リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

同志社女子大学の偏差値や難易度とボーダーは?倍率や合格最低点はバラバラ!?

【スポンサードリンク】

関西の名門女子大学と言えば、やはり同志社女子大学になります。同志社女子大学は関西の女子大の中では特に難易度が高い大学で、ここに入りたいと思っている人も多くいると思うのですが、同志社女子大学の偏差値についてまずは知っておいてほしいと思います。同志社女子大学の偏差値は文系と理系でかなり違いがあります。基本的には理系の方が偏差値が高いので、そういった形で難易度に違いがあるということです。同志社女子大学は女子大ではありますけど、規模がそれなりに大きいです。学部が6つほどあるので、全国で見てもここまで学部の数が多くある女子大はなかなかないです。同志社女子大学に入りたいならば、きちんと勉強をしないといけませんけど、どういった難易度なのか?というのをまずは理解してほしいと思います。同志社女子大学の偏差値において、文系学部はどうなっているのか?というと、河合塾の偏差値を基準にすると40台の後半から50代前半くらいです。これは産近甲龍とかのレベルに近いと言えると思います。関関同立のレベルはないかもしれませんが、同じく関西での有名私立大学の産近甲龍と同じくらいの大学ということが言えると思います。

 

同志社女子大学の偏差値はこういった感じでそれなりの数字になっていますが、理系はさらに高いです。理系の偏差値は50~50後半くらいという感じです。特に偏差値が高いのは看護学部です。理系の中でも特に難しいと言えるでしょう。文系の場合には学芸学部が入りやすい学部になると思います。学芸学部の場合最高の偏差値は52.5くらいあるのですが、学科によっては40代前半というケースもあるので、学科まで絞れば同志社女子大学での入りやすい学部は学芸学部になると思います。ただ、この40代前半の学科は音楽系で、実技試験が入るので、全員にとって入りやすいとは言えないでしょう。学力試験の部分は入りやすいかもしれませんが、実技が入るので難しいでしょうね。それ以外で言うと、偏差値が40代後半の学部学科がいくつか並ぶので、あまり変わらないと言えると思います。したがって、同志社女子大学では入りやすい学部はほとんどないと言えると思うのです。同志社女子大学はどの学部も難易度は高いということになります。それではセンター利用入試のボーダーラインはどうなっているでしょうか?同志社女子大学のセンター利用のボーダーラインを簡単に紹介すると、文系学部はほぼ同じくらいです。7割から7割台後半くらいとなっていて、割と高いです。同志社女子大学のセンター利用のボーダーラインは何割か?というのは、文系に関してはそこそこ高い点数をとらないといけないので、難易度が高いということは覚えておきましょう。

 

理系に関しても近い数字ではありますけど、7割台後半が必要になるケースがほとんどで、生活科学部に関しては80%以上とらないと受からない学科もあります。食物学科の管理栄養士に関しては80%強くらい必要なようです。また、同志社女子大学のセンター利用入試では3教科と5教科があるので、それによってもボーダーラインが変わりますから、そこも覚えておいてほしいと思います。3教科よりも5教科の方がボーダーラインが低いケースも多いです。先ほど紹介した生活科学部の食物学科の管理栄養士に関しては、5教科だと73%という数字がパスナビで出ているので、3教科世よりも大分受かりやすくなっています。同志社女子大学のセンター利用のボーダーラインに関しては、文系学部でも5教科になると7割台前半がほとんどで、7割台後半は3教科が中心になるということは覚えてもらえると良いと思います。同志社女子大学のセンター利用のボーダーラインが何割か?というのは結構高い数字ということで、難しいということはまず知らないといけないのです。そして、同志社女子大学の一般入試の倍率について書いていきますけど、倍率はもうバラバラです。あまり全体的な傾向とかはないです。同志社女子大学の一般入試では入試方式が多くあるため、それによっても倍率は変わりますし、学部学科によっても倍率は変わります。入試方式が前期と後期がまずあって、その中でもそれぞれがまた細分化されていたりと、非常にややこしいです。したがって、同志社女子大学では入試方式についてまず理解をするということが大切になります。そのうえでどの入試方式を選べば自分にとって得か?受かる確率が上がるか?ということを考えないといけないのです。

 

同志社女子大学の倍率は上を見たら10倍以上、下を見たら1倍台くらいと、全然違うわけですよ。だから、同志社女子大学に関しては他で詳細を見てもらうのが良いかな?と思います。同志社女子大学の倍率に関しては傾向を紹介しようと思ったのですが、ちょっと無理ですね。あまりにも学部学科や入試方式ごとにバラバラなので、同志社女子大学の倍率について知りたい人は、学部学科や入試方式ごとに細かく調べてもらうのが良いと思います。大学から出ている資料などを見れば入試情報に関しては細かく載っているので、そういったものを参考にしても良いかもしれないのです。同志社女子大学に受かりたい人は倍率に関しては絶対に調べると思いますが、恐らく過去の倍率はあまり当てにならないと思います。学部学科ごと、入試方式ごとにこれだけ倍率が違うと、その年によって倍率の変化の程度も大きそうな気がします。1倍台が10倍以上になったりはしないかもしれませんが、3倍だったのが5倍くらいになるということはあると思うので、倍率については調べても良いですけど、参考程度にしておいてほしいです。自分が受ける年度でも過去の倍率の通りにはならないと思った方が良いと思うのです。同志社女子大学に受かりたい人は倍率に関しては慎重に見ていきましょう。同志社女子大学の偏差値と比べたら、やはり変動は大きいですよ。そういったことは頭に入れておかないといけないのです。

 

同志社女子大学の難易度は結構学部学科、入試方式ごとに変わるというのが倍率を見ると分かると思いますけど、合格最低点についても倍率と同じような感じなんですよね。学部学科ごと、入試方式によって違いますね。ただ、全体的には6~7割とれば受かるケースが多いです。だから、細かく見ていくと全然違うんですけど、大雑把に見るとどの学部学科、入試方式でも6~7割というのが同志社女子大学の合格最低点です。でも、例外もあります。前期日程のうちの2教科や後期日程は相対的に合格最低点が高めの場合があります。7~8割とかになっている場合もあるので、こういった入試方式で受ける人はそこを頭の中に入れておくと良いと思います。同志社女子大学の合格最低点についても年度によって変化します。その年の問題のレベルによっても変わりますし、倍率によっても変わります。それに得点調整とかがあって、発表されている同志社女子大学の合格最低点の数字と実際の合格ラインの数字が同じとは限りませんから、そこも注意しておかないといけないところになるでしょう。同志社女子大学の偏差値も重要ですが、合格最低点も参考程度に見ておくと良いと思います。同志社女子大学の難易度は高いです。同志社大学ほどのレベルではないが、同志社女子大学のレベルも女子大としては高いので、そういったことを認識したうえで対策をしていきましょう。

 

同志社女子大学に入りたい人、興味を持っている人はスタディサプリ進路から資料請求ができます。ここで請求できるのは同志社女子大学の入試情報や学生生活の情報について満載の大学案内となっています。入試情報に関しては同志社女子大学の学部別、入試方式別に必要な科目、配点、募集人数、日程などを細かく分かりやすくまとめてくれていると思うので、同志社女子大学の入試の仕組みについて理解ができると思いますし、過去のデータから倍率や合格最低点といった貴重な情報も載っている可能性もあります。そして、学生生活に関しては同志社女子大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルの雰囲気はどうか?卒業後の進路はどうなっているのか?といったことに関して、学部学科別に詳しく紹介されています。こういった情報を見ると、自分が同志社女子大学に入学した後の姿が想像しやすく、4年間をどうやって過ごすのか?というキャンパスライフについて理解ができると思います。こういった資料を読むと、今まで知らなかった同志社女子大学の魅力にも気付ける可能性があるので、本当におすすめなのです。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「同志社女子大学」と入れて検索をすると、「パンフを請求する」というリンクがあるのですがそれをクリックすると、氏名や住所の必要事項を記入するページにいき、そこに入力をして送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事