リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

久留米大学の偏差値や難易度、倍率は?ボーダーラインや合格最低点はどうか?

【スポンサードリンク】

九州の有名な私立大学というと福岡大学西南学院大学がありますけど、そういった大学ほどの知名度ではないかもしれませんが、比較的規模が大きいのが久留米大学です。久留米大学は学部の数が多いですし、医学部があるというのが存在として大きいです。そのため、福岡県に住んでいる人の中には久留米大学を目指す人も多いのではないか?と思います。久留米大学の偏差値に関しては医学部が抜けていますけど、それ以外の学部の偏差値を見ると、文系学部に関してはあまり差はないです。文学部、法学部、経済学部、商学部がありますが、河合塾の偏差値では40弱くらいなのかな?という感じです。したがって、偏差値は高くはないですから、入りやすい大学と言える可能性もあります。久留米大学の学部ごとの難易度はほとんど変わらないと思うので、入りやすい学部とかもないかもしれません。久留米大学の文系学部の文学部、法学部、経済学部、商学部の中で入りやすい学部は偏差値を基準にするとないと思います。久留米大学の倍率などを見るとまた違うかもしれませんけど。学部ごとの難易度はどの学部を受験するか?決めるときには重要なので、久留米大学に入りたいと思っている人はまずは大学のレベルを知っておくと良いと思います。久留米大学のレベルは福岡大学西南学院大学と比べると下がるものの、人気の大学の1つだと思うので、詳しく調べておいてほしいと思います。

 

久留米大学の偏差値に関してはこういった感じです。医学部は明らかに高いですし、人間健康学部もそこそこ高いですが、文系学部はどの学部も相対的に久留米大学では入りやすい学部と言えると思います。久留米大学のセンター利用入試を受けるということもできますけど、そのときのボーダーラインの得点率を知っておきましょう。久留米大学のセンター利用のボーダーラインは何割か?というと、学部によって違います。文系学部から見ていきますけど、久留米大学のセンター利用のボーダーラインが特に低いのは法学部で40%強くらいとなっています。経済学部と商学部は50~55%くらいとなっています。法学部よりは難易度が高いです。文学部に関しては学科が複数あるので、それによってボーダーラインも変わってきます。久留米大学のセンター利用のボーダーラインの中では文学部は45~60%程度とかなり幅があるので、学科によって難易度が大きく変わるということなのです。久留米大学の文系学部の中では法学部が入りやすい学部の候補になるかもしれないのです。理系の学部はどうなっているのか?というと、人間健康学部は50~55%で、医学部は70%弱くらいとなっています。やはり学部ごとにセンター利用のボーダーラインが違うので、久留米大学に入りたい人でセンター利用入試を受ける人はこういったデータはまず知っておいてほしいと思います。

 

それ以外では久留米大学の倍率というのも気になるのではないでしょうか?久留米大学の倍率はどうなっているか?について調べてみましたが、久留米大学の一般入試は2つあって、通常の一般入試と3月入試というものがあるので、それぞれで倍率が少し違います。医学部は置いておきますが、それ以外の文系と理系の学部の一般入試(3月入試ではない方)の倍率は概ね1~2倍程度です。したがって、全体的には久留米大学の倍率は低いです。3月入試に関しても多少倍率が上がるくらいで、そこまで大きくは変わらない印象です。ちなみに医学部の倍率はどうなっているのか?というと、医学部の倍率は10倍程度となっています。だから、やはり久留米大学の倍率の中でもかなり別格ということで、難易度は高いです。久留米大学の偏差値を見るよりも倍率を見た方が医学部のレベルの高さが実感できるかもしれません。久留米大学に受かりたい人はこういった学部ごとの倍率はチェックしておいてほしいと思います。3月入試を受ける人はそちらの倍率もホームページなどでチェックしておくと良いと思いますが、一般入試の方とそこまでは変わらないと思います。久留米大学に受かりたい人は他には合格最低点の情報も必要でしょうか?合格最低点に関してはパスナビ(久留米大学/合格最低点|大学受験パスナビ:旺文社)などのサイトに載っているので、それを見てチェックすると良いと思います。久留米大学の合格最低点を見ながら、過去問を解いて入試対策をするという人もいると思いますから。久留米大学に受かるにはこういった情報も貴重です。久留米大学に入りたい人は多くいますから、情報は必要です。

 

久留米大学の難易度は高いわけではないですけど、簡単に受かるレベルの大学ではないということで、そこは理解しておかないといけないでしょう。久留米大学に入りたい人はまずは偏差値について知っておいて、そのうえで学部ごとの倍率などをチェックして、受験する学部を決めないといけません。センター利用入試と一般入試のどっちを受験するか?両方受験するか?ということも決めないといけませんが、久留米大学のセンター利用のボーダーラインもそうですし、一般入試の偏差値なども見ておきましょう。久留米大学に受かるには基礎的な学力をつけることが重要だと思います。久留米大学の偏差値からすると難しい勉強は必要はないと思うので、併願する大学がもっとレベルが高い場合にはさらに難しい勉強も必要になるわけですが、久留米大学を受けるための勉強という意味では、難しい対策ではなくて、基礎的な反復練習が重要です。難しい勉強も久留米大学の対策にはならないわけではないので間違っているわけではありませんが。そして、過去問が売っているならば過去問をひたすら解いて、出題形式やレベルに慣れるということも必要です。そういった努力をしていけば久留米大学に受かるために必要な学力はついていくでしょう。

 

久留米大学の過去問を解くときには先ほどの合格最低点を見ながら取り組んでほしいと思います。合格最低点は必ずしもその点数をとれば受かるとは言い切れません。科目によっては素点を得点調整によって変化させたりしている場合もあるので、久留米大学の合格最低点はそのままの点数を鵜呑みにしないで、できるだけ高い点数をとっていくようにしましょう。久留米大学に受かるにはそこまで難しいというわけではありませんけど、油断ができるわけではありません。福岡県内では有名な大学ですし、受験者もそれなりに多いので。久留米大学の倍率はそこまで高いわけでもないので、一見すると簡単そうに見えますけど、全員が入れるようにはなっていませんから、久留米大学を受験する人は、第何志望であっても、必要な対策をして受験しましょう。滑り止めで受ける人は過去問までやらなくても良いかもしれませんが、過去問がもし売っていれば出題傾向や問題のレベルを調べる意味でも、取り組んでほしいと思います。

 

久留米大学に入りたいと思っている人、興味を持っている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておきましょう。ここで請求できる資料は久留米大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっています。入試情報に関しては、久留米大学の学部別、入試方式別に必要な科目、配点、募集人数、日程などが分かりやすく細かくまとめられていると思うので、久留米大学の入試制度に関してかなり理解が進むと思います。そして、過去のデータから久留米大学の倍率や合格最低点などの情報も載っている可能性があるので、かなり貴重な資料と言えると思います。学生生活に関しては、久留米大学の学生が普段どんな授業を受けているのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で行っているのか?卒業したらどういう進路を歩んでいるのか?といった情報を学部学科別に紹介しているのではないか?と思います。こういった情報を見れば、自分が久留米大学に入学したときの姿が想像しやすくなり、今まで知らなかった久留米大学の魅力に気付ける可能性があるでしょうから、4年間を久留米大学でどう過ごすのか?についての期待も生まれやすくなると思います。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「久留米大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」のリンクをクリックすると住所や氏名を記入するページが出てくるので、そこに入力をして送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

 

あわせて読みたい記事