リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大学生が在宅で、ネットを使って自由に稼げるお小遣い稼ぎ

【スポンサードリンク】

f:id:denkiiruka:20141217225055j:plain

大学生になるとアルバイトをする人も増えます。アルバイトをすれば、遊びに使うお金とかは確実に稼ぐことができるでしょう。月に数万円くらいはどんなアルバイトを選んでもできると思います。ただ、アルバイトみたいなのが苦手な人は、そもそも受からない人、アルバイトしたくない!という人もいるかもしれません。アルバイトをすると、週に何回か、そして数時間はまとまって時間をとられてしまいますよね。ただ、アルバイトじゃないんだけど、お金を稼ぐ方法、しかも在宅で、できる方法があります。大学生の多くもやっているのかもしれませんけど、それはライティングになります。これはどういう仕事か?っていうと、単純にパソコンでタイピングをして文章を作るだけです。誰でもできる仕事ですよね。

 

この仕事の良いところは、雇用契約を結ぶわけではないので、参入、退出が自由なところです。やりたいときにやって、やりたくないときにはやらない。作業をする時間も自分で決められるし、作業をする量(稼ぐ金額)も自分で決められます。とにかく自由度が半端なく大きいのです。在宅でパソコンを使ってやる仕事はだいたいそうですよね。そういったサイトが今増えてきています。特にオススメしたいのは「クラウドワークス 」というサイトで、ここでもライティングの仕事が請け負うことができます。ここはタスクとプロジェクト型という2つのタイプの仕事があります。タスクというのは、単純に先着順で案件をこなしていくタイプの仕事です。プロジェクトというのは、審査があって、特定の人に仕事を任せるタイプの仕事です。

 

このクラウドワークスでオススメしたいのはプロジェクトの方です。それは単純に依頼する人の数が多いというのと、単価がこちらの方が高いということです。単価は案件によりけりですけど、例えば、400文字なら80円~100円くらいが多いかな?と思います。それを10件とか、20件とか、まとめて請け負うのがプロジェクトの方ですね。タスクの方は1件ずつになります。ただ、単価がもう少し安い印象ですね。納期というか、締め切りは相談して決めたりできるので、無理なく始められると思います。私もやってみたというか、今も定期的にやっていますけど、月に数万円はいけますね。ほとんど毎日1時間でも、継続的にやることができれば、3万円くらいは稼げると思います。時間を増やせば、もっと稼げます。この仕事は単純にかける時間(こなす量)によって、比例的に金額が増えていくので、そこがアルバイトと違うところですね。アルバイトは働く時間と稼げる金額がだいたい決まってしまっていますけど、この仕事はかける時間を増やせば、無制限に稼げる金額も増えていきます。

 

プロジェクトの仕事は一応審査制なのですが、そんなに厳しいわけではありません。断られることもありますけど、何人もメッセージを送っていくと、任せてくれますよ。クラ独活ワークスの良いところは、仕事をこなしていくと、その実績と評価が自分のマイページに加算されていって、そこから新たな依頼が向こうからくることがあります。本当にフリーランスやライターになった気分で仕事ができるので、多くの人にオススメです。大学生の方は普通にアルバイトをしても良いんですけど、そうじゃなくてこういったお金の稼ぎ方もできます。家にいるときにはいつでもできます。朝学校に行く前、夜寝る前とか、後はパソコンを持ち込めば、大学の中でもできますからね。最近はこうした働き方をする人も増えていますけど、それを大学生のうちからアルバイト感覚で体感できると思います。

 

ちなみにタスクタイプで1件ずつコツコツやっていきたいのであれば「 ランサーズ 」の方がオススメですかね?タスクタイプであれば、こちらの方が私が体感してみた感じでは、良い印象ですね。案件の数が多いのと単価も幅広いです。400円で50円以下と凄い安いのもあれば、120円以上などのかなり高いものまで、依頼してくる人によりけりですね。ここは本当に仕事が毎日どんどん追加されていくので、選び放題です。好きなものだけを選んでやればOKです。書きやすいテーマのやるだけとか、単価の高いものだけとか、その人によって本当に好きなものだけを選べばOKです!クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトの誕生により、会社に雇われないで働くための敷居が低くなりました。学生のアルバイトも同様で、自分の都合のいいように働けてお金が稼げる環境が整ってきたと思います。

 

 

あわせて読みたい記事