リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

会社説明会で満席なら電話で参加したい、行きたいと言おう!時間帯やタイミングなどかけ方に注意だが

【スポンサードリンク】

会社説明会で満席になっているときにはキャンセル待ちをするという方法もありますが、それで参加できるか?どうかは分かりません。そういったときには別の方法で参加したいということを会社に申し出るということも有効になります。会社説明会で満席になっているときには問い合わせのメールを送るという方法も1つあるかもしれませんが、電話で直接会社に参加したいということを話すと有効と言えるでしょう。会社説明会で満席のときには問い合わせのメールをして参加が認められるということもありますけど、メールよりは電話の方がメリットが多い可能性があるのです。したがって、会社説明会で満席になっているときには電話でお願いをするというのがポイントになると思います。実は満席になっているときに会社に参加したいということを直接話すと、承認されることがあるのです。参加したいという熱意を会社に伝えることで、参加できるということが割とあるということで、成功例が結構あるのです。だから、ダメ元のつもりでどうしても会社説明会で満席のときに行きたいというのであれば、電話をかけてみましょう。

 

企業側の気持ちになってみると分かりやすいと思いますけど、そういったときには快くOKしてしまうことがあります。なぜならば、どうせ当日に予約した人たち全員がくるわけないでしょ?と思うからです。恐らく事前に予約した人の7割くらいしか平均で来ないと思うので、多少予約外で参加を容認しても当日困ることは考えづらいと思うので、会社説明会で満席のときに電話で行きたいと話せば、ダメだと言われることはそんなに多くないのではないか?と思います。他のサイトには勝率5~7割くらいと書かれていたので、ダメなケースもありますけど、でも大丈夫というケースもあるので、おすすめの方法だと思います。電話をかけるタイミングなどは気をつけないといけませんが。会社説明会で満席になっているときに電話をするタイミングを間違えると、企業側の機嫌を損ねる可能性もあるので、そこは本当に慎重にならないといけないのです。というのも、企業にとって都合の悪い時間帯に電話をしてしまうと、それによってこの学生は・・・と思われて、参加を拒否される可能性があるからです。したがって、会社説明会で満席のときに電話をするならばタイミングはかなり考えないといけません。基本的には企業が忙しくない時間帯に電話をするのがベストです。忙しい時間帯や一般的に望ましくないとされている時間帯に電話をすると、評価が下がる可能性があり、会社説明会で満席になっているときに参加したいと思ってもできないことがあるため、そこはあらかじめ考えておきましょう。

 

では、一般的に会社説明会で満席のときに電話をするならばタイミングはどういうときが良いのか?というと、これはいくつかパターンがありますけど、1つは午後に電話をかけるというタイミングで、昼休み以降から夕方くらいまでであれば、企業の人も問題なく出られると思います。13時から16時くらいまででしょうか?こういった時間帯は他の企業の人たちからの問い合わせなどがくるタイミングとしても割と普通だと思うので、企業側の仕事にも支障が出ない状況で電話でお願いができると思います。会社説明会で満席になっているときに電話のかけ方としてはこういったところに気をつけましょう。会社説明会において満席となったときにはキャンセル待ちをするというのも1つの手ではありますけど、キャンセル待ちをしても参加できなかったというときにはそれで諦めてしまう人が多いと思うのです。しかし、そこで諦めないでまだとれる手段はないのか?と探すことも重要だと思いますから、そういったところも考えておくと良いと思います。そういうときに使えるのが会社説明会において満席ならば電話で参加したいと頼み込むという方法なのです。

 

この方法の良いところは参加できる可能性があるだけではなくて、そういう手段を使うことで、人事に自分の名前を売り込める可能性があるということなのです。電話までして会社説明会に行きたいと言う熱意は伝わると思いますから、この人は相当志望度が高いのかな?と思われる可能性もあります。したがって、そういうメリットもあるのです。こういう熱意の部分が後々になって選考で効いてくる可能性もありますから、やはり会社説明会において満席のときに電話で行きたいと言うのは大きな効果を生むことが考えられます。メールで問い合わせをするのではなくて、電話でお願いをすることが熱意という意味ではポイントになるのでしょう。メールでも構わないとは思いますけど、人事の印象度合いという点においては電話の方が上だということなのです。メールで得連絡をしたからといって、会社説明会に参加できる可能性が下がるとは言えないと思います。でも、電話の方がプラスで効果もあると思うので、そういったところは覚えておくと良いと思います。ただ、すでに話したように会社説明会において満席のときは電話のかけ方が重要なので、そこは覚えておきましょう。電話をかけるタイミングについては企業の仕事に関して考慮をしないといけませんが、時間帯に気をつければ問題ないでしょう。会社説明会において満席のときには電話の時間帯に注意をして、さらに言葉遣いを丁寧に、かつ無理を言わないことなどを意識しておけば参加を認めてくれる可能性はあると思うので、こういったところを頭の中に入れて電話をすると良いと思います。会社説明会に参加できないと、その企業の選考に参加できないというところが多いと思うので、こういったところは多くの就活生が頭に入れておくべき点になると思います。会社説明会において満席のときはまずはキャンセル待ちをすると思いますけど、同じことをしている人は多くいると思うので、それでも厳しいときにはこういった手段で予約をとってみると良いと思います。必ず成功するわけではないですが、何回かやれば参加させてくれる会社があると思いますから。

 

あわせて読みたい記事