リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

共立女子大学の偏差値や難易度と評判は高い?倍率とボーダーラインはどうか?

【スポンサードリンク】

共立女子大学は女子大の中でも人気の大学で、女子学生が毎年多く受験しています。イメージや雰囲気としては良いものを持っているという印象の人も多いのではないでしょうか?共立女子大学のイメージや雰囲気は女子大そのものというか、女子学生が楽しそうにキャンパスライフを送っている、そんな感じです。そんな共立女子大学の偏差値はどれくらいか?というと、学部によって結構違いがあるのです。家政学部の偏差値が高く、42.5~52.5くらいあります。それ以外の学部では、文芸学部が42.5、国際学部45.0、看護学部が47.5となっています。家政学部の一部の学科に関しては日東駒専のレベルで、それ以外の学科と他の学部は大東亜帝国から日東駒専の間くらいのレベルになると思います。共立女子大学の難易度はそこまで高いわけではないですけど、簡単なレベルではないので、しっかりと認識しておきましょう。共立女子大学の難易度に関しては、やはり共立女子大学の偏差値を知っておくのが良いと思いますが、学部によって違いますし、特に家政学部に関しては難しい学科とそうじゃない学科に分かれているので、そういったところも知っておかないといけないのです。共立女子大学の偏差値を見るときには、家政学部に関しては学科まで確認しておいてほしいと思います。

 

共立女子大学で入りやすい学部は文芸学部か、家政学部の被服学科になります。この2つが共立女子大学の偏差値の中では低い方なのです。家政学部は管理栄養士学科が特に偏差値が高いのですが、逆に被服学科は偏差値が低いので、共立女子大学で入りやすい学部と言えばこういったところになります。共立女子大学に入りたい人はどの学部を受験するか?で合格の難易度が大きく変わるということを知っておいてほしいです。共立女子大学で受かりやすい学部を受けるというのも1つの手ではありますけど、それぞれで学ぶ内容が異なっており、4年間のキャンパスライフを考えるならば、それぞれの学部学科について詳しく理解したうえで受験する学部学科を決めてほしいと思います。共立女子大学で入りやすい学部というのを参考にするのは良いと思いますけどね。共立女子大学の偏差値に関してはそういった感じですけど、センター利用入試からも共立女子大学の難易度をチェックしておきましょう。ボーダーラインが特に重要なので、共立女子大学のセンター利用のボーダーラインの数字をチェックしておいてほしいと思います。共立女子大学のセンター利用のボーダーラインに関しては、文芸学部と看護学部は分かりやすいです。文系学部が65%くらいで、看護学部が70%くらいです。国際学部に関してはセンター利用入試が細分化されており、3科目と4科目が65%くらいですが、センター試験の併用方式があって、これが70%くらいとなっています。

 

そして、家政学部に関してはさらに細分化されており、学科が複数あるのでそれによっても共立女子大学のセンター利用のボーダーラインは数字が違うのですが、管理栄養士が77%、建築・デザインが74%、食物学が71%、児童と被服が65%くらいとなっています。家政学部は学科ごとに細分化されてはいますが、入試方式は細分化されていないので、理解しやすいと思います。共立女子大学の難易度になる部分ですし、共立女子大学の偏差値に比例して、ボーダーラインは高いですけど、センター利用入試でも受けられるということで、共立女子大学に入りたい人は知っておきましょう。共立女子大学の偏差値も重要ですが、こういった数字も知っておいてほしいです。共立女子大学は評判は高いと思うので、センター利用のボーダーラインも全体的にそこそこ高いです。だから、簡単には受からないと思います。共立女子大学に受かりたい人はボーダーラインも知っておいてほしいですが、共立女子大学の倍率もちゃんと確認しておいてほしいです。共立女子大学の人気の度合いが分かりますから、それで評判の良さもチェックできると思います。

 

共立女子大学の倍率については、一般入試のものになりますが、全学部日程、2月、3月と3種類ほどに分かれているようです。この中で全学部日程と2月に関しては全体的に2~3倍となっており、高くはないです。ただ、家政学部の一部の学科に関しては数字がやや高いところがあり、管理栄養士と建築・デザインに関しては5倍以上の高い倍率になっている年もあります。全学部と2月に関しては一部の例外はありますが、全体的に倍率は高くはないのです。そして、3月に関しては全体的に倍率が高いです。恐らく募集人数が多くないと思うので、それが影響しているのではないか?と思います。3月日程がない学部学科もありますが、実施される学部学科に関しては5倍前後の数字になっているケースがあり、ちょっと高い倍率が想定されるのです。したがって、3月日程に関しては共立女子大学でも難易度がちょっと高くなるということは知っておきましょう。全学部日程と2月に関しては割と普通の倍率なので、この2つで受かっておくのが理想と言えます。共立女子大学の難易度の高さはこういった数字を比較してみることでも認識できます。したがって、共立女子大学の倍率について簡単に紹介しましたが、大学のホームページに詳細が載っていると思うので、気になる人はチェックしておきましょう。

 

そして、最後になりますけど共立女子大学のキャンパスの評判に関して書いておきたいと思います。共立女子大学のキャンパスはかなり評判がいいのです。立地が相当良いみたいで、都心の真ん中です。最寄り駅は九段下、竹橋、神保町となっており、徒歩数分みたいなので、アクセスは相当良いです。飲食店などが充実していて、大学生らしいキャンパスライフを送るには最適という声があります。使える路線も多くて、いろいろなエリアへも遊びに行きやすいです。キャンパス自体は全体的に綺麗で、新しい校舎が最近建てられたみたいなので、そういった面も含めてキャンパスは綺麗みたいです。都心のエリアにキャンパスがあるというだけでも魅力的ですけど、キャンパスそれ自体もかなり綺麗という評判なので、共立女子大学の口コミからすると学生にかなり評価されています。だから、共立女子大学の評判としてキャンパスの立地は大きいと言えると思います。共立女子大学に入りたい人はオープンキャンパスとかに参加してみて、実際に通ってみるとその魅力が理解しやすいと思います。共立女子大学のイメージや雰囲気はキャンパスから作られる部分もあると思うので、今回紹介したのは一部の口コミですけど、実際に自分でもどういうところか?というのを確認してみると良いと思います。

 

共立女子大学に入りたいと思っている人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるのを知っておくと良いでしょう。ここで請求可能なのは共立女子大学の大学案内になりますが、入試情報や学生生活の情報が満載となっています。入試情報に関しては、共立女子大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを細かく分かりやすくまとめており、過去の入試結果から倍率や合格最低点なども載せてくれている可能性があります。だから、かなり貴重な資料と言えるのです。学生生活の情報に関しては、共立女子大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動をしているのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっているのか?などについて、学部学科別に詳しく紹介されていると思います。これを見れば、自分が共立女子大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?が想像しやすいですし、今まで知らなかった共立女子大学の魅力に気付けるということもあるでしょう。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「共立女子大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事