リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

川口市の大卒程度の公務員試験の難易度はどうか?試験内容と筆記と面接の倍率について

【スポンサードリンク】

埼玉県の川口市の公務員試験は年に何回も実施されているようですが、その中でも大卒程度の事務の公務員試験は年1回みたいです。この川口市の公務員試験の難易度はどれくらいなのか?というと、そんなに高い感じではないと思います。川口市の平成27年度の大卒程度の事務職の採用試験を見ると、全体の倍率が5~6倍って感じです。あと、これ本当なのか?疑ってしまうくらいなのですが、内定者の数が異様に多いです。平成27年度の川口市の公務員試験では大卒程度の事務職は82人が内定となっています。これだけ内定者が多いため、全体の倍率が低くなっているのでしょう。川口市の公務員試験の難易度はこの点からも高くないと言えるのではないでしょうか?他の年度も同様の結果になっているとは限りませんし、この傾向がどうなるか?今後も同じように多く採用するのか?は分かりませんが、川口市の公務員試験の特徴の1つと言えるかもしれません。

 

川口市の公務員試験の倍率はすでに示したように低いものですが、正確な数字ではないのです。というのも、内定者は82人ですけど、受験者数が分からないからです。申込者数は477人と書かれているものの、実際の受験者数はもっと少ないですよね。そうなると、全体の倍率はもっと低くなるのが妥当ということになります。だから、川口市の公務員試験の難易度は見た目の数字よりもさらに簡単ということが言えると思います。実質の倍率は5倍くらいかもしれないですね。この川口市の大卒程度の事務職の公務員試験では一次試験は先ほど言ったように477人が申し込みをしていますが、受験者数が分からないのです。一次試験の合格者数は153人なので、最高でも3倍くらいです。実際は3倍弱くらいになると思いますけど。そうなると、川口市の公務員試験の筆記試験の難易度はそれほど高くないと言えそうです。問題のレベルにもよりますけど、川口市の筆記試験のボーダーもこの倍率ならば高くはないでしょう。川口市の公務員試の筆記の倍率は2倍台後半が現実的なところではないでしょうか?川口市の公務員試験の筆記のボーダーは読めませんが、難しいと思えるほど高くはないと思います。簡単に受かるとも言えませんけどね。でも、川口市の公務員試験の筆記試験はきちんと勉強をすれば突破できる可能性は高いと思います。

 

川口市の公務員試験の倍率は筆記試験はそれほど高くないと言えますから、ここは通過できる可能性がそれなりに高いです。そして、この153人の一次試験合格者のうち、二次試験を受験したのは137人です。結構多くが受けているということになりますが、合格者は先ほど言ったように82人です。したがって、川口市の二次試験の倍率は2倍もありません。1.7倍とかなんでしょうかね?川口市の公務員試験の二次試験の倍率は結構低いです。そして、トータルが5倍くらいなのでは?ということになります。この内定者数82人というのは最終合格者と同数か?どうかは分かりません。どのくらいの人数が最終合格したのか?によって、最終的な倍率も二次試験の倍率も変わってきます。だから、あまり正確なことは言えませんけど、川口市の公務員試験の面接などの倍率は2倍はないのは確かではないでしょうか?この年だけということはないと思うんですけど、平成27年度の川口市の職員採用試験の大卒程度の事務職では、比較的に二次試験の面接などの倍率も高くはありません。それでは、川口市の公務員試験の内容について見ていきましょう。川口市の公務員試験の試験内容はというと、一次試験が筆記試験になります。川口市の公務員試験では教養のみです。だから、対策は負担が少ないかもしれません。しかし、川口市では一次試験から口述試験があります。つまり、面接試験があるということです。これは珍しいです。一次試験から筆記試験とともに面接試験があるというのも1つの特徴と言えるのではないでしょうか?

 

川口市の公務員試験では人物重視とまで言えるか?分かりませんけど、一次試験ですでに面接が実施されるかもしれないというのは覚えておきましょう。そして、川口市の公務員試験の二次試験は個人面接、小論文、適性検査です。もちろん、二次試験でも面接はありますけど、小論文もあるので、ここでも対策が必要になります。川口市の公務員試験の試験内容はこういった感じですが、やはり特徴的なのは一次試験から面接があるということでしょうか?そうなると、一次試験は川口市の場合には筆記試験と面接を合わせての倍率になるので、微妙な数字ですね。筆記としては低いが、面接としては高いですから。そうなると、川口市の公務員試験の難易度も高いと言える要素が1つ見つかります。川口市の公務員試験では面接の倍率は二次試験だけならば一応出せますが、一次試験まで含めるとちょっと難しくなります。川口市の面接の倍率はそういう意味では正確には出せませんが、筆記と面接の配点次第で一次試験を突破する難易度も変わってきますから、注意したいところです。そして、川口市の筆記試験の倍率は二次で小論文がありますけど、教養のみの一次試験の筆記は高くないので、ボーダーを越えることはそんなに難しくはないのではないでしょうか?川口市の公務員試験の難易度は全体的には人物重視とも言えるような、言えないような微妙なところでしょう。筆記の対策も面接の対策もしっかりとやっておいてほしいと思います。川口市の公務員試験に受かるには筆記対策から面接対策までバランスよくやってほしいと思うのです。川口市の公務員試験に受かるには自分で最新の受験案内を見ておいてください。紹介した川口市の試験内容は時間が経てば過去のものになるので、最新のものではなくなってしまいますから。

 

あわせて読みたい記事