リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

キャノンの就職の倍率や難易度は?平均年収や離職率の評判は?激務で忙しい、残業が多い可能性もある

【スポンサードリンク】

デジカメやプリンターなどで有名なキャノンへ就職したい人はやはり非常に厳しいということは知っておくべきでしょう。キャノンの就職の難易度は相当高いと思われますから。倍率は178倍というデータがあるようです。キャノンは学歴や大学名が結構重要なのではないか?と思われます。私が聞いた話ですけど、キャノンは大学別で会社説明会を開催している(いた?)みたいな噂を聞いたことがあるのです。これの詳細は「露骨な学歴差別なのか キヤノンの大学別新卒説明会 - ライブドアニュース」に載っているのでチェックしてみてください。ここでも一部を引用しておきます。

 

>たとえば、11年7月28日11時の東京開催の説明会は、東大、東京外語大、横浜国立大、早大、慶大、上智大の学生限定。翌29日の東京会場は10時と11時の回が、それぞれ早大、慶大、明大、青学大、立教大、中央大の学生が対象だ。

大学名のない学生は、「事務系」とだけ記されたフリーの予約枠に応募するしかない。29日の東京会場は、13時と14時の回はフリーの枠となっているが、受付画面の画像を見たところすでに「満席」。これ以外の、指定大学別の枠はまだ余裕があるようで、フリーの枠に予約が殺到したことが分かる。

新卒の採用活動は、学生が企業のHPにアクセスして自分の名前と大学を登録、企業から学生あてに説明会の日程がメールで届く、というのが一般的。その場合、個別の大学ごとに説明会が開かれるのは決して珍しくない。いわゆる会社主催の「OB訪問会」だが、他大学の学生には日程がわからないようになっている。今回のようにすべての学生に、ほかの大学の「枠」をはっきりと見せるケースはまれだ。

画面を見たネットユーザーからは、「学歴フィルター露骨すぎるwww」「学歴差別は当たり前だが、こういう露骨なことしたらイメージダウンひどいだろ」などの声が上がっている。「なんで千葉大や筑波大がないんだ」といった自分の大学名がない学生からの不満も出ている。 その一方で、大学別に選抜することは当たり前で、「自分が対象じゃないことが分かるし、こっちのほうが親切だ」「学歴差別を隠している企業に比べたら好感を持てる」といった意見もある。

(中略)

キヤノンの担当者に聞くと、これはあくまで「説明会」であり、「選考会」ではない。定期採用は1か月ほど前にひと通り終わっているが、震災の影響で活動に支障も出た学生も多いため、夏期採用は、東北地方の学生をはじめ、「できるだけ多くの学生に参加していただきたい」という位置づけだ。

そのうえで、就職活動に苦しむ学生からの「出身校のOB・OGに話を聞く機会が欲しい」という要望を取り入れ、今回のように大学ごとの説明会を特別に開くことにした。説明会はその大学のOB・OG社員が参加するもので、枠は応募者とOB・OGが多い大学ごとに設けたという。

 

こういった公開型の学歴フィルターは珍しいですが、それをキャノンが今もやっているか?どうかは定かではありません。しかし、キャノンの就職では学歴や大学名が重要になる可能性を示唆する過去の出来事だったと言えるのではないでしょうか?ここはキャノンに就職する際の難易度を表した1つの基準になるかもしれないですね。しかし、採用担当は学歴はあまり関係ないと答えているようです。それが本心なのか?どうかは分かりませんけど。キャノンは過去にこういったニュースで話題になったことがあったのです。でも、キャノンは学歴や大学名が優れていないとダメなのか?というとそうではないようなので、あまり気にしない方が良いのかもしれないです。キャノンに就職するにはかなり高い倍率を突破しないといけないので、どっちにしろ難しいです。キャノンは就職したいと思っても難易度は相当高いと思いますけど、問題なのはキャノンに就職した人たちの評判でしょう。口コミなどを見ておいて、それから応募した方が良いと思います。キャノンに就職するときの見ておきたい評判としては年収があるでしょうか?キャノンの平均年収は高いか?というと、750~800万円くらいみたいです。世の中の平均と比べたらかなり高いですね。キャノンの平均年収は大企業ということで、それなりの金額にはなっているようです。そして、離職率はどうなっているのか?というと、これは1.7%という数字が出ています。キャノンの離職率は低いですけど、この数字をどこまで真に受けていいか?は分かりません。離職率が低いからといって良い企業、働きやすい企業か?どうかは分からないからです。

 

しかし、キャノンに就職するときには離職率のデータは重要なので、数字くらいは知っておくと良いでしょう。キャノンへの就職は倍率も高いですし、難易度もかなりあると思いますけど、評判についても細かく知っておいた方が良いですね。それ以外のキャノンの就職に関する評判では、残業が多いというのがあるみたいです。これはしょうがないでしょう。どの企業にも共通だと思います。キャノンの場合には激務までいくか?どうかは分かりませんが、忙しいというのは覚悟しておかないといけないでしょう。日本の場合には中小企業、大企業関係なく、どこも忙しいです。キャノンにおいても就職すると忙しい可能性はかなりあるということです。ただ、1つ気になるのはキャノンの就職における口コミで古い体質が維持されたままとか、新規事業が育っていないというものがあるのです。大企業で安定はしているものの、東芝とかの問題もありますから、大企業であってもうかうかしてられません。そして、言われてみればキャノンというのは一定の製品のイメージがついてしまっているのか?デジカメやプリンターあたりがかなり有名ですよね。逆に言うと、それ以外の製品のイメージが沸かない人もいるかもしれません。そこがキャノンの就職の評判での新規事業が育っていないという部分になるのではないでしょうか?キャノンに就職しても将来性がどうなのか?大丈夫なのか?という問題があるのかもしれません。

 

キャノンの就職の評判は自分でも詳しくチェックしておいてほしいと思います。平均年収が高いとか、安定しているとか、そういう良い口コミもありますけど、キャノンは将来性は大丈夫なのか?といった部分も懸念材料としてはあるかもしれません。また、キャノンに就職すると激務までいくか?どうかは分からないですけど、仕事はきついと思った方が良いでしょう。どういう部署で働くか?担当は何になるのか?にもよりますが、そこも細かく調べておくと良いと思います。でも、就職して激務になるのはキャノンだけではないのでしょうがない気もしますけどね。キャノンでは仕事は忙しいという可能性も十分ありますし、残業が多いという口コミもありますけど、社会人としてはどうしようもない部分ではないでしょうか?キャノンに就職したい人は難易度の高い選考をくぐりぬけていかないといけませんが、キャノンに就職するにはかなり難しいので、相当企業研究などをしないといけないと思います。キャノンの就職の倍率などのデータもそうですが、離職率や平均年収のデータ、そして社内の人間の評判は応募する前に確実にチェックして、問題ないと思ったらエントリーをしていくと良いのではないか?と思います。

 

あわせて読みたい記事