リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

信州大学の偏差値や倍率の情報とセンター試験の足きりのボーダーラインや入りやすい学部について

【スポンサードリンク】

信州大学は長野県の国立大学でかなり難しい大学です。信州大学は長野県民ならば非常に評価している大学ではないか?と思いますけど、この信州大学の偏差値は55~60くらいでしょうか?医学部はさらに高いですが、それ以外の学部はこれくらいになると思います。すると、首都圏でいうとMARCHくらいになるのでしょうか?信州大学の場合にはまずはセンター試験に受からないといけませんが、その足きりのボーダーラインの目安はどれくらいなのか?というところが気になると思います。信州大学に入りたい人はセンター試験で何割くらいとれば良いのか?についても調べておくべきです。それは学部によっても違いますけど、文系、理系ともに7~8割くらいでしょうか?例外があるとすれば教育学部と医学部です。教育学部センター試験の足きりのボーダーラインは概ねこのくらいの数字ですけど、ここは学科や専攻が複数あるので、それぞれで数字がかなり異なっていて、教育学部では5割くらいで通過できるケースもあるみたいなので、そこが信州大学の穴場の学部になるかもしれません。医学部の場合には8割を大幅に超える点数をとらないといけない場合もあるので、やはり信州大学では1番難しい学部と言えるのではないでしょうか?

 

信州大学に入りたいならば受験する学部の選び方は重要です。入りやすい学部がないわけではないですけど、全部難しいですよ。信州大学で受かりやすい学部は文系は教育学部の穴場の学科、専攻になるのかな?という気がします。文系学部はそもそも人文学部、経法学部、教育学部も3つしかありませんけど、その中で受かりやすい学部を1つ挙げるとすれば教育学部かな?と思います。信州大学の入りやすい学部の理系はほぼないと思います。医学部は別格でしょうし、それ以外の偏差値もほとんど差がありません。理系の選択肢は多いですが、入りやすい学部と言えるほどに偏差値の差があるわけではないので、どこを受けてもあまり変わらないかな?という気がします。信州大学の偏差値はどこもそれなりに高いので、簡単な学部もないですから、理系の人で学部選びに迷っている人は、決めるのが大変かもしれません。最初から受験する学部がすぐに決まる人、大学は言って学びたいことが決まっている人は良いですが、そうじゃない人で信州大学に入りたいという気持ちだけあるが、受ける学部学科などは決まっていないという人は迷うケースも多そうですね。

 

信州大学の学部ごとの難易度で差がないとなれば、受かる確率が高いところを見つけるのは難しいですから。私立大学だと穴場の学部や学科ってあるんですけど、国公立大学はあまりないですからね。信州大学に受かりたい人で受験する学部学科が決まっていない人は最終的には学ぶ内容などを参考にして決めるしかないのかな?とは思います。あとは信州大学センター試験の足きりのボーダーラインについても調べてみることです。先ほど簡単に紹介しましたけど、細かく見るとこちらは偏差値よりも学部学科ごとの差があります。したがって、センター試験の得点率に関して難易度の差がより大きくあるので、こちらを参考にすると受かりやすい学部があるかもしれないです。信州大学センター試験におけるボーダーラインの数字は、文系学部はだいたい7~8割くらいです。教育学部については学科、専攻によってはもっと低い場合もありますから、ここがやはり信州大学の穴場の学部ということになるでしょうか?理系の学部については医学部以外は65~80%くらいの間で、医学部は70~90%の間くらいで、こちらも結局は学科ごとに異なるということになります。文系と理系でもちょっと差がありますけど、学部学科によっても差があるので、信州大学に入りたい人はこういうセンター試験の足きりのボーダーラインについてはちゃんと細かい数字を調べておきましょう。センター試験の過去問を解くときに重要になりますから、こういった情報は必要になるのです。

 

信州大学に受かりたいならば受験科目の情報についても重要なので、センター試験と二次試験の受験科目についても調べておきましょう。学部学科ごとに違うとこともありますから、受験する学部学科が決まってからでも良いかもしれませんが、受験科目を見ながら決めるということもできますし、人によっては受験科目で有利になることもあるので、それによって信州大学の入りやすい学部なども決まってくることもあります。そして、センター試験と二次試験の配点比率も重要です。これは探すのが難しいかもしれませんが、パスナビというサイトの信州大学の受験科目のページには載っているので、そこを参考にするのも良いと思います。例えば、人文学部の前期試験の二次試験は38%の割合で関係してくるみたいです。この場合はセンターは62%ということになります。信州大学センター試験と二次試験の配点比率は学部学科によっても違うので、そこを考慮して調べていかないといけません。信州大学は偏差値も全体的に高いですし、難しいですが、入りたい人はこういった情報はチェックしていきましょう。そして、さらに重要なのは信州大学の倍率についてです。国公立大学なので、そんなに極端なケースはないと思いますけど、こういった情報についてもしっかりとチェックをしていってください。

 

信州大学の倍率は前期日程は2~3倍くらいがほとんどです。医学部はちょっと高いかもしれませんが、それくらいの範囲に収まっていることが多いです。しかし、後期日程はどうでしょうか?結構高いです。信州大学の後期日程は前期日程と同じくらいの倍率のケースもありますけど、5倍を超える場合もあるので、学部学科によってはかなり難易度が高いと思った方が良いでしょう。信州大学の難易度は倍率によって決まる部分もありますけど、倍率は極端には変動しないと思います。特に前期日程に関しては。そうなると、信州大学の偏差値を見た方が難易度は測りやすいかもしれないです。倍率も参考程度に自分が受ける学部学科のものをチェックしておいてほしいと思います。センター試験を突破しないと二次試験に進めないですけど、まずはそこまでいけるように頑張ってほしいと思うのです。

 

あわせて読みたい記事