リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

みずほ銀行への就職の難易度や倍率は高い?激務で忙しいと評判で離職率も高い可能性がある

【スポンサードリンク】

就職活動では何かと人気の銀行ですが、やはりメガバンクには人気が集まりやすいです。有名大学の就職実績の上位にくるのもだいたいメガバンクですからね。その中でもみずほ銀行は就活生にとっても人気の企業で、ここに就職したいと思っている人は多いのではないか?と思いますが、みずほ銀行への就職の難易度は高いでしょう。普通に難しいと思います。倍率も相当高そうですし、なかなか就職するのは厳しいかもしれません。みずほ銀行に就職したい人はその難易度を知っておく必要性があるとともに、みずほ銀行の評判についてもあらかじめ知っておくと良いと思います。就職してからのことまで考えておいた方が良いと言えると思うのです。みずほ銀行の就職の倍率に関してはちょっと分かりませんが、大企業なので多くの有名大学の学生がこぞってエントリーしてくるのではないでしょうか?みずほ銀行には学歴フィルターがあるのか?は分からないですけど、あっても不思議ではない気がします。みずほ銀行では倍率などの詳細は分からないものの、学生からは人気の企業ということで、就職の難易度は極めて高いと思った方が良いです。

 

みずほ銀行の評判について調べておくと、従業員数はかなり多くて1000人を超えるみたいですが、平均年収はどれくらいか?というと、1000万円に迫る勢いのようです。みずほ銀行の平均年収は約950万円ほどとなっています。初任給などはもっと少ないですけど、勤続年数を重ねていけば、それくらいに辿り着ける可能性もあるということです。メガバンクなのだからそれくらい給料が貰えても不思議ではないかもしれません。しかし、銀行は仕事内容が本当に大変です。激務という言い方もできるかもしれませんが、人によっては別の意味で大変さを感じることもあります。みずほ銀行は仕事内容が忙しいという部分は確実に存在すると思います。そこは大前提として、多くの学生も想像しているかもしれませんが、みずほ銀行で大変なのは忙しいという部分のみではないのです。これもみずほ銀行だけの評判というわけではないですけど、精神的にきつい部分もあると言われています。それはメガバンクならではの部分もありますけど、やはり融資を打ち切るときが辛いと言われています。みずほ銀行にはそういった話は多くありそうです。お金を借りに来る会社や個人は多くいると思いますが、どうしても融資の打ち切りをしないといけないときがきます。それは銀行側の経営の問題もあるのでしょうがない話なのですが、融資を打ち切られたほうとしては、会社が倒産したり、社員が路頭に迷ったりなんてことが容易に想像できてしまうと思うのですが、そういった現場に遭遇する可能性もあります。

 

みずほ銀行では激務とか以上に、そこが辛いこととして挙げられている側面もあるのです。これは仕事なので全うしないといけないわけですけど、精神的に辛いこともあるというのは知っておくべきでしょう。これはみずほ銀行だけの評判ではなくて、銀行全般にも言えるかもしれませんが。みずほ銀行は評判として古い体質が残っていると言われているみたいなので、働きやすさで言えばどうなのか?と言える部分もありそうですが、みずほ銀行に就職すれば平均年収は高い方になると思いますから、激務や精神的に辛いことがあってもある程度バランスがとれていると言えるのかもしれません。みずほ銀行は年収がある程度高い傾向にあるので、そこは救いです。みずほ銀行以外でも忙しい会社はいくらでもありますけど、薄給でやらないといけないところもありますからね。その点、みずほ銀行は年収は高いので、全員ではないかもしれませんが、それなりに満足できる給料を貰っているということも言えると思います。しかし、みずほ銀行に就職したいと思っている人は離職率についても知っておかないといけないでしょう。みずほ銀行離職率については正確なデータはあまり見つからないかもしれませんが、2001年に入社した人たちが5年以内に6割辞めているというデータがあるみたいです。これはネットで調べたら出てきました。ちょっと古いデータなので、今もみずほ銀行離職率が高いのか?は分かりません。しかし、みずほ銀行に就職したいと思っている人はこういったところも知っておきましょう。

 

離職率が高い原因はみずほ銀行の激務や精神的に辛い面などが考えられますが、やはりギャップがあったんじゃないですかね?世間的に地位が高くて高給というイメージがあるメガバンクへの就職は憧れでもあるが、就職してみると大変さが浮き彫りになり、辞めたいと思う人が増えていく構造になっているのかもしれません。みずほ銀行への就職は倍率も高いでしょうし、難易度も高いでしょうけど、離職率などの問題もありますから、そういったところを踏まえたうえで考えないといけません。みずほ銀行に就職したことがないのですが、忙しいと思いますよ。きついと思います。みずほ銀行の激務の程度というのは正確には分からないですし、やっている仕事内容にもよると思いますけど、メガバンクや銀行というのは本当にきつい現場だという覚悟のうえで就職しないといけないかもしれません。みずほ銀行の就職の難易度や平均年収などについて調べる人は多いと思いますけど、評判についてもちゃんと調べておかないといけないでしょう。実際に働いている人はどういう考えを持っているのか?という意見は会社説明会などで聞くだけではなくて、本音を聞きださないといけないので、ネット上の口コミサイトなどを利用して調べていきましょう。

 

 就活をするときに利用するナビサイトの中にはちょっと変わった趣向のところがあり、それが「キミスカ 」になります。このキミスカというサイトは通常のナビサイトとは違い、学生が企業にエントリーする形ではなく、企業が学生をスカウトするという流れになっています。登録している学生の中から企業にとって良い人材だと思われる、そんな人をプロフィールなどから判断したうえで、スカウトを送って自分の会社を受けてもらうという形になります。こういったタイプのナビサイトは変わっていますけど、ある大きなメリットがあります。それは自分に対してすでに興味を抱いている企業を受けられるということです。多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから不採用を受けると思うのです。内定までたどり着けるのは受けた中の一部でしょう。それは自分に興味を持つか?どうかわからない中で企業を選んで受けているからです。事前に自分を欲しがる企業か?どうかわからない中で受けないといけないので、結果として興味を持たれないで不採用になることは多くあるのです。しかし、キミスカはスカウトが来たところからスタートになりますから、スカウトが来たということは少なからず自分に興味を持っているわけです。じゃないと、スカウトは送ってきませんから。

 

したがって、スカウトが来たところを受ければ、それだけすでに自分に興味を持っていることが確定している企業を受けることができるので、内定をとtれる確率はより高い状態となっている企業を受けることができるのです。ここはキミスカの大きなメリットなのです。このキミスカは従来の学生が企業を検索してエントリーするタイプのナビサイトと併用もできます。一緒に使うことも可能なので、タイプが異なるナビサイトを同時に使うことでリスクを分散できますから、内定を取れる確率も上がる可能性があるのです。あと、キミスカはスカウトが来た企業を受ければ一次選考や二次選考をパスして臨めるケースもあり、内定が取りやすい仕組みになっているのです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りません。したがって、自分がキミスカを利用すれば周りがこういったサイトを使っていない中で優位に立てる可能性もあるので、本気で内定が欲しい人、周りに差をつけたい人は無料の会員登録で利用できるので、知っておいてほしいです。スカウトは絶対に来るとは言えませんが、プロフィールを充実させるなどして確率を上げることはできますから、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事