リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

船橋市の公務員試験の難易度は?行政Aは筆記や面接の倍率が低い?行政Bは人物重視か?

【スポンサードリンク】

船橋市の公務員試験はチャンスが大きいというか、独特の特徴がある自治体なので、ちょっと事前に調べておいた方が良いこともありますね。船橋市の公務員試験では、行政職はAとBがあります。AとBの違いは何か?ていうと、あまり差はないのです。強いて言うならば筆記試験の科目が違うということです。何でこういう差を設けたのか?は分かりませんけど、船橋市の公務員試験では行政Aは一般的な筆記試験の科目っぽい感じで、教養試験40問、専門試験が40問です。そして、船橋市の行政Bの筆記試験の科目は?というと、教養のみで70問です。見たこと無いですよね(笑)教養のみで70問って。公務員試験では教養のみの自治体は普通にありますが、教養のみの場合には40問とかがオーソドックスな感じになっています。しかし、船橋市の公務員試験では教養のみだが70問というとんでもない筆記試験の内容になっているのです。しかも、これおかしいんですよ。船橋市の公務員試験の行政Aは教養と専門が120分ずつになっていますが、行政Bは45分です。教養70問で45分ってことは、1問に1分すらかけられないということになります。

 

普通に考えて、45分で教養試験70問って無理でしょう?だから、おかしいとは思うのですが、よく見てみると、船橋市の公務員試験の行政Bの体験談のようなものがホームページに載っているんですが、そこは「市販のSPIの問題集が役に立った」というコメントが載っています。民間企業で出題されるSPIの問題集が役立つということはそれくらいの問題のレベルということなのでしょうか?問題を易しくしてくれないと、とてもじゃないが解けないですよね。SPIレベルでも簡単とまでは言い切れませんけど。恐らくこの船橋市の公務員試験の行政Bは難易度を民間企業の就活生に合わせているのではないでしょうか?そういった人たちに受けてほしいという意図を感じます。逆に行政Aは普通に公務員試験の勉強をしている受験生用ということかもしれません。船橋市の公務員試験の難易度は普通の受験生からすると行政Bがかなり高く感じるかもしれません。でも、筆記試験以降のプロセスは同じみたいですけどね。船橋市の公務員試験は行政Bが人物重視のように見えてくるかもしれません。

 

船橋市の公務員試験の採用予定者数は行政AもBも例年同じみたいです。船橋市の公務員試験の採用予定者数はその年によっても違いますが、20~30人くらいがそれぞれで募集されています。船橋市の公務員試験の募集人数はそれなりに多い気もしますが、気になるのは船橋市の公務員試験の倍率でしょう。一次試験の筆記試験は行政Aが1.6倍、行政Bが2倍強くらいですね。船橋市の公務員試験の筆記試験の倍率は行政Bの方が高いです。しかし、二次試験以降は受験者数が分からないので、正確な倍率になりませんが、おおよそで言うと、二次試験は行政AもBも2.5倍くらいでしょうか?ちょっと高めです。そして、三次試験の倍率は行政Aが1.5倍、行政Bが2倍くらいです。これは平成27年度の試験結果になります。この時点でお分かりいただけると思いますが、船橋市の公務員試験の倍率は行政Bの方が高いです。船橋市の公務員試験の倍率は行政Aが約5倍、行政Bは焼く10倍となっています。この年はこうだったというだけであり、他の年もそうなるか?は分からないということです。船橋市の公務員試験の筆記試験の倍率はある程度把握できますが、船橋市の公務員試験の面接試験の倍率はちょっと分かりづらいです。二次試験以降は合格者数しか載っておらず、受験者数が分からないので。しかし、船橋市の公務員試験の難易度はかなり2つの間で差があるということでしょう。それは筆記試験の科目が違うということもあれば、筆記や面接の倍率が違ってきますからね。公務員試験に集中している人にとっては、多くの人は行政Aの方を受けるのではないか?と思いますけどね。

 

二次試験以降の船橋市の公務員試験の内容を書いておくと、これも記事を書いた時点での最新年度のものになりますから注意をしてほしいですけど、二次試験では集団面接と適性検査、三次試験では個人面接と身体検査が行われるようです。したがって、船橋市の試験内容では二次試験から面接があるということになりますが、そうなると船橋市の公務員試験の面接の倍率はよく分からなくなりますね。行政Aよりも行政Bの面接の倍率が高そうだなということは言えるものの、さっき言ったように具体的な数字はイマイチ分かりません。二次と三治を合わせたものが船橋市の公務員試験の面接試験の倍率になりますから。船橋市の公務員試験は難易度がイマイチ掴みづらいところもありますけど、普通に専門試験まで勉強している人は行政Aを受けた方が良いでしょう。船橋市の公務員試験は人物重視かもしれないのが行政Bになりますから。こっちの方が全体的に面接の倍率も高いと思いますので。それに教養だけで70問の筆記試験を突破できる人はそうはいないでしょう。船橋市の公務員試験の試験内容は最新年度の受験案内で必ず確認しておきましょう。船橋市の公務員試験は二次試験以降の倍率が分かりづらいので、面接の倍率が判断しかねるのが困りますが、船橋市の公務員試験の倍率は全体的には普通くらいですね。行政Aは特に低いくらいなので、チャンスは多くあるのではないでしょうか?船橋市を受験する可能性があるという方は職員採用試験についてしっかり調べてから、受験をしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事