたい人は偏差値などの情報もやはり重要ではありますけど、それ以外の入試の情報についても調べておきましょう。やはり受験科目が重要でしょうか?青山学院大学経済学部の受験科目はそんなに変わったところはないですね。個別日程と全学部日程がありますけど、他の学部とほとんど差はありません。しかし、個別日程のB方式は英語がない代わりにTEAPを使う入試になるので、ちょっと特殊な入試方式になります。この青山学院大学経済学部の個別B方式の難易度は高いのか?と思われるかもしれませんが、偏差値はA方式よりも低い場合があります。青山学院大学経済学部の河合塾の偏差値では個別A方式よりもB方式の方が2科目ですけど、数値は低めになっています。これは経済学科、現代経済デザイン学科も共通です。

 

青山学院大学経済学部の中では偏差値が低く出ているということで、TEAP入試の青山学院大学経済学部は簡単な学部かと思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは言えないと思います。TEAPで所定の点数をとる難易度がどれほどあるか?というのが重要ですから。だから、基本的には青山学院大学経済学部に入りたい人は個別A方式がおすすめなのです。募集人数も多いですし。全学部日程に関しても難易度は高いはずなので、自信のある人は受けても良いとは思いますけど、青山学院大学経済学部の全学部日程は早稲田や慶應あたりを第1志望にする人が滑り止めのために受けるケースもあるでしょう。それはセンター利用入試も同様ですけど、個別日程以外は青山学院大学経済学部を第1志望にしている人よりも、もっと上の大学を第1志望にしている受験生が多く受けてくる傾向にあるので、偏差値も高いですし、受かるのは難しいということが言えます。青山学院大学経済学部が第1志望の受験生、自分の学力レベルがMARCH付近という人は青山学院大学経済学部の個別日程に照準を合わせて、そこに対策の時間を多く使っていくと良いと思います。実際、青山学院大学経済学部の経済学科の全学部日程の偏差値は河合塾だと62.5とかになっていて、かなり高いですから。経済学部は青山学院大学の中で簡単な学部とまでは言えませんが、人によっては受かりやすい学部になる可能性はあるということなので、ちゃんと勉強をすれば他の学部よりは受かる確率がちょっとは高くなるかもしれません。

 

あとは青山学院大学経済学部のセンター利用入試のボーダーラインについても知っておきましょう。この数字については実は結構高い数字になっているのです。青山学院大学経済学部の評判の良さというのがもしかしたら影響しているのかもしれませんが、青山学院大学経済学部センター利用のボーダーラインが何割か?というのは、実は他の学部と同水準、または他の学部よりも高いとなっています。例えば法学部よりは高い数字になっています。文学部、教育人間科学部経営学部などと同水準と言えると思います。青山学院大学経済学部のセンター利用のボーダーラインの得点率は経済学科が87%、現代経済デザイン学科の3科目が89%、4科目が86%となっており、現代経済デザイン学科の方が3科目でも高い数字が必要となっています。青山学院大学経済学部のボーダーラインが何割か?というのは変わる可能性もありますが、大きくは変化しないと思います。MARCHレベルをセンター利用で合格しようと思ったらかなり難しいですから、青山学院大学経済学部のボーダーラインの得点率というのはかなり高いですけど、センター試験の形式が得意な人は狙ってみても良いと思います。

 

あとは合格最低点がどれくらいか?というのも重要です。青山学院大学経済学部の合格最低点は全学部日程に関しては経済学科が273、現代経済デザイン学科は272となっています。個別A方式は経済学科が252、現代経済デザイン学科が249で、個別B日程は経済学科、現代経済デザイン学科ともに247となっています。これは2017年度の青山学院大学経済学部の合格最低点となっていますが、問題のレベルや倍率などによって数字が変わる可能性があるので、過去の合格最低点は参考程度に見ておきましょう。あとは青学自体がどれくらいの合格者数を出すか?によっても合格最低点は変わります。2017年度は特に青学は合格者をかなり絞ったので、それによって青山学院大学経済学部の倍率も上がりましたし、合格最低点も結構上昇幅があったと言えます。青山学院大学経済学部の合格最低点は年度によって大きな変化がある可能性があるので、それも踏まえて見ておくようにしてほしいと思うのです。あと、過去問を解くときには青山学院大学経済学部の合格最低点を参考にするとは思いますけど、これは実際の合格ラインの点数とは違う可能性があります。得点調整を選択科目で実施したり、偏差値法を使って得点を出したりする可能性があるので、実際の合格最低点はもっと高い点数である可能性もあるので、そこも考慮しておきましょう。

 

青山学院大学経済学部の学生の口コミなどを見ておくと、青学の経済というのはどんな特色があるのか?どんな魅力があるのか?というのが分かりやすいと思います。青山学院大学経済学部の特徴と言えば、やはり現代経済デザイン学科と言えるでしょう。経済学科はどの経済学部にもほぼ設置されていて、学ぶ内容自体はそんなに変わることはないと思います。伝統的な経済学について学ぶというのが青山学院大学経済学部の経済学科になりますし、授業名やカリキュラムを調べてみれば学ぶ内容はよく分かると思いますけど、現代経済デザイン学科の学ぶ内容は学科名を聞いてもイマイチピンとこないということは言えると思います。しかし、青山学院大学経済学部の評判として現代経済デザイン学科についても良い声がありますから、こちらの学科の魅力も知っておいてほしいです。現代経済デザイン学科はどんなことを学ぶのか?と言えば、政府や公共部門において特に注目していく授業が多くあるので、経済学科と共通する部分もありますけど、現代経済デザイン学科ならではの部分が大きく、そこが特色と言えると思います。青山学院大学経済学部の魅力の一側面にもなると言えるので、こういったところを理解したうえで、受験する学科を選んでほしいと思います。あとは青山学院大学経済学部の学生の口コミなどがインターネットに載っているので、そういったものも見ておくと青山学院大学経済学部の評判というのもチェックできると思います。経済学科と現代経済デザイン学科ともに学生の口コミを見ておいて、入学後のことについても知っておくと受験勉強のモチベーションアップにつながる可能性もあります。

 

青山学院大学経済学部の難易度で言えば、経済学科よりも現代経済デザイン学科の方が偏差値は低いです。だから、経済学部でどっちが入りやすいか?と言えば、現代経済デザイン学科かな?とは思います。しかし、どちらの学科も倍率は高いです。TEAPを使う個別B方式はそこまでではないですけど、青山学院大学経済学部の倍率ではどちらの学科も高い数字となっており、最低でも6~7倍、高いと10倍程度ということになっていますから、今後の入試でも同じような倍率になるのではないでしょうか?青山学院大学経済学部の偏差値はともかくとしても、倍率を見ると結構難しいのではないか?という感覚になる人もいるかもしれません。全学部日程と個別A方式の青山学院大学経済学部の倍率は高いので、青山学院大学の中では穴場の学部になる可能性はありますけど、簡単な学部まではいきませんし、青学が大学全体として人気が上がってきていて、倍率がどの学部も共通して上昇傾向にある中では経済学部の難易度も普通に高いので、決して油断できるような学部ではないのです。青山学院大学経済学部に入りたい人はやはり過去問研究をしていって、過去の出題傾向を調べて、それを英語、国語、日本史、世界史、政治経済、数学などの各科目でやっておきましょう。過去問を解いたときに自分ができた分野はともかく、できない分野をどれだけしっかりとその後補強できるか?で合否が変わるので、過去問を解いて青山学院大学経済学部の出題傾向を調べながら、頻出の分野、毎年出ている分野の中で自分ができないところ、苦手なところをどれだけとれるか?という点を突き詰めて、残りの時間で対策をしていきましょう。青山学院大学経済学部に入りたい人は偏差値や評判などのいろいろな情報を、いろいろな角度から調べていくことが重要になるでしょう。

 

あわせて読みたい記事