リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

船橋市の面接対策で必要な志望動機や自己PRの考え方の例は?面接の配点は高い?

【スポンサードリンク】

船橋市の公務員試験を受けていく方は志望動機を作ってく必要があります。そこでどうやって船橋市の公務員試験の志望動機を作っていくか?がポイントになりますが、参考にできる情報としては「船橋市が求める人材像|船橋市公式ホームページ」というものがあるでしょうか?ここを見ると、ある程度は船橋市の公務員試験の面接での志望動機の考え方がつかめるかもしれません。でも、ここに書いてあるのは当たり障りないことというか、他の自治体でもまず求められているであろうということが中心です。しかし、その中には「持てる力を遺憾なく発揮できる職員」という項目があります。ここは使えるんじゃないか?と個人的には思うのです。この項目に合致するような自分の力をアピールすれば、それ自体が船橋市の職員としての自己PRになるはずです。ならば、その船橋市の求める人物像に合致する自己PRを備えている時点で、船橋市の公務員として役に立てるわけですから、役に立てる以上はそれ自体が船橋市を受ける志望理由にもなります。そういった流れで考えていくと良いと思います。船橋市の面接対策はしっかりとやって、準備を念入りにやって本番で力を発揮していきましょう。

 

>私たちには、現状に満足することなく『船橋市民のために働く』ことが求められています。「ここまでやればいいか」と妥協することなく、目の前の課題に対して様々な角度からアプローチして、粘り強く最適解を求めていくことが必要です。そのためには、自身の知識・スキルを磨いていくことも大切ですし、何より、その日の気分や体調に左右されず、安定したパフォーマンスを発揮することが大切です。

 

特にここで書かれている「妥協をすることなく、目の前の課題に対して様々な角度からアプローチして、粘り強く最適解を求めていくこと」というのは、すごい漠然とした表現ではありますけど、使えるネタだと思います。大学生ならばアルバイト経験とかで使えそうな気がします。自らのアルバイト経験を船橋市の志望動機の考え方などに応用していってほしいのです。船橋市の自己PRの考え方にまずは応用してもらいたいですが、例えば私の話をすると私はスーパーでアルバイトをしていたんですけど、そのときに売り場で値引きをしてほしいといわれていて、シールを貼っていく仕事を任されました。任されたのはそれだけなので、特定の商品に値引きシールを貼っていくだけで本来は良いはずです。しかし、私は値引きシールを貼りながら、売り場に散乱している商品を整理整頓していったのです。当然、お客さんが商品を取っていくので、隙間が空いたり、商品の並びが乱れたりしていて、後から商品を買おうとするお客さんが取りづらいという状況が発生するのです。その状況を見て、私はお客さんのことを考えて、乱立している商品を整理整頓し、取りやすいように並べなおしました。そんな作業は頼まれていませんし、そんなことをしても私は何の得もないのですが、それ以降気付いたときにはそういった作業をするということもありました。頼まれてはいないが、やった方が良いだろうと思ったことなので、お客さんのためにやったということになります。

 

そういった経験がアルバイトの場合にはあるんじゃないか?と思うのです。大学生ならばアルバイトをやっている人は多いと思いますし、そういった経験の1つや2つはあるんじゃないでしょうか?そういった経験があれば、船橋市の面接での自己PRとして使えるわけです。船橋市が求める人物像に合致する部分になりますからね。したがって、この船橋市が求める人物像のポイントというのは、比較的応用しやすい部分になるのではないでしょうか?こういうヒントで船橋市の面接での自己PRの考え方をしていってほしいと思います。ヒントの1つでしかないので、別の考え方でももちろん構いません。そして、その自己PRがあるからこそ、私は船橋市の公務員として貢献ができるとなり、貢献ができるからこそ、私は船橋市の公務員を目指すんだという理由になりますから。船橋市の志望理由としてしぜんなながれになるのではないか?と思います。船橋市は面接重視という部分も少なからずあると思うので、志望動機は本当に大切です。その根底にある自己PRももちろん重要になります。

 

船橋市の公務員試験の面接での志望動機の作り方の例、そのための自己PRの作り方の例を出したに過ぎないので、他の題材などでも良いわけですが、これをやりたいから志望するとかではなくて、これができるから志望するといの言い方の方が公務員らしくて良いと思います。公務員の仕事は住民のためにやるわけで、自分がやりたいからやるわけではありません。地方公務員の傾向から言って船橋市の公務員試験の面接の配点は高いでしょう。したがって、船橋市の面接対策は真剣にやらないといけません。船橋市の面接の配点は恐らく分からないと思うのですが、高いと予想されますから、船橋市の面接対策は時間をかけて、早めに行っていきましょう。船橋市の面接対策は配点が高いことを予想して慎重に、特に船橋市の面接での自己PRと志望動機はしっかりと考えていってほしいと思います。

 
あわせて読みたい記事