リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

尾道市の公務員試験の難易度は筆記も面接も倍率が高い!筆記対策をして高いボーダーに備えよう

【スポンサードリンク】

広島県尾道市の公務員試験は毎年わずかながら募集がされており、奥の受験生が受験をしています。尾道市の公務員試験は採用予定者数が少ないものの、そのわずかな席を求めて、多くの人たちが尾道市で働きたいと思って受験をしにきているのです。尾道市の公務員試験の採用予定者数は年度にもよりますが、平成28年度は5人でした。かなり狭き門になりそうな数字ですけど、この中になんとかもぐりこんでやろうと思っている受験生が多くいるので、彼らに勝っていかないといけないのです。この募集人数の少なさから言うと、尾道市の公務員試験の難易度は高そうな気がしますので、結構大変な試験になりそうです。尾道市の難易度はそういった部分を踏まえていうと、結構高いですよ。募集人数が少ないので、倍率も上がりやすくなりますし。尾道市の過去の倍率を見ると、やっぱり募集人数の関係でかなり高くなっています。平成28年度の尾道市の倍率を見ると144人受験して、5人が最終合格なので、倍率は30倍近くあることになります。ここまで倍率が高いと年によって変動分も大きい可能性がありますが、どっちにしろ尾道市の場合には大量に職員を募集するということはないと思うので、これくらいの採用予定者数が続いて、倍率もこれくらいになる可能性もあります。

 

尾道市の公務員試験の倍率は相当高いと思いますが、この倍率を乗り越えないと尾道市の公務員にはなれません。尾道市の一次試験の倍率を見ると、上級事務になりますが、144人が受けて30人が合格なので、5倍近くになります。一般的な筆記試験の倍率からすると高いです。尾道市では筆記試験の倍率も高いということは明らかに絞っていますよね。筆記重視ではないけど、筆記試験も十分大変だということです。5人中1人くらいしか受からないので、尾道市の公務員試験は難易度はやはり高いです。尾道市の筆記試験は倍率が結構高いですけど、面接試験の方はそうでもないのかな?という感じもします。この年の尾道市の公務員試験の二次試験の倍率は28人が受けて14人が合格していますから、2倍です。そして、三次試験は12人が受けて5人が合格ですね。こちらも2.4倍なので、2倍ちょっとです。二次試験と三次試験を合わせると、尾道市の公務員試験の倍率は約6倍近くということになります。尾道市の公務員試験の面接の倍率は高いですが、2回選考を経ているとうことを踏まえると、こんなものかな?という気もしています。尾道市は全体の倍率が高いだけに、筆記も面接もどちらも倍率は上がりやすいですよ。

 

尾道市の公務員試験は筆記重視でもないが、面接重視でもないという感じではないですか?筆記試験も面接試験も倍率は高いですし、尾道市の公務員試験の筆記と面接の配点が分からないので、何ともいえませんけど、人物重視も筆記重視もどっちつかずという感じになると思うんですよね。尾道市の公務員試験の難易度は非常に高いです。これはすでに過去の結果から分かると思いますけど、筆記試験からかなり気合を入れて勉強していかないといけないでしょう。尾道市の筆記試験の倍率はかなり高いですから、その後の面接もかなり難しいですけど、それ以前に筆記試験が難しいので、そこをくぐり抜けないと面接にも進めませんから、まずは尾道市に受かるには筆記対策に時間をかけていかないといけないでしょう。そして、尾道市の公務員試験の面接の倍率も高いでしょうから、筆記に受かったらこちらの対策も本格的にやらないといけません。筆記試験が始まる前からすでに面接の対策をしていけると良いと思いますけど。尾道市の筆記試験のボーダーは結構高そうです。筆記試験の倍率からすると、そこそこボーダーは高い気がするんですよね。尾道市の公務員試験は教養のみみたいですけど、ボーダーは5割~6割の間かなって感じです。尾道市の筆記試験はそこまでボーダーは高くはないと思うんですけど、尾道市の筆記対策をしっかりやらないと筆記試験に受からないので、早めに対策をしておいてください。尾道市に受かるには筆記のボーダーを越えないと、先にい進めませんから。尾道市の公務員試験の合格ラインのようなものは予測でしかないので、1点でも多くとれるようにしておいてほしいと思います。尾道市の公務員試験の試験内容についていうと、一次試験が教養試験と適性検査です。尾道市の筆記試験では基礎能力試験と書いてありますが、恐らく教養試験のことだと思うんですよね。制限時間は1時間と書いてあるので、一般的なものよりは大分短いです。そこが注意点になると思います。

 

そして、最終試験が面接でプレゼンテーション面接と個別面接になっています。今は二次、三次の区別はなくなったんですかね?先ほどの平成28年度の尾道市の採用試験の実施結果には二次試験と三次試験がありましたが、同じく平成28年度の尾道市の公務員試験の受験案内には一次試験の次が最終試験となっていますので、どうなっているのか?不明な部分もあります。そこが知りたい方は直接問い合わせるしかありませんが、年度によって尾道市の試験内容も細かいところは変わると思いますから、自分でも最新の受験案内を必ず見ておいてください。尾道市の公務員試験の難易度は高いですけど、受かるには筆記も面接もバランスよくやっていかないといけないでしょう。尾道市の公務員試験の難易度は地方公務員の中でもかなり上の方ではないか?と思いますから、ここを受けるならばそれ相応の覚悟が必要です。尾道市の公務員試験の倍率は高いですが、筆記と面接において対策をしっかりとやっておき、そのうえで試験に臨むならば、可能性は少しでも大きくなるでしょう。特に公務員試験は面接重視なので、尾道市の面接の倍率もそれなりですから、こちらは本当に頑張らないといけません。筆記試験は何とかなる可能性もありますけど、面接はそれだけ難しいですから。

 

あわせて読みたい記事