リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大阪大谷大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

【スポンサードリンク】

関西にはいろいろな大学がありますが、大阪大谷大学については知っているでしょうか?大阪大谷大学は関西ではそこそこ知名度はあると思います。関関同立産近甲龍などと比べると知名度は下がるかもしれませんが、大阪大谷大学は学部もそこそこありますし、規模もそれなりに大きいので、評判は良いと思います。大阪大谷大学は文学部、教育学部、人間社会学部、薬学部となっており、偏差値はそれほど差はありません。どの学部も同じような偏差値となっているのです。大阪大谷大学の偏差値は薬学部が40.0ですけど、それ以外の学部はほぼ42.5となっており、全体的には同じくらいの偏差値になっています。それぞれの学部で、学科や専攻に分かれているのですが、偏差値の差はないのです。そこが大阪大谷大学の特徴にもなります。大阪大谷大学は文系学部が3つあるので、文系の受験生はどの学部を受けるか?考えないといけないということになりますが、どの学部を受けるか?によって合否も変わりますから、慎重に考えないといけませんが、大阪大谷大学では偏差値の違いがほぼないので、入りやすい学部とかは難しいです。大阪大谷大学では入りやすい学部はないでしょう。

 

全体的に文系学部は偏差値が同じですし、どの学部を受けても難易度はあまり変わらないと言えます。大阪大谷大学の偏差値はどの学部も変わらないので、入りやすい学部というのはないと思いますけど、学部ごとに倍率が違えば、そこは難易度が違うということになりますし、そこで受験する学部が決められる可能性があります。もちろん、そもそも受けたい学部が決まっている人はそこで良いと思います。ただ、人によっては受験する学部が決まっていないとか、できるだけ難易度が低い学部が良いという人もいると思います。偏差値はそんなに高くはないですけど、大阪大谷大学は評判は良いと思います。関西では有名で、評判が高いと思うので、意外と難易度は高い可能性があります。したがって、大阪大谷大学に入りたい人はどの学部を受験するにしてもしっかりと対策をしていきましょう。

 

大阪大谷大学の倍率についても見ていきたいと思いますが、大阪大谷大学の倍率は前期、中期、後期がありますけど、全体的には中期や後期の方が高いです。一般入試の倍率については、傾向としては中期や後期の方が高いですが、具体的な数字は学部学科によって結構違いがあります。傾向として1番分かりやすいのは薬学部で、ここは前期、中期、後期全部2倍前後です。ほぼ同じです。それ以外の文系学部は低いと2倍前後、高いと10倍以上という感じで、あまり傾向がないです。傾向がないってことは、その年によって一気に倍率が変わる可能性があるということになります。だから、過去の倍率がどれくらいあてになるか?というと分からないです。大阪大谷大学の倍率は学部学科ごとに違いはあります。ありますが、年度が変わればどこが高い、どこが低いっていうのは変わりそうです。学部学科ごとというのもそうですけど、入試方式によっても変わると思います。前期が1番受かりやすいのではないか?と思いますけど、前期でも高い倍率の学部学科ありますから。そして、そこが来年も高いのか?というと、そうとも言えないです。大阪大谷大学の倍率は大学のホームページに載っているはずですから、詳細を知りたい人は各自でチェックしてほしいと思います。詳細を載せられるほど、傾向がまとまっているわけじゃないですし、年度によって倍率はマジでころころ変わると思いますから、倍率から難易度を測るのは意味がない気がしてきます。つまり、学部学科、入試方式ごとの大阪大谷大学の難易度は毎年変わり、正確には捉えづらいということです。

 

大阪大谷大学の倍率は高い部分が確実にあるので、これを見るとたくさんの受験生が受験しているというのが分かります。それだけ関西では大阪大谷大学の評判は良いということなのです。倍率が高いというのはそういう傾向があるのではないか?と思います。あとはセンター利用入試でも受けられるので、そのボーダーラインについて知っておきましょう。センター利用入試に関しては、大阪大谷大学のボーダーラインに傾向がありますから、詳細を書いていきたいと思います。大阪大谷大学のセンター利用のボーダーラインの得点率を紹介していきたいと思いますけど、パスナビに記載されている数字では、文学部と人間社会学部は65~70%強くらいです。教育学部は70~80%くらいです。薬学部は65%くらいです。教育学部のセンター利用のボーダーラインがちょっと高いです。したがって、大阪大谷大学ではセンター利用入試の難易度は結構高いのです。ボーダーラインはどの学部もそこそこ高いですから。センター試験の過去問で対策するときにはこのボーダーラインを頭に入れて、それを目標にして解いていきましょう。

 

大阪大谷大学のキャンパスに着いて最後に紹介していきます。キャンパスの雰囲気やイメージ、立地条件や周辺環境などに関して知っておいてほしいと思います。アクセスに関しては、近鉄長野線滝谷不動駅で、そこから徒歩10分程度となっています。したがって、割と通いやすいです。ただ、キャンパスの周辺はあまり充実していないようで、コンビニはありますけど、それ以外に遊べるような場所、買い物ができるような場所がないので、そこは知っておいてほしいです。キャンパスの中の状況については、学食は3つほどあって、そこは充実しています。ただ、昼時はかなり混むので、席を摂るのは大変みたいですが、学食が3か所もある大学はそうはないので、ここは大阪大谷大学の評判として非常に魅力的な部分になると言えます。そして、図書館に関しては特に評判が良くて、とにかく広くて蔵書がしっかりしているという口コミがあります。キャンパスの雰囲気や特徴については、オープンキャンパスなどに参加すれば分かりやすいと思いますし、自分でも大阪大谷大学のキャンパスを見学してほしいと思います。キャンパスは4年間通う場所なので、自分の中でどういった雰囲気で、どういう特徴があるのか?アクセスはどうなのか?などに関して、しっかりと調べておいてほしいと思います。

 

大阪大谷大学を受験したいと思っている人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので知っておきましょう。ここで請求できるのは大阪大谷大学の入試情報や学生生活の情報になります。入試情報については、大阪大谷大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程を細かく分かりやすくまとめており、過去の入試結果から大阪大谷大学の倍率や合格最低点の情報が載っている可能性もありますから、かなり貴重な資料と言えます。学生生活の情報に関しては、大阪大谷大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動しているのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?といったことについて、学部学科ごとに詳しく紹介されています。これを読めば、自分が大阪大谷大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった大阪大谷大学の魅力にも気付きやすくなります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「大阪大谷大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事