リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

JTBに就職したい人の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務や平均年収の評判は?

【スポンサードリンク】

JTBグループは旅行会社の中ではかなり有名で、規模が大きいです。JTBグループに就職したいと思っている人は多くいると思いますけど、JTBの採用の難易度はどれくらいでしょうか?大手企業であり、旅行会社というのは人気の業界でもあるので、倍率は高そうです。ただ、JTBは採用する人の数もそれなりに多いと思います。従業員数もかなり多い会社なので、JTBグループの就職の倍率はそこまで高くはないと言える可能性もあります。現実的にJTBグループの就職の倍率はどれくらいか?というと、50倍以上となっているようです。大企業の中では普通か、低い方かって感じかもしれません。一般的な基準で言えば高いと思いますけど。JTBグループの採用試験の難易度は間違いなく高いです。これだけの倍率があるわけですから。JTBグループの採用試験で気になるのは学歴や大学名の部分かな?と思います。JTBグループに就職したい人は学歴が関係あるのか?大学名は有名な方が良いのか?というのが知りたいと思うのですが、こういった部分は確実な情報は分かりません。

 

ただ、大学名や学歴が全く関係ないというのも現実的な意見とは思えないので、JTBグループでは採用において学歴や大学名は影響する可能性はあると思います。学歴フィルターがあるか?どうかは別です。学歴フィルターがなくても、学歴や大学名が関係する可能性はあるでしょうし、JTBグループの採用では学歴フィルターがある可能性もあります。それはどういう形であるのか?という部分も含めて分かりません。ただ、大手企業であっても学歴や大学名優先の採用がされているとは限りません。結果的に有名大学の学生が多く採られているという結果はあるかもしれません。でも、その結果を見て、「あ!有名大学の方が有利なんだ!」とは思ってはいけないのです。だって、有名大学の方がJTBグループを含めて、大企業を受ける学生の数が間違いなく多いはずなんです。Fランク大学の学生になると、大手企業を受けようとする人の数は減ると思います。それは自分が受けてもどうせ受からないという諦観の部分があるのかもしれませんが、有名大学の方が大企業に受かりやすいという発想は多くの学生は無意識のうちに持っていると思うのです。でも、実際その証拠があるわけではないのです。だって、受験している人数の絶対数が違う可能性があるから。

 

つまり、高学歴の学生と比べて、そうじゃない学生が大企業を受ける絶対数が少なければ、仮に高学歴の学生の方が多く採用されているデータがあったとしても、高学歴の方が採用に有利という結論はすぐには出せません。JTBグループの採用で大学名や学歴が関係するということは言えても、その関係の程度が分からないわけです。他の要素によって逆転できるくらいなのか?それとも厳しいくらいなのか?という部分でも全然違いますから。JTBグループの採用の難易度に関係する部分では学歴や大学名の問題は欠かせないのですが、JTBグループに就職したい人は大学名や学歴に関係なく受けた方が良いと思います。JTBグループの就職の倍率は高いので、何らかの方法で足きりが行われている可能性もありますけど、JTBグループの場合にはそれが学歴フィルターなのか?は分かりません、SPIやWEBテストかもしれませんし、エントリーシートかもしれないのです。でも、学生にとってはどんな方法で足きりが行われているのか?は分からないので、JTBグループの就職の難易度は分からない部分が多いので、気にしてもしょうがないということです。JTBグループに就職したい人は会社の評判は重要なので、そういったところも調べておきましょう。JTBグループの評判は就活生にとっても重要ですから。

 

JTBグループの就職の評判を調べるときには、社員の口コミが1番分かりやすいと思います。そういった口コミを見て、JTBグループの就職の評判を調べてほしいと思います。JTBグループに就職したい人は会社の状況というのを詳しく知っておいてほしいですから、JTBグループの社員の口コミからチェックしておきましょう。ここでも少しだけ紹介をしていきたいと思います。JTBの平均年収を見ると、500万円強となっているようで、思ったよりも高くないと感じられるかもしれません。JTBの平均年収というのはなかなか評価が難しいかもしれませんが、500万円前後くらいになる可能性もあり、大手企業としてはそんなに高くはないのです。消費を控えている家庭が多いと思いますが、真っ先に控えるのは娯楽であり、かつお金がかかりやすいものなのです。だから、旅行というのはその候補の筆頭になるのでしょうか?JTBグループの平均年収に関しては、JTBに就職したい人は気になるかもしれませんが、こういった感じになっているのです。そして、JTBで働いている人の口コミで気になるのは、意外と年功序列ではないということです。出した成果によって給料が決まりやすい状況になっており、若いときからでも稼げる可能性はあるが、一方で歳をとっても給料が高くならないという現象も起きます。実際、相対的に若い社員がそうじゃない社員よりも給料が高いということが、普通に起きているらしくて、それはJTBならではの評判かもしれません。この部分をどう評価するか?は人それぞれでしょうけど、それが刺激になっているとして良い評価をしている人もいるのです。

 

でも、これは捉えようによっては安定した会社じゃないという言い方もできます。年功序列じゃないってことは、結果を出せない人は給料がずっと低いままという可能性もあるのです。会社をクビになるわけではないだろうけど、成果によって給料が変動するというのは、サラリーマンは給料が安定しているという部分とは正反対の性質になるわけで、ここはJTBに就職したい人は評判として知っておくべきだと思います。働き方に関しては、仕事がきつい面もあるみたいですが、激務というほどなのか?は分かりません。ちなみに有給休暇の取得率は100%という口コミもあるので、そういったものがとりやすい職場環境なのかもしれません。でも、忙しいときには忙しい可能性はあります。JTBのような業界は忙しいときとそうじゃないときに分かれる部分もあると思います。JTBでは激務の面は絶対にあると思っていて、1年間で旅行が集中しやしい時期があるので、JTBに就職すると激務に感じるときはあると思うので、それは知っておいてほしいと思います。実際、土日で必ず休みがとれるとは限らないというJTBの社員の口コミもありますから、休みも不規則になりやすいときもあるということなのでしょう。JTBの社員の評判をチェックすると、JTBグループに就職したときの働きやすさなども分かってくるのではないでしょうか?

 

JTBグループでは忙しいときはあるので、それは他の会社も同じですし、そんなに特別な部分ではないと思いますが、やはり仕事が激務になるかもしれないということは知っておいてほしいですし、そのうえで受けてほしいと思います。JTBの採用試験の難易度は高いです。倍率もそれなりにありますし。JTBの採用試験の倍率を突破して、内定をもらえた先に理想の就労環境があるのか?という部分はかなり大切なので、JTBに就職したい人は自分でも社員の口コミなどを調べておくと良いと思います。JTBの就職の難易度に関してはやはり高いです。学歴フィルターがあるのか?どうかも分かりませんが、大学名や学歴が関係するかもしれないです。それは気にしてもしょうがないですし、就活の合否に関係する要素なんていくらでもあるのだから、他で頑張れば、他の部分で他の就活生に勝てれば良いと思えれば良いと思うのです。JTBに就職したい人は頑張ってほしいと思います。

 

就活をするときにはナビサイトを使うというのが一般的です。したがって、恐らく多くの就活生は有名なナビサイトを選んで、そこに登録をして就活をしていると思います。しかし、そういった無意識の行動があるリスクを生んでいるのです。それは有名なナビサイトというのは知名度が高いために、多くの就活生が知っています。つまり、多くの就活生が知っているので、その多くが登録をするわけです。すると、その有名なナビサイトには就活生が大量に登録し、利用することになります。実際、特定の有名なところにほとんどの就活生が集中しているという状況は起きていると思うのです。特定のナビサイトに大量の就活生が集中していると、その大量の就活生らによって膨大な量のエントリーがなされることになります。そして、そのナビサイトに求人を出している企業に膨大なエントリーが届くことになるので、自分がそのナビサイトを利用しているとなれば、そこからエントリーした企業というのは、自分以外の就活生らによる大量のエントリーが殺到している可能性があるのです。つまり、他の就活生が大勢自分がエントリーした企業を受ける可能性があるので、競争率が上がるため、倍率が高くなり、内定が取りづらくなる可能性があります。したがって、内定を取るためには知名度はそこまで高くはないが、穴場的なところ、就活生の利用者が少ないようなところも併用していった方が良いということになるのです。おすすめなのは「キミスカ 」になりますから、ここは大きなメリットを持っているナビサイトになります。キミスカというナビサイトは一般的なサイトとは違い、スカウト型のサイトになります。

 

ここは学生が企業を検索してエントリーするのではなく、企業が登録してある学生のプロフィールを検索してスカウトを送るという流れになっています。ここが特徴的と言えるのがキミスカですが、ある大きな効果をもたらすのです。従来のやり方だと、学生が興味を持った企業にエントリーして選考を受けていきますが、自分のことを気に入ってくれないと内定は取れませんけど、現実的に多くの就活生は多くの企業から不採用を受けることが多く、それは選考を通じて自分のことを気に入ってくれる可能性が低かったということになります。つまり、結果的に内定がとれる確率が低いところを多く受けてしまったということになりますが、事前に企業側が自分を気に入るか?どうか分からないので、どうしてもそういったことは起きてしまいます。しかし、スカウト型のナビサイトの場合には事前に自分のことを気に入る企業だけを受けられるのです。それはスカウトが着た時点で、少なからず自分の興味を持っているからです。数多くの登録している学生の中で自分にスカウトを送ってきたということはそういうことなのです。したがって、スカウトが着た企業を受ければ自分に興味を持っていることが確定している企業を受けられるので、内定の確率は高くなります。ここがキミスカの大きなメリットになります。

 

そして、キミスカではスカウトされた企業を受けると、一次選考や二次選考などをパスして臨めることもあるので、こういった場合には内定の確率がより高まります。スカウトはいろいろな業界から来るので、自分でも想定していなかったところからスカウトが来ることもあり、自分では気づいていない適性や魅力を企業は見出してくれているということが言えると思います。そうやって就活をする際の自分の視野が広がるという効果が期待できます。キミスカはスカウトが来るまでは特にすることはないので、それまではいつも通りに通常のナビサイトからエントリーして、選考を受けると言うことをすると良いと思います。そして、スカウトが着たときだけ対応すれば良いので、併用が可能という意味ではリスクを下げられます。実際、キミスカというナビサイトは多くの就活生は知らないと思うので、周りが利用者数が多いナビサイトからエントリーして、競争率が高い中で選考を受けている中で、自分はキミスカから競争率が低い、内定の確率が高い状態で選考を受けられるというメリットを享受できるわけですから、周りの人たちに差をつけるチャンスになります。内定が本気で欲しい人にとってはおすすめですし、無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてください。

 

 

あわせて読みたい記事