リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

佛教大学の偏差値や難易度と倍率は?受かりやすい学部と合格最低点、ボーダーラインなどについて

【スポンサードリンク】

京都にある佛教大学は学部の数も多いですし、非常に幅広い学問が学べる場となっています。その佛教大学においては学部ごとに難易度が違うので、そこをまずは理解しておいてほしいと思います。佛教大学の偏差値に関しては、河合塾のもので40.0~57.5くらいとかなり幅広いです。平均は50前後くらいになると思いますが、難しい学部もあるので知っておきましょう。佛教大学で偏差値が高いのは教育学部です。教育学部も全体として高いというよりは、特定の学科や専攻が難しいので、57.5を記録しているところもありますけど、50未満のところもあるので、教育学部は難易度に差があるということです。難易度に差があるのは他の学部も一緒で、全体的に佛教大学の偏差値は同じ学部でも差があるような状況になっています。したがって、そういった難易度の違いをまずは理解しておくことが重要になります。

 

佛教大学のセンター利用入試の得点率は?

それ以外の佛教大学の難易度に関しては、センター試験における佛教大学のレベルを知っておく必要があるでしょう。佛教大学のセンター利用入試に関して見ていくと、55~85%くらいがボーダーラインになっているので、やはりこちらも学部ごとの差があります。ボーダーラインが高いのは教育学部で、75~85%くらいあります。他の学部のセンター利用のボーダーラインはそれぞれで結構違っていますが、全体的に60~70%くらいは必要となっていると思います。佛教大学のセンター利用入試のボーダーラインにおいて、数字としてあまり高くないのは仏教学部、文学部、社会福祉学部です。文学部は学科によっては7割以上必要と言うケースもあるのですが、1番低いボーダーラインで55%くらいです。中国学科などがそうです。

 

そして、仏教学部と社会福祉学部も同じくらいのボーダーラインになっているのです。したがって、センター利用入試のボーダーラインを見ると、佛教大学の入りやすい学部はこういったところになると思います。文学部も一部学科に関しては、ボーダーラインが低いので、佛教大学のセンター利用のボーダーラインに関してはこういった特徴を知っておきましょう。文学部の一部学科とそれ以外の学部は概ね60~70%くらいは必要なので、ある程度の難易度はあるのですが、こういったところはセンター利用入試における入りやすい学部になると思います。佛教大学のセンター利用入試における得点率というのは毎年多少変化するはずですから、目安として覚えておいてほしいと思います。

 

佛教大学で受かりやすい学部は入試科目による?

佛教大学で入りやすい学部はやはり偏差値を見てもこういった学部になると思います。仏教学部と社会福祉学部以外はそれなりに偏差値がありますから。珍しい学部名ですけど、歴史学部というものもあり、こちらも偏差値が結構高いのです。学科によっては50を超えていますから。だから、佛教大学はこの大学ならではの学部というのもあって、非常に特徴的な部分もあるので、学部選びはいろいろと考えた方が良いと思います。佛教大学の偏差値がまずそれぞれの学部で違っていますから、その難易度を考慮して選ぶというのもありますし、後は学部学科ごとの違いをきちんと調べて、興味が惹かれるところを選ぶというのも重要でしょう。入学後に学ぶ内容というのも学生にとっては卒業をするために重要ですから。

 

佛教大学は学部ごとに偏差値の差があるので、それによって受かりやすい学部なども変わります。佛教大学に入りたい人はこういった情報について詳しく調べておくべきでしょう。佛教大学の偏差値もそうですし、学部学科ごとの入試科目などもきちんと調べておかないといけません。佛教大学の受かりやすい学部はそういった部分でも変わってくる可能性があり、人によって受かりやすい学部も変わります。入試科目が違えば、受験生によって得意な科目と苦手な科目が違うので、それぞれの受験生が受かる難易度にも差が出るので、佛教大学の特定の学部に関して、受かりやすい人とそうじゃない人が出るのです。佛教大学のレベルに限らず、入試科目といった部分で違いがあるというのはあるので、そこも考慮して佛教大学に受かりたい人は学部選びをしていくと良いと思います。あと入試方式によっても入試科目は変わってくる可能性があります。

 

佛教大学の倍率はどうなっているのか?

佛教大学の倍率はどうなっているでしょうか?佛教大学のレベルに関する部分として、倍率は重要なデータになります。佛教大学の一般入試においては、A日程とB日程が主にありますけど、A日程の方がメインの入試で募集人数も多いと思われます。そして、A日程の倍率に関しては一部の例外はありますが、全体的には2~4倍くらいとなっていることが多いので、標準的な倍率になると思います。しかし、B日程に関してはA日程と比べても倍率が高い場合が多いです。というか、学部学科によってかなり倍率が違うのです。佛教大学の倍率のうち、B日程についてはA日程と同じような数字のケースもありますけど、数十倍になっているケースもあるので、かなり難易度が高いケースがあるということになるのです。佛教大学の偏差値は高くなくても、倍率がとんでもなく高い学部学科はそれだけ難易度が高いことになりますから、佛教大学に受かりたい人はこういったところも知っておかないといけないでしょう。

 

佛教大学の一般入試の倍率はA日程とB日程で全く違っており、それぞれの傾向をきちんと把握しておかないといけないのです。佛教大学の倍率は過去の傾向として確認をしておいてほしいと思います。ただ、過去の倍率は傾向としてはあるものの、自分が受ける年度の倍率までは予想できません。少なからず倍率は変わり、佛教大学に受かるための難易度も変化することは想定しておきましょう。偏差値よりは倍率の方が変わりやすいですから。佛教大学の合格最低点などについても受験生は情報として知っておいてほしいですが、こちらも倍率と同様、その年によって数字が変わります。合格最低点の方が倍率以上に変化が大きい可能性があるのです。倍率が変われば、佛教大学の合格最低点も変わりますけど、やはり問題のレベルや傾向が変わるだけでも合格最低点は変化します。そして、合格最低点に関しても、一部の学部学科を除いて、A日程よりもB日程の方が高いです。必要な得点率は高いので、B日程は倍率が高いということも含めて、難易度が高いのです。

 

佛教大学の合格最低点はどうなっている?

佛教大学のA日程は6割前後のケースが多いですけど、B日程は7~8割くらいとなっているので、これは倍率の高さも影響していると思います。佛教大学の合格最低点は過去の点数は基本的にあまり参考になりません。その年の倍率、受験者のレベル、問題の傾向やレベルによって変化するので、不確定要素が多すぎるのです。だから、合格最低点は参考程度に調べておくことは良いと思いますけど、自分が受ける年度に過去の同じ学部学科、日程の合格最低点が当てはまるとは思わない方が良いと思います。それに合格最低点は素点じゃないケースも多いです。得点調整がされた点数が載っているならば、自分が取った点数が一致しないので、佛教大学の合格最低点はそういった感じで参考程度に考えてもらうと良いと思います。佛教大学に受かりたい人はいろいろな情報を調べて、入試に関して詳しくなっていった方が良いです。

 

佛教大学の大学案内を無料で請求することができる!

佛教大学に入りたいと思っている人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるということを知っておきましょう。ここで請求できる資料は佛教大学の大学案内になりますから、入試情報や学生生活の情報が満載となっています。入試情報に関しては、佛教大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程にを丁寧に分かりやすくまとめてくれています。また、過去の入試結果から佛教大学の倍率や合格最低点が載っている可能性もあり、相当貴重な資料と言えるのです。学生生活の情報については、佛教大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動をしているのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?などについて、学部学科別に紹介してくれていると思います。これを読むと、自分が佛教大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすいですし、今まで知らなかった佛教大学の魅力に気付ける可能性もあるので、入りたいという気持ちが余計に強くなると思うのです。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「佛教大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事