リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活はリクナビ以外ではどこが良い?リクナビとマイナビならどっち?

【スポンサードリンク】

就職活動を始めると同時に、多くの学生はリクナビマイナビに登録をしますよね。それらを使わないと就活ができないというわけではありません。ただ、便利なサイトであるため、利用しているという人が多いですからね。リクナビマイナビといったサイトを使うのは、もはや就活生の常識となっているような気もします。ただ、リクナビマイナビは競合するというか、多くの就活生が利用するだけに、説明会の予約も殺到しやすいですし、予約が取れずに満席になりやすくなる可能性も高くなりますし、面接などに進んでも倍率が上がりやすくなるということもありますから、リクナビマイナビを使っていることで欠点がないわけではないのです。リクナビマイナビを使うのは構いませんが、完全無欠のナビサイトではないということは知っておいてください。これらを使わないという方法もありです。別のナビサイトを使えば、それだけ競合も少なくなる。つまり、利用している学生の数が少ないので、それだけサイト内に載っている企業への応募も減りますから、倍率が低くなります。ただ、載っている企業の数がやはりリクナビマイナビなどの大手サイトと比べると少ないでしょうけどね。

 

リクナビマイナビは有名ですし、載っている企業の数も多いですし、だから、メリットも大きいです。両方使った方が良いのか?どちらかだけで良いのか?というのも気になるかもしれません。使うのであれば、両方使っても構わないと思います。2つとも利用することで起きる問題があるとすれば、管理が面倒ということくらいでしょう。つまり、両方定期的にチェックしないといけないですし、それぞれでどこにエントリーしたとか?どの企業の説明会に予約したとか、そういった部分も考えていかないといけないのです。だから、非常に大変です。利用しているサイトが1個だけならばそうでもないですけどね。ちなみに私は3つ使ってました。リクナビマイナビ、エンジャパンです。ただ、メインはリクナビで、ほとんどここからエントリーしていましたけど。実際、2つ、3つ使っても構いませんけど、リクナビだけでも相当カバーできるはずです。リクナビが就活用のナビサイトの中では1番知名度も高く、掲載企業数も多いと思われます。私が数年前に使ったときに、特に使いやすかったのがリクナビでした。

 

ブックマーク数とかも見られるんです。ブックマーク数が多ければ多いほど、多くの学生がその企業に興味を持っているということであり、その企業はエントリーが多くなりやすいため、倍率も上がりやすくなるだろうという目安になるわけです。大手企業ほどブックマーク数は多かったですね。今もその機能があるのか?は分かりませんが、リクナビはいろいろと便利な面もありました。そういった理由で、私はリクナビをメインに使っていて、ほとんどがリクナビからエントリーしていたと思います。今、私が就職活動をするのであれば、リクナビだけ使いますかね?他はあまり使う気になれないですね。マイナビやエンジャパンしか載っていない企業もあると思うのですが、リクナビだけ使っていれば問題は起きないと思います。どうしても最初から狙っている企業があって、それがリクナビ以外からじゃないとエントリーできないという場合にだけ、それ以外のサイトも使うと良いのではないでしょうか?

 

後はリクナビも含めて、ナビサイトからエントリーできない企業もあります。いわゆるコーポレートサイトというのでしょうか?そういったサイトを通じてじゃないとエントリーできない企業もあるので、ナビサイトを使って検索しても見つからない場合には、企業のホームページに行って、採用情報のページに行くと、新卒用のエントリーページがあると思いますので、それを見てください。あとはハローワークを使うという手もありますが、私はハローワークに関しては使ったことないので、詳しくは分かりません。新卒応援ハローワークといったものもありますし、新卒用のハローワークもあります。ハローワーク自体、どうも新卒の人が利用しない、すべきじゃない、したらおかしいみたいな風潮があるかもしれませんが、常見陽平さんという就職活動に詳しい方は、ハローワークを結構進めてましたね。新卒の多くが使っていないというだけでも穴場感はあります。みんなと同じやり方をしていてもダメな場合がありますから。仕事だって同じです。他社と差別化する。他がやらないようなことに需要を見つけてやるわけですから。だから、案外使える面もあるかもしれません。

 

ただ、ハローワークだからといって、そこに載っている求人が全部信頼できる企業のものか?というと、そういう保証はないと思うので、信用しすぎないようにしましょう。一応、国が運営しているものですが、求人のチェックにも限界があるので。日本で1番採用のための求人を扱っているところじゃないか?と思います。そして、職員の人数も限られていますから、そのへんの事情は理解しておきましょう。リクナビを使うのがとりあえず中心になるでしょう。そういったナビサイトを使わない方法もありますが、誰でもできるわけじゃないし、思いつくわけじゃないので、とりあえずはリクナビを使っても構わないと思います。そして、状況に合わせてそれ以外のサイトも使っていくようにしましょう。そんな感じで今後就職活動を続けていけば良いのではないでしょうか?それでは大変だとは思いますが、頑張っていってください。

 

あわせて読みたい記事