読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

上智大学で入りやすい学部は文学部!?偏差値や倍率、合格最低点、ボーダーなどを公開!

大学や学部の選び方
【スポンサードリンク】

上智大学の中には多くの学部学科がありますが、1つ穴場として挙げられる学部学科があるとすれば文学部のフランス文学科と哲学科かもしれません。上智大学の文学部は名門であり、ある程度地位の高い学部になると思うのですが、学科が複数あってその中には穴場と呼べるようなところも一応存在していると思います。それが上智大学の場合には文学部のフランス文学科と哲学科なのです。上智大学文学部は英文学科やドイツ文学科が有名なのかな?と思いますが、相対的に人気がないのかもしれません。この2つの学科は上智大学の中でも偏差値的には平易な方になると思います。決して簡単な学部とは言えないものの、上智大学の中では割と受かりやすい学部になるのではないか?と思うのです。上智大学文学部フランス文学科と哲学科の偏差値は河合塾のランキング表で見ると一般入試が60.0のところにあります。これは上智大学の中でも低い方です。河合塾の偏差値60.0というのはMARCHレベルの中位くらいに位置しますから、もはやMARCHレベルの偏差値ということも言えるのかもしれません。

 

上智大学文学部の偏差値が全体的に低いわけではありません。62.5とか、65.0の学科もありますから。だけど、差があるということですよね。この2つの学科は相対的に上智大学で受かりやすい学部と言えてしまうのです。そこが上智大学での穴場の学部と言える根拠になるかと思います。偏差値が低いからといって簡単な学部になるわけではないですし、相対的な低さなので、普通に難しいことには変わりありません。それに上智大学文学部の入試はやや特殊な部分も含まれているようなので、一筋縄ではいかない可能性もあります。上智大学文学部フランス文学科と哲学科の受験科目を見ると、ともに英語、国語、選択科目となっています。フランス文学科は地歴(日本史、世界史)のみで、哲学科は数学も選択できます。これはTEAP利用型ではなくて、一般学科別の入試になりますが、哲学科の場合には60点分の別の試験があるようなんです。哲学に関する関心、思考力、表現力を問う試験を別途行うようで、3科目の入試を一次試験として行い、合格者に対してこの60点分の試験を行って、一次試験からのトータルで合格者を決めるという仕組みになっています。フランス文学科にはこういった試験はないみたいですが、文学部の別の学科でも同様の試験をやっているところはいくつかあります。

 

そうなると、ここが上智大学文学部哲学科の難易度としてはちょっと難しいところと言えるのではないか?と思います。そういう意味では、こういう特殊な試験があると上智大学では必ずしも入りやすい学部とは言いづらいかもしれませんが、偏差値が相対的に高くはないという点は上智大学文学部の難易度を表しているので、一次試験の通りやすさは相対的に高いのかもしれないです。上智大学文学部の偏差値を見るとやっぱり60.0は魅力的ですよ。最高で65.0までありますからね。そう考えると上智大学でも入りやすい学部なのかな?という感じもしてきます。あと、上智大学文学部フランス文学科と哲学科の難易度を示す指標として倍率があります。上智大学文学部の倍率は全体的にはそんなに高くはありません。英文学科の倍率5倍くらいで高いんですけど、哲学科は2.6倍です。英文学科は人気なので倍率も高くなりやすいです。そしてフランス文学科は4.1倍です。したがって、フランス文学科の倍率は標準くらいかもしれませんが、文学部哲学科の倍率は結構低くないですか?60点分の学科試験があるというのも影響しているのかもしれませんが、上智大学文学部哲学科の倍率は割と低いです。その分受かりやすい学部と言える側面もあるということです。上智大学文学部フランス文学科の方は倍率は標準くらいですね。ちなみにこれは2016年の結果です。参考程度に見ておきましょう。

 

上智大学で受かりやすい学部の1つとして文学部のフランス文学科と哲学科を挙げましたが、根拠の1つは偏差値ですね。上智大学文学部の偏差値の中でもフランス文学科と哲学科はあまり高くないので、そこがまず穴場と言える部分です。さらに倍率に関して言えば、文学部哲学科は特に低いので、今後も同じ傾向が続くとは確実には言えませんが、現状はこうなっているということです。これも根拠の1つになります。上智大学文学部の難易度としては国語に漢文が出るということや哲学科などを含めて一部の学科では学科試験が別途行われているので、そこを考慮していくべきですが、1つ受験先の候補になるかもしれません。そして、上智大学文学部フランス文学科と哲学科の合格最低点はどうなっているでしょうか?上智大学文学部の合格最低点は全体として高くない印象です。素点ではないと思うのでどこまで参考になるか?は分かりませんが、60~65%くらいが多いのかな?という印象です。しかし、中でも上智大学文学部哲学科の合格最低点は低めです。一次試験と学科試験のトータルが410点満点中の219点です。つまり、55%弱くらいですか?上智大学の合格最低点の中でも極めて低い方になると思います。ちなみに上智大学文学部フランス文学科の合格最低点は350点満点中216点なので、65%くらいでしょうか?こちらは普通という感じでしょう。

 

上智大学のボーダーラインというのは他の大学と比べてやや高い印象でもありますが、一部の学部学科はそうでもないのです。特に上智大学文学部哲学科のボーダーラインはすでに話したように5割ちょっとなので、上智大学の全体での入試のボーダーラインと比較すると低い数値になっているのかな?という気もします。上智大学文学部の他の学科の合格最低点やボーダーも見ておいてほしいですけど、上智大学の文学部という難易度からはちょっと逸れるのかもしれないです。上智大学は簡単な学部というのは本来はないですけど、強いてあげれば文学部の一部学科が候補になるかもしれないということです。あとは外国語学部の一部学科も上智大学で受かりやすい学部として挙げられることもあります。どうしても受験生から人気があまりない学科があるので、そこは穴場になりやすいのです。上智大学文学部の倍率やボーダーラインなどを確認しつつ、あとは偏差値も参考にしつつ、赤本で自分がどれくらいとれるか?を確認してみると1番分かりやすいと思います。上智大学に入りたい人はいろいろな学部を考慮して受験先を選んでほしいですが、そういったときに参考になればと思います。

 

あわせて読みたい記事