リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

エントリーシートの文字数の目安は何割?足りない、少ない場合や文字数自由のケースの考え方

【スポンサードリンク】

就活ではエントリーシートを書かないといけないのですが、文字数というのは1つ難しい部分と言えるでしょう。文字数制限がある場合は少ないと思いますけど、何文字以上とか、何文字以下という制限がある場合には、それは守らないといけないでしょう。しかし、文字数制限がない場合には、基本的にはルール上は何文字書いても良いですし、何文字でも良いということになります。エントリーシートの文字数自由というケースがほとんどではないか?と思うのですが、文字数制限があってもなくても、ある程度は埋めないといけないと思っている人が多いかと思います。文字数制限がある場合には何文字以上となっていて、かつ何文字以内となっているのではないか?と思いますけど、文字数が足りない場合や多すぎる場合には、絶対に規定の範囲に収めるようにしましょう。最低限のルールが守られていないエントリーシートはやはり採点の対象にならない可能性がありますから。文字数が足りないや多すぎる場合には、考え直さないといけないのです。そして、文字数が自由の場合には、就活は人の印象によって決まる部分があるという意味では、意味がないとしてもとりあえず埋まっているということが、好印象につながり、合否にとってプラスに作用することもあるので、エントリーシートは文字数自由でも、文字数制限があっても、用意されている欄をできるだけ埋めて、たくさん書いているアピールをした方が有効と言える場合もあるのです。だから、エントリーシートの文字数の目安は何割くらい書けば良いのか?というのが気になる人が多いと思うのです。

 

エントリーシートの文字数自由の場合でも、制限がある場合でも、基本的には9割以上は埋めた方が良いかもしれません。見た目の問題で、行が書かれていてもいなくても、最後の行の1つ前の行まで使うくらいがちょうどいいと思います。横書きだと思うのですが、全部埋めたら10行でいっぱいになるとしたら、9行目までは差し掛かりたいところなのです。文字の大きさにもよるので一概には言えませんけど、それくらい書いていれば、見た方としても、お!たくさん書いているな!と印象がよくなるかもしれないのです。そこまで必要なことではないとしても、欄を埋めるために書くことはプラスに作用する可能性もあるので、やる意味はあると思います。しかし、内容はそれなりに納得できるものを書かないといけないのです。志望動機や自己PR、それ以外の項目に置いて、欄を埋める目的で、ちょっと関係ないこと、必ずしも必要ではないことを入れるとか、表現を文字数を稼げるものを入れるとか、そういった方法はテクニックとして使用するのが良いのではないか?と思います。だから、全体としてはきちんと筋の通った、論理的なことを書かないといけませんが、細かい部分においては自分なりにアレンジして書いても良いということなのです。

 

そういう感じで、基本的にはエントリーシートの文字数の目安は9割以上というのが鉄則かな?とは思いますが、逆にシンプルに短くまとめて書いた場合、それも人事から見ると好印象になる場合もあります。というのも、言いたいことを短くまとめることって難しいのです。あれもこれも話したくなってしまう場合もありますし、なかなかできないことだと思います。でも、6割とか、7割とか中途半端な割合ではなく、全体の3~4割しか使っていないような、かなり空欄があるような書き方であっても、言いたいことがちゃんと伝わったと人事が思ったならば、それは高評価になると思います。だから、いわゆる頭の良さのような部分をアピールできるかもしれないので、そういう方法もあるということです。ん?あまり書いてないなと一瞬、人事が思っても、よくよくんで見ると、へーって感じで感心してしまうようなギャップがポイントということです。ただ、こっちは難しいです。だから、自信のある人しかおすすめしません。エントリーシートの文字数の目安は9割以上かければ普通に良い印象のものになるのではないいか?と思いますけど、別の方法もあるので、それに関してもとりあえず知っておきましょう。

 

ただ、エントリーシートは文字数が多いか?少ないか?という点よりも、まずは中身が重要というのは大前提としてあります。そこがまず第一目標にしていかないといけないのです。でも、とりあえず中身がしっかりしているという状況ならば、ちょっと蛇足のようなものをつけて、文字数を水増ししても、全体の印象としては影響は少ないでしょうし、むしろちゃんと埋めてきているという熱意のようなものを買ってくれる可能性もあるのです。だから、まずは中身ですよ。中身がしっかりしていれば、逆に文字数が少ないとしても、お!と思ってくれる可能性があるわけで、シンプルな表現になっていても中身がしっかりしてさえいれば、評価される可能性があるので、まずは中身をしっかりと考えていかないといけないのです。そのうえで中身がしっかりできたら、あとはどちらを狙うか?考えると良いと思います。文字数が少ないパターンといっぱい埋めるパターンのどちらかということです。どちらも人事に対して好印象を与えられる可能性がありますが、文字数が少ないパターンの方はちょっと難しい、難易度が高いと思うので、どちらかというと多く埋める方をおすすめします。エントリーシートの文字数は何割くらい埋めれば良いのか?については、ある意味両極端のケースが考えられるので、少ないとダメとは言えませんが、多い方が無難ということは言えるのです。文字数自由のケースが多いと思うので、基本的には自由ですけど、こういったポイントがあるということですね。

 

エントリーシートでは文字数制限がある場合もあるので、そのときにはエントリーシートの文字数が足りないとか、多すぎるという状況はまず作ってはいけないでしょう。でも、文字数自由では中途半端な文字数はあまり好ましくない気がするので、シンプルに短くまとめるか?かなりの割合を埋めるか?のどちらかがおすすめということです。文字数が少ない場合も一概に悪いとは言えないが、多くの就活生は現実的には短くシンプルにまとめてはこないと思います。とりあえず8割以上は最低埋めてくるのではないでしょうか?それが正攻法とされていますから。エントリーシートは文字数が少ないとしても良い場合もあるけど、一般的な人事は欄がほぼ埋まっている方が良いと考える人が多そうなので、そっちの方がリスクは少ないです。短くシンプルにまとめる方をどう思うか?というのは、人事に依存する場合もありますから。エントリーシートの文字数は何割が良いのか?とか、目安はどれくらいか?というのはケースバイケースや考え方で変わる部分もあります、正攻法は9割程度は埋めるというもので、かつ書いてある内容をしっかりとさせないといけないということになると思います。

 

就活をするときにはナビサイトを利用して行うことが常識になっていますが、そのナビサイトは恐らくそこまで意識することなく選んで、登録している人が多いと思います。つまり、選び方を意識することなく、有名で知名度もあって、みんなが使っていると思われるところを利用している人が多いと思うのですが、そこで1つ注意点があります。それはそういったナビサイトのリスクです。有名で知名度もあって、みんなが使っているナビサイトは当然ながら利用者が大量にいます。新卒の就活生のほぼ全員が使っているといっても良いかもしれないです。そんな大量の人たちが利用しているサイトに求人を出している企業というのは、普通に考えたら大量にエントリーが届きます。利用する就活生の数が多いということは、そのナビサイトに載っている企業にエントリーが殺到しやすくなります。すると、競争率が上がるということが言えて、倍率が高くなるのです。倍率が高くなるということはそれだけ内定が取りづらくなるということが言えます。これが有名で知名度もあって、みんなが使っているナビサイトに登録して、利用することの問題点と言えます。そういうナビサイトは求人数が多くて自分の希望に合う企業を見つけやすいなどのメリットもあるので、一切利用してはいけないわけではないが、相対的に知名度はないが、利用者数が少ない、つまり競争率が低くて倍率が上がりづらいナビサイトも使っていくことでリスクを分散していくと良いと思うのです。

 

ナビサイトの併用というのをおすすめしたいと思います。例えば、「キミスカ 」というサイトはおすすめです。このキミスカというナビサイトはちょっと変わっていて、学生に対して企業がスカウトを送るという仕組みになっています。学生が企業を検索するのではなく、企業が気になる、興味のある学生を見つけてスカウトを送り、自社を受けてみないか?と提案をするところが特徴となっています。このキミスカには大きなメリットがあります。それはスカウトがくれば、その企業はあなたにかなり関心を持っているということになるので、その時点で内定を取れる確率が相対的に高い企業を受けられると言うことが言えるのです。通常のやり方の場合には、学生が企業を検索し、選考を通じてアピールをして、自分に関心を持ってもらうように努めますが、それが叶わないと不採用ということになります。つまり、従来のやり方では結果的に関心を持ってもらえるか?どうか分からない企業を多く受けないといけないということなのです。しかし、キミスカでは企業からのスカウトが着た時点でその企業は自分に関心を持っていることが確定するので、すでに自分のことが気になっている企業を受けることができるので、かなり効率的ですし、スタート時点で自分への関心が高い企業を受けられるということは、それだけ内定の確率は上がるということになります。

 

また、スカウトはいろいろな業界から届くので、当初は自分の興味のなかった業界であっても、そういったところからスカウトが届き、いろいろな業界の会社が自分の魅力に気付いて、人材として評価してくれる可能性もあるので、就活をするうえでの出会いが増えたり、いろいろな業界に目を向けられるための視野が広がったりします。プロフィールを充実させてスカウトを待つことになりますが、絶対にスカウトがくるとは言えないものの、登録さえしてしまえばあとはスカウトを待つだけで、特にやることはありません。スカウトを待つ間はいつも通りの方法で企業を検索したり、エントリーをしたりすれば良いので、従来のナビサイトとの併用も可能です。無料会員登録をすれば誰でも利用できるので、本気で内定が欲しい人、内定を取るためのチャンスを少しでも増やしたい人は良かったら参考にしてほしいと思います。

 

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事