リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

近畿大学法学部の偏差値や倍率は高い!評判と合格最低点やボーダーラインは?

【スポンサードリンク】

近畿大学の中でも文系の中心の学部と言えば法学部になるかもしれません。近畿大学の文系学部はいくつかあるわけですが、その中でも法学部は人気の学部になるでしょう。近畿大学法学部の評判はどうなっているのか?については最後に書いていきますが、評判はある程度は良いと思います。近畿大学法学部に入りたい人は入試に関する情報から、そういった評判に関する情報まで集めていきましょう。近畿大学法学部の偏差値に関してまずは書いていきたいと思います。近畿大学法学部の偏差値は河合塾だと52.5となっているようです。関関同立が55~60くらいになると思うので、近畿大学法学部の偏差値は関関同立のレベルまではないが、産近甲龍のレベルの中では高い方になると言えると思います。近畿大学法学部は法律学科しかありませんが、複数の入試日程があります。一般入試でもいくつかの日程があって、それぞれごとの偏差値は一緒なのです。だから、近畿大学法学部に入りたいならばそのあたりの偏差値を目標にして勉強をしていくと良いと思います。河合塾で50を超えることがまず必要で、52~53くらいを出せれば可能性は十分出てきます。55を超えればかなり望みはあると思うので、河合塾の模試の偏差値でそういった数字をとれるようにしてほしいのです。

 

近畿大学法学部に入りたい人はその他の情報も必要です。例えば、センター利用入試のボーダーラインは何割か?ということについても書いていきたいと思います。近畿大学法学部のセンター利用入試は前期C日程、中期C日程が主にあります。この中だと前期C日程のボーダーラインが1番低いです。とはいっても、70%くらいは必要ですが。そして、中期C日程の近畿大学法学部のボーダーラインは70%強なので、ほとんど同じくらいです。こういったところが近畿大学法学部のセンター利用のボーダーラインになっています。数字だけ見ると、そこまで高くはないです。産近甲龍のレベルにちょうど良いかな?という感じがします。近畿大学法学部に入りたい人はこういった手段もあるので、センター試験が得意な人はセンター利用入試で合格を狙うというのも良いと思います。近畿大学法学部のセンター利用のボーダーラインはそこまで高いわけではないが、低くはないので、簡単には受かりませんけど。あとは近畿大学法学部の倍率がどうなっているのか?についてチェックしていきましょう。近畿大学法学部の倍率はちょっとヤバイことになっています。2016年度の倍率は標準という感じがするのですが、2017年度に一気に上がっています。したがって、今後も同様の傾向になるか?は分かりませんが、近畿大学法学部の倍率は相当高いと言える可能性もあるのです。ちなみに2017年度の近畿大学法学部の倍率を見ると、前期Aスタンダードと前期A高得点はおよそ8倍です。しかし、前期Bスタンダードと前期B高得点、そして後期がおよそ12倍となっており、ヤバイくらいに高くなっているのです。

 

この年の近畿大学法学部の倍率はとんでもなく高いことになっていますが、その他の学部も2017年度もそれなりに高くなっていると思います。今後もこの傾向が続くと、近畿大学法学部の難易度は相当高いと言うことが言えると思うのですが、何でこんなに倍率が高いのか?と言えば、合格者を絞ったからという可能性もあります。近畿大学法学部は評判は良いと思うので、受験生が多く受けたということもあるかもしれませんが、ただ、前年の倍率はここまでじゃないです。普通かな?と思えるくらいの倍率なので、2017年度から一気に上がったということになります。文科省の例のあれの影響も考えられます。全国の有名私立大学の倍率がこの年は一気に上がるという現象がいろいろな大学で確認されたのですが、その中に近畿大学もあるということになります。したがって、今後もこういった倍率が続くか?は分かりませんが、近畿大学法学部の偏差値よりも高い難易度を想定しておいた方が良いかもしれません。本当に倍率は高いですから。近畿大学法学部の2018年度以降の倍率がどうなるか?というのは本当に注目です。

 

近畿大学法学部の倍率以外の話では、合格最低点についても紹介しておきたいと思います。インターネットで確認できるのでそれを見てほしいのですが、近畿大学法学部の合格最低点を見ると、前期Aスタンダードが208点、前期A高得点が287点、前期Bスタンダードが188点、前期B高得点が263点、後期が142点となっています。満点はスタンダードが300で、高得点が400、後期が200となっています。ちなみにこれは2017年度の合格最低点になります。近畿大学法学部の合格最低点に関してはやはりスタンダード方式よりは高得点の方が高いです。得意科目で勝負しやすいということもあるかもしれませんが、合格最低点に差があると言うことは、難易度も変わるということになりますから、そういうところも考慮していかないといけないのです。近畿大学法学部に受かりたい人はこういう情報はチェックしておくと良いと思いますけど、合格最低点は毎年変わりますから、参考にはなるものの、毎年同じになるとは思わないでほしいです。倍率と同様に毎年変化するものですから。近畿大学法学部の偏差値はそう変わるものではないのですが、倍率と合格最低点は変化が大きいと思っておきましょう。近畿大学法学部の合格最低点は2018年度以降どうなるか?分かりませんし、2016年度以前のものもネットで探すと見つかるので、そういった部分についてもチェックしておくと良いと思います。

 

最後に近畿大学の学生の口コミを紹介していきたいと思います。どういう評判を学生が持っているのか?というのは知っておくと良いと思いますから。近畿大学の学生の評判としては、明確な目標などが決まっていない人にとってはおすすめできないという口コミがあります。授業内容は良いものもあれば、そうじゃないものあるようで、学生の感想は全体的に普通くらいかもしれませんが、テストが厳しいという口コミを投稿している人もいるので、そういった部分からすると、生半可な気持ちで入ると卒業が難しいということは言えるのかもしれないです。法律を学びたいと思っている人にとっては良いという声もありますから、法学部に特にこだわりがある人にとっては、近畿大学法学部は良い場所と言えるのではないでしょうか?逆に近畿大学には入りたいが、法学部にはあまり興味がないという人の場合には苦労するかもしれないのです。教授陣の対応は良くて、熱心な人も多いという口コミもありますから、真面目に勉強したい人にとっては近畿大学法学部はおすすめという口コミなのでしょう。近畿大学法学部の評判について、簡単に紹介しましたが、こういったものはインターネットで調べると多く見つかるので、近畿大学法学部に受かりたい人は自分でも調べてみることをおすすめします。近畿大学法学部は魅力的な人気の学部だと思いますから、本当に頑張って勉強をしていきましょう。

 

近畿大学に入りたい人、興味を持っている人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので、そこは知っておいてほしいと思います。ここで請求できる資料は近畿大学の入試情報や学生生活の情報について満載の大学案内のパンフレットです。入試情報については、近畿大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを細かく分かりやすくまとめてくれており、過去のデータから倍率や合格最低点なども載っている可能性があるので、かなり貴重と言える可能性があるのです。学生生活の情報については、近畿大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動しているのか?卒業したらどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?といった情報について、学部学科別に詳しく紹介されていると思います。この資料を読めば、自分が近畿大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすいですし、今まで気付いていなかった近畿大学の魅力などを発見できるということもあるでしょう。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「近畿大学」と入れて検索をすると「パンフを請求する」というリンクがあるので、そこをクリックすると必要事項を記入するページがありますから、そこに氏名や住所を入力っして送信すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事