読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

面接官の意地悪な質問の意図はストレス耐性?答え方が難しい!アホな質問への対応は?

就職活動 公務員試験
【スポンサードリンク】

就活や公務員試験の面接では面接官がたまに意地悪な質問をすることもあるようですね。どういうのが意地悪な質問なのか?というのも定義づけが難しいですけど、受けている側がそのように感じる質問がそれに当たるのでしょう。面接官も意図して意地悪な質問をしているのか?会話の流れ上、そういうことを聞かざるを得なくなったのか?を見分けられた方が本来は良いと思うんですよね。いわゆる圧迫面接だって、圧迫面接をする意図がなくても、きついことを言ってしまって、受けている側には圧迫面接にとられてしまったということがあるかもしれませんから。だから、そこは面接官としても注意をすべきポイントかもしれませんが、仮に意図して面接官が意地悪な質問をしていたら、それはいわゆる圧迫面接にあたる可能性が高いと思います。そして、圧迫面接の意図は、言われているところではストレス耐性とされているので、面接官がストレス耐性を見極めるために、そういう質問をしていても不思議ではないのでしょう。

 

意地悪な質問をする面接官の意図として考えられるのは、やはりストレス耐性が大きいと思いますよ。圧迫面接も今はバリエーション豊かになっているみたいで、単純に面接官が意地悪な質問をするだけではないようなケースもあるみたいですし、面接官がする意地悪な質問には、怒ってはダメ、反論してはダメ、冷静に対応をするというマニュアルが言われ続けていますが、そのマニュアルが通用しない事態もありえます。というのも、私が見た例では、面接を受けたある人が圧迫面接を受けたと感じたらしいのですが、その人はついカッとなったのか?分かりませんけど、面接官に反論をしたらしいです。その結果、その面接は受かったみたいなので、これが圧迫面接として行われていたのか?は分からないですけど、面接官のきつい言い方に対しては、反論をしても良いケースがあるってことなんでしょうね。マニュアル一辺倒で対応しても圧迫面接は乗り切れない時代が来たのかもしれません。実際、企業としても圧迫面接のマニュアルが出回っていることは分かっているでしょうから、マニュアル通りの対応をされるとストレス耐性とか見られませんから、やっぱり少しはやり方を変えていて、対応の仕方を変えないと受からないケースもあるかもしれません。

 

面接官が意地悪な質問をする意図はストレス耐性が大きいとは思いますから、基本的に罵倒系のことを言われたら、反論しないで冷静に考えた方が良いかもしれない。ただ、冷静に考えてやっぱりこっちは悪くないと思ったら、少しは反論をしてみるのも手かもしれないです。それで受かるとは言いませんが、従来の圧迫面接への対応では間に合わないケースが増えてきていると思うので、ケースバイケースで非を認めるか、反論するか?を選んでいく必要性もありそうなのです。面接ではストレス耐性の答え方などをや質問例がマニュアルとしてありますが、それは直接聞いてくるのではなくて、圧迫面接という形で見てくることもあるので、面接におけるストレス耐性の答え方は、この場合には対応の仕方で表現をしないといけないのでしょう。そして、面接官がするのは意地悪な質問だけではないです。もっと違う種類の質問をしてくることがあります。

 

それは面接官によるアホな質問と呼ばれているものです。その質問がアホと感じるか?どうかは人それぞれですが、たまにこれ聞いて何の意味があるの?という質問があるのではないでしょうか?例えば、血液型は?とかでしょうか。こんなものはウソをついてもなかなかバレないから嘘をつく人もいそうですけどね。圧迫系ではなく、質問の意図がよく分からないようなもの、これを聞いて何の意味があるの?と思えるような質問の場合には、こちらは反論しない方が良いと思うんですよね。こっちはストレス耐性とは関係ないと思いますけど、面接官側からすればアホな質問ではないが、面接を受けている側からすれば面接官の聞いていることがアホな質問に思えてくるものは、向こうの意図が必ずあると思うんですよ。それを受けているほうには教えてくれないでしょうけど、その意図がある点を理解して、あまり疑問に思わないで答えた方が身のために思えてきます。受けている側には答えない権利もあるので、ノーコメントでも良いわけですよ。採用されたいなら、そういう質問にも一応答えた方が良いが、納得いかないならば答えないという手もあります。でも、その面接を落ちる覚悟じゃないと厳しいでしょうけど。面接官からすればアホな質問にも思えるようなことでも意図があるのでしょうから、そこも尊重してあげた方が良いかもしれないです。意図を聞いたら、あ!なるほど!と思うかもしれないし、いやいや、それは聞く意味ないでしょ!と思うかもしれませんけど。面接官の意地悪な質問と思われるものはストレス耐性の意図が高い気もしますけど、面接を受ける側から見た場合の面接官のアホな質問とも思えるものは向こうの意図を理解してやる、尊重してやる気持ちが必要かもしれないのです。

 

あわせて読みたい記事