リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

立教大学現代心理学部の偏差値や倍率は?評判とボーダーラーライン、合格最低点はどうなっている?

【スポンサードリンク】

立教大学現代心理学部というのは立教大学の中でも人気の学部の1つになります。新座キャンパスのため、そこが若干敬遠される要因になるような気もしますけど、偏差値は普通に高いですから。立教大学現代心理学部の偏差値は河合塾のものを基準にすると、心理学科が個別日程、全学部日程ともに62.5、映像身体学科が個別日程、全学部日程ともに60.0となっています。学科によって難易度が違うということが言えますから、立教大学現代心理学部は偏差値は高いということで覚えておきましょう。立教大学の全体の偏差値が高いので、このくらいの偏差値でも全然高いという感覚ではないかもしれませんが、新座キャンパスで4年間を過ごすということを考えても、この数字は高いと思います。立教大学現代心理学部に入りたい人は多くいると思いますが、難易度は高いのでそこは覚えておきましょう。やはり評判が良い学部だと思うのです。立教大学現代心理学部の評判がよくないと、こういった高い偏差値にならないですから。魅力なども多くて、通うメリットが感じられる学部なのではないでしょうか?そのあたりのことについても紹介していきますが、まずは入試に関する情報を載せていきます。立教大学現代心理学部の偏差値はこういった感じで高いですということになります。

 

あとはセンター利用入試のボーダーラインです。立教大学現代心理学部のセンター利用乳牛のボーダーラインはどうなっているのか?についても考えていきましょう。これに関しては一応データが公表されているようで、WEBサイトに載っています。パスナビを参考にすると、心理学科が86%、映像身体学科が83%となっているので、やはりこちらに関しても心理学科の方が難しいということなのです。しかし、これは3教科の数字なので、4教科の方はもう少しボーダーラインが下がります。それぞれ2,3%程度下がりますが、それでも8割以上は必要ということなので、立教大学現代心理学部のセンター利用のボーダーラインは何割か?というときにはこれくらいの点数をとらないといけないということになります。ちなみにこのボーダーラインの得点率というのは、立教大学の他の学部と比べてもあまり差はないです。つまり、文系学部においてですが、池袋キャンパスの学部とそこまで差がないので、やはり立教大学現代心理学部の評判が良いということが言えるのではないか?と思います。新座キャンパスはどうしても池袋キャンパスよりもアクセスがよくないという印象の人が多いと思いますけど、そういう条件だとしても通いたいと思う人が多くいるわけですから。センター利用入試の立教大学現代心理学部のボーダーラインは何割か?については、受験生は知っておきたいところです。

 

あとは立教大学現代心理学部の倍率も気になるところです。すでに何度も言っているように、この学部は恐らく評判がかなり良いのではないか?と思われるのですが、その評判については倍率を見るをある程度分かりやすいかもしれません。やはり人気の学部ならば倍率がかなり高いと思いますから。過去の立教大学現代心理学部の倍率はどうなっているのか?確認しておきましょう。実際、立教大学現代心理学部の倍率は高いです。2017年度のデータになりますけど、個別日程に関しては心理学科が10.5倍、映像身体学科が8.4倍で、いずれも大学入試の倍率にしてはかなり高い数字です。全学部日程に関しては心理学科が5.8倍、映像身体学科が4.8倍となっており、こちらはまだ標準的と言えるかもしれませんが、個別日程の方が募集人数も多いですし、メインの入試になるので、受ける人も多くいますから、こちらの倍率がとても高いというのは受験生は知っておかないといけません。立教大学現代心理学部の偏差値も高いですが、倍率も高いということで、いかに難易度が高い学部か?というのが分かるのではないでしょうか?それだけレベルの高い学部を受けないといけないのです。立教大学現代心理学部は偏差値も高いですけど、本当にレベルの高い学部なので、そういったことは頭に入れておきましょう。

 

ちなみに合格最低点は分かりません。立教大学現代心理学部の合格最低点は非公開となっています。というか、立教大学が合格最低点を公開していないので、合格最低点は現代心理学部に限らずワカラナイということになっています。そこはちょっと不便ですけど、過去問を解いて1点でも多くとれるようにしてほしいと思います。ただ、一応噂で言われている部分では、7割台後半くらいが合格最低点になることが多いみたいですけど。学部によっては7割台前半くらいで、難しい学部は8割近くないと厳しいみたいです。立教大学現代心理学部に受かりたい人は合格最低点は分かりませんけど、最低でも7割以上はとらないと厳しいと言えるので、過去問研究に時間を使っていきましょう。そして、立教大学現代心理学部に受かりたい人は評判についてもチェックしておいた方が良いです。特に心理学科と映像身体学科については何が違うのか?それぞれの学科の違いについて、学生の口コミなどを見ておくと良いです。立教大学現代心理学部の口コミでは、心理学科はいわゆる心理学部と同じようなことを学ぶみたいで、映像身体学科は演劇や舞台など、映像作品に関することを学ぶみたいですが、こういった違いについては学生の口コミやホームページかた何が違うのか?について調べておいた方が良いです。あとは立教大学現代心理学部の評判としては新座キャンパスについても調べた方が良いです。池袋キャンパスは徒歩10分くらいで着くみたいですけど、新座キャンパスはバスを使わないと通うのがきついみたいです。

 

新座キャンパスは立地条件があまりよくないという口コミはありますけど、のどかな雰囲気で通うのが気持ち良いという口コミもあるので、立教大学現代心理学部の学生の口コミは必ずしも悪いわけではないですけど、やはり徒歩だと通うのがきついので、バスを使わないといけないという点は1つポイントになりますから知っておきましょう。立教大学現代心理学部の学生の口コミを見ると、新座キャンパスにも魅力はあるようで、気に入っている人も結構いるみたいです。立教大学現代心理学部の評判について調べるときには、新座キャンパスがどういったところなのか?立地条件や交通アクセス、周辺環境などについて、立教大学現代心理学部の口コミで探してみたり、ホームページの情報を参考にしたり、あとはオープンキャンパスなどを通じて体感していくと良いと思うのです。立教大学現代心理学部の評判は全体的に良いですけど、学部学科の口コミやキャンパスの立地条件などにおいて魅力を理解していくことが重要だと思います。立教大学現代心理学部は難易度も高いですし、難しいですけど、ここに入りたい人は入試情報について調べながら、入学後の学生生活についてのことも調べていくと、モチベーションが上がって受験勉強もはかどると思います!

 

あわせて読みたい記事