リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

明治大学文学部の偏差値や倍率の特徴と評判や合格最低点、ボーダーラインなどについて

【スポンサードリンク】

明治大学文学部はどれくらいの難易度なのでしょうか?明治大学文学部は2018年度から心理社会学科に哲学専攻を創設するなど、改革の動きもあり、これからに注目が集まる存在です。明治大学文学部の難易度はどれくらいなのか?というと、いくつかの学科に分かれていて、さらにその学科がいくつかの専攻に分かれているので、それぞれで偏差値が違います。明治大学文学部の偏差値は大学の中では真ん中くらいかな?という気がしますが、学科によっては高いので難しいです。河合塾の偏差値を基準にすると、最低でも60.0で、高いと65.0になります。この時点で、明治大学文学部の難易度がいかに高いか?が理解できると思います。本当に難しいと言えますし、明治大学文学部に入りたいならば相当な勉強をしないといけないでしょう。実際、65.0というのは全学部日程でこれは難しく当然なのですが、明治大学文学部の偏差値では個別日程でも62.5というのがあるので、普通に難易度は高いです。明治大学の偏差値が近年上がってきており、上智大学との差がなくなってきているとも言われている中で、明治大学文学部の偏差値は高いですが、それでも明治大学の中では中位くらいなので、それだけ明治大学の難易度が高いということになります。

 

明治大学文学部は学内でも評判の学部で、難易度も高いわけですけど、一般入試で受ける場合にはすでに話したような偏差値が必要になります。全学部日程だと65.0で、個別日程でも60.0~62.5くらいが必要になりますから、明治大学文学部に入りたい人はレベルが高いということは分かってもらえると思います。しかし、一般入試ではなくて、センター利用入試で受験するとしても、明治大学文学部はかなり難しいと言えます。明治大学文学部のセンター利用入試におけるボーダーラインの得点率について調べると、85~90%近くの点数が必要になるので、明治大学文学部にセンター利用入試で受かるのは相当難しいです。学科ごとに得点率は違いますし、あとは3科目と5科目でも違うのですが、明治大学文学部の場合には5科目であってもボーダーラインがあまり変わらないので、3科目でも5科目でも受かる難易度は同じくらいに思えます。だから、私立文系の人は3科目で受けるのが良いと思うのです。明治大学文学部のセンター利用のボーダーラインに関しては最低でも85%は必要で、学科によっては90%近くが必要になります。かなりセンター試験の問題と相性が良い人じゃないと合格は厳しいと言えますが、明治大学文学部のセンター利用のボーダーラインの数字を超えられる可能性を持っていると思う人は受験しても良いと思います。

 

明治大学文学部では一般入試の個別日程が1番受かりやすいとは思いますけど、人によってはセンター利用の方が向いている可能性もあるので、明治大学文学部のボーダーラインを過去問を解いて超えられる可能性がある人は、チャンスが増えるので受けてみると良いと思うのです。そして、明治大学文学部の倍率についても気になる人がいると思いますが、明治大学文学部の倍率はやはり高いです。明治大学文学部の評判の高さとある程度関係している部分もあると思いますけど、明治大学文学部の倍率は高くなっているのです。明治大学文学部では学科や専攻ごとに倍率が違っていますが、ほとんどが7~8倍くらいとなっています。一部の学科や専攻は5倍弱くらいのところもありますが、明治大学文学部の倍率は低くても5倍くらいはあるので、かなり高いです。高いと8倍くらいあるので、これは2017年度のデータになりますが、明治大学文学部の難易度はそういった感じで、やはり難しいのです。過去の倍率なので、今後また変化する可能性も十分あるという意味では、明治大学文学部の倍率は参考程度に見ておくのが良いとは思います。明治大学文学部の偏差値とかはそこまで変わらないでしょうけど、倍率は大幅な変化がありえるのです。明治大学文学部に受かりたい人はこういう部分についても調べてから、受ける学科や専攻を選択するという手もあります。

 

明治大学文学部の合格最低点についてはインターネットで調べると詳細が出てきます。文学部は学科や専攻や多すぎるので載せきれませんから、個人的に気になったことだけ書いておきます。それは個別日程と全学部日程で合格最低点の差がほとんどないということです。明治大学の場合、他の大学もそうかもしれませんが、個別日程と全学部日程を比べると、全学部日程の方が合格最低点が確実に高いケースが多いのですが、明治大学文学部の合格最低点を見ると、同じ学科専攻で比べると同じくらいの数字になっているので、差がないのです。合格最低点は倍率や問題のレベル、受験者のレベルによって違います。そして、たいていの場合、全学部日程の方が倍率は高くなりがちで、問題のレベルは易しく、受験者レベルは高くて、合格最低点が上がりやすい傾向にあるのですが、明治大学文学部の場合には合格最低点にこういったところに特徴があるので覚えておくと良いかもしれません。あとは明治大学文学部の学生の口コミを紹介したいと思います。評判に関してどうなっているのか?というのは気になるでしょうし、明治大学文学部に受かりたい人にとって評判をチェックしておきたいと思う気持ちもあるでしょう。明治大学文学部の評判についてチェックしておくと、この学部の魅力がさらに理解できると思いますから。

 

明治大学文学部の口コミを検索してみると、学生の声が多く見つかります。文学部特有のものでいうと、必修の授業が多いという口コミがあります。高校までと違って、大学は時間割を自由に決められるというイメージはあるかもしれませんが、明治大学文学部の場合には自由はあるが、必修の授業が多いことによって自由度は思ったほどはないという口コミがあるので、ここは知っておくと良いかもしれません。そして、明治大学文学部の評判で重要なのは、どの学科に入っても別の学科や専攻の授業をとることができるようです。これも何でもかんでも自由にとはいかないかもしれませんが、文学部の中でも複数の領域に興味があれば、そういった授業のとり方もできるということになるのでしょう。ゼミに関する口コミでは2年から始まるという声や3年から始まるという声もありますし、ゼミが存在しないという声もあって、学科や専攻によってゼミの在り方も違うみたいです。こういったところを踏まえると、明治大学文学部では学科や専攻の選び方が重要と言えるのかもしれません。明治大学文学部の評判については文学部全体として紹介しましたが、学科、専攻ごとに細かく見ていくことも重要と言えると思うので、自分でも明治大学文学部の口コミを探してほしいと思います。明治大学文学部は偏差値も高いですし、メリットや魅力を感じている人も多く、人気の学部ということが言えると思います。そういった評判の高い学部なので、しっかりと勉強をして入試に備えていきましょう。明治大学文学部に受かりたい人はこういった入試や入学後の情報について調べたうえで、受験をしていってほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事