読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

特別区の面接で一発アウトになる言ってはいけないことは?気をつけてお帰りくださいは合否に関係ある?

【スポンサードリンク】

特別区の面接においてはいろいろな注意点があるかと思います。特別区の面接の倍率は非常に低いので、受かりやすいということは言えると思いますけど、でも落ちる人もたくさんいるわけですから、軽く見ない方が良いと思います。では、特別区の面接では一発アウトになるような、NGワードみたいなことはあるのでしょうか?こういったことが気になっている人もいるようですけど、基本的にそういったものはないと思います。一発アウトみたいなすぐに見切りをつけるということは、よほどのことがない限りはありえないでしょう。特別区の面接は倍率を見る限りは受かりやすいとは言えそうですが、意外と攻略が難しいのです。というのも、いろいろな都市伝説なども言われているので、そこで萎縮してしまう人もいるのではないか?と思います。特別区の面接での都市伝説とは何か?というと、面接を終えて帰るときの面接官の一言です。「お気をつけてお帰りください」といったことを言われることがあります。というとか、結構高い確率で言われるのではないか?と思います。これが落ちるフラグなのではないか?と解釈している人がいるみたいなのです。

 

その結果、その噂は広まり、特別区の面接の都市伝説になってしまったということなのです。特別区の面接で気をつけてお帰りくださいみたいなことを言われたら、落ちるグラグなのか?というと、常識的に考えてそんなわけないだろう!と思うわけですよ。というか、それが本当に落ちるフラグだとしても、そんなことをわざわざ受験生に教える意味が分からないのです。そんなことをするメリットが分かりません。さらに言うと、そもそも面接の合否ってその場では分かるはずがないのです。点数は分かるかもしれないが、最終的な合否は全ての受験生の結果が出てからじゃないと分かりません。全ての受験生の結果を出して、点数順に並べて初めて合否が決まるわけです。したがって、面接を終えた時点では合否が判明していないはずです。よほど点数が低い場合には、面接官もこれは落ちただろうなというのは予想できるかもしれませんけど、そんなケースは滅多にないでしょう。したがって、気をつけてお帰りくださいを言われた受験生が、みんな総じて面接官が落ちたと確信できるような点数であることはないと思うので、これは本当に都市伝説だと思います。特別区の面接では気をつけてお帰りください的なことを言われても気にしない方が良いと思います。これを言われている人は結構いるみたいなので、特別区の面接で落ちる人の割合を考慮すると、さすがに多すぎないか?と思いますし、合否とは一切関係ない最後の挨拶的な言葉だと思います。

 

特別区の場合には不合格フラグみたいなのは気になる人もいるかもしれませんが、基本的にはないでしょう。そういうことを伝えるメリットが面接官や特別区の側にないと思いますから。だから、特別区では面接の不合格フラグなどはないと思って良いと思いますし、そんなことを推測しても分かりませんから。だから、気にしてもしょうがないと思うのです。特別区の面接はこういった感じで疑心暗鬼になる人が結構いると思うのです。でも、特別区の面接は倍率が低いということもあり、受かりやすい試験種の1つです。だから、言ってはいけないこととかもほとんど存在しないでしょう。受かりやすいということは落ちる割合が少ないということなので、特別区の面接は一発アウトになるようなNGワードとかもまずないと思うのです。だから、特別区の面接で一発アウトになるようなことはあるのか?というのは気になる人が多いと思いますけど、面接は特定の質問で合否が決まるわけではないので、特定の質問に対する回答が面接官の機嫌を損ねる可能性はないとは言えませんが、それだけで落ちるとは言えないでしょう。特別区の面接で一発アウトになることはまずないと思われます。面接は総合評価なので。

 

でも、特別区の面接はなぜ東京で働くのか?なぜ都庁ではなくて特別区なのか?どっちでも良いといられるような発言は言ってはいけないと思います。それは面接官の評価を下げることになると思うので。でも、気をつけるべきことがあるとすれば、その辺になると思います。特別区で働きたい人にとっては大前提と言えるようなことになりますけど、そこが揺らいでいると思われるような回答をしない限りは、特別区の面接で一発アウトというのはまずないと思います。したがって、特別区の面接で言ってはいけないことがあるとすれば、そういった内容のことになると言えると思います。特別区の面接は受かりやすいとはいえ、難しいと思うので、きちんと入念に対策をしていかないといけないと思います。特別区の面接に受かりたい人は筆記試験の合格後からでも対策は間に合うかもしれませんが、それより前から始めておいた方が良いと思いますから、できるだけ早めに準備しておいてください。特別区の面接は今は1回だけで終わりみたいですから、チャンスは少ないので、そこでいかにアピールできるか?を考えて練習をしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事