リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

金城学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

【スポンサードリンク】

愛知県にある金城学院大学は愛知県内では特に有名な女子大です。学部も多いですし、それぞれの偏差値は結構違いがあるのも特徴です。金城学院大学に入りたい人はまずは学部別に難易度を把握してほしいですけど、学部ごとに偏差値がバラバラで、同じ学部でも学科や入試方式によっても偏差値が異なっています。生活環境学部は金城学院大学でも偏差値が高いです。それでも河合塾のもので40.0~60.0と幅広いですが。60.0はセンター併用方式なので、個別の入試に限定すれば、食環境栄養が3科目が55.0で、2科目が57.5となっています。でも、生活マネジメントは3科目が40.0で、2科目が42.5なので、ここは穴場と言えるかもしれません。理系は薬学部がありますが、金城学院大学の薬学部の偏差値はセンター併用方式が45.0で、個別の入試が52.5となっています。それ以外はすべて文系学部で、生活環境学部を除くと、40.0~50.0くらいの間が多いです。これが金城学院大学の偏差値の特徴となっています。金城学院大学で入りやすい学部があるとすれば、文学部の音楽芸術でしょうか?ここは偏差値が低くて35.0となっています。あとは人間科学部のコミュニティ福祉が37.5となっているので、このあたりが金城学院大学での入りやすい学部と言えるでしょう。

 

金城学院大学の倍率に関しても知っておいてほしいと思います。金城学院大学の倍率はどうなっているのか?というと、前期が2科目と3科目に分かれていて、それとは別に後期もあります。前期に関しては全体的に2~3倍くらいなので、普通の倍率です。学部ごとに金城学院大学の倍率は違っていますけど、そんなに違いはありません。後期に関しては2~5倍くらいでしょうか?前期よりも少し高い印象です。ただ、金城学院大学の偏差値が高い生活環境学部に関しては、倍率もちょっと高くなっているので知っておきましょう。食環境栄養が特に高くて3~4倍くらいあります。したがって、やはり金城学院大学の難易度は生活環境学部が高いのです。偏差値が高いだけあって、難易度が高いということが言えます。倍率も難易度に関する情報になりますから、大学のホームページなどでしっかりとチェックしておくと良いと思います。金城学院大学に入りたい人は評判などをチェックしておいてほしいですけど、倍率がそこそこあるということで、それなりに人気があるという大学と言えます。金城学院大学の評判はこういった倍率からもチェックできます。実際の金城学院大学のイメージや雰囲気などはオープンキャンパスなどに行ってみないと分かりづらいとは思いますが。

 

そして、金城学院大学のボーダーラインについても知っておきましょう。特にセンター利用入試でのボーダーラインは受験生にとっても重要です。受験生にとってはセンター利用入試という選択肢もあるので、金城学院大学のボーダーラインを調べて、それで受かる可能性があると思えば受験をすると良いと思います。金城学院大学のセンター利用のボーダーラインは学部ごとに全く違います。偏差値と同じで学部内でも違っているので、細かく知っておきましょう。文学部は40~70%となっており、音楽芸術がやはり低いです。高いのは英語英米文化のセンタープラス方式です。これが70%くらいあります。センター単独方式だと英語英米文化が62%くらいとなっています。音楽芸術を除けばセンター単独方式は60%前後くらいです。生活環境学部は食環境栄養のセンタープラス方式が86%と非常に高いです。センター単独方式でも80%くらいなので高いです。それ以外はいずれの方式も60~65%くらいです。そして、国際情報学部のボーダーラインはグローバルスタディーズのセンタープラス方式が75%くらいで、それ以外の学科、いずれの方式も60~65%くらいとなっています。人間科学部は50~80%くらいで、コミュニティ福祉はセンタープラス方式もセンター単独方式も50%くらいで、現代子どものセンタープラス方式が80%くらいと高いです。それ以外の学科、方式は6割台前半から後半くらいとなっています。

 

薬学部はセンタープラス方式が72%、センター単独が78%くらいです。薬学部は学科が1つしかないので、分かりやすいです。こういったところが金城学院大学のセンター利用のボーダーラインです。センター試験の過去問を解けば、自分がどのくらいとれるか?分かりますから、金城学院大学の入試科目や配点についてセンター利用入試も調べて、それで受験するか?どうかを決めていきましょう。金城学院大学のセンター利用の難易度は一般入試よりも高いです。金城学院大学の偏差値にある程度比例するので、そういった部分も知っておきましょう。確率が高いのは一般入試です。募集人数も多く、倍率も上がりづらいのは一般入試なので、金城学院大学に受かりたい人は一般入試個別日程に照準を合わせていくと良いと思います。金城学院大学のイメージや雰囲気に関する情報を最後に載せていきたいと思います。金城学院大学のキャンパスの評判はどうなのか?魅力はどこなのか?特徴はどういったところにあるのか?について紹介をしていきます。金城学院大学の学生の口コミを参考にしてほしいと思います。

 

金城学院大学のキャンパスは駅から歩いて通える距離にありますけど、その途中の坂道がかなりきついという口コミがあり、これは多くが声を揃えて言っています。だから、かなりきついのでしょう。キャンパス自体は2010年くらいに新しくなって、かなり嫌いと評判です。そして、キャンパスの中にはコンビニや食堂が充実しており、さらに図書館ではDVDを視聴できるスペースもあるようです。したがって、かなり充実したキャンパスライフが送れる可能性があります。でも、キャンパスの周辺環境はあまり栄えている感じではなく、どちらかというと自然に囲まれた落ち着いた雰囲気のようです。したがって、都会を感じるようなところではなく、静かな雰囲気で勉強がしやすいというところが魅力になるかもしれません。キャンパスの周辺は遊ぶような場所はあまりないようで、ちょっと歩かないと飲食店もないようなので、あまり充実はしていないと言えるのではないでしょうか?実際の金城学院大学のキャンパスのイメージや雰囲気は見学に行ってみると分かりやすいです。金城学院大学のキャンパスの評判は学生の口コミでもチェックできますけど、それとは別にオープンキャンパスに行ってみたり、見学をしに行くと把握しやすいので、金城学院大学の評判としてキャンパスの立地条件については交通アクセス、周辺環境、キャンパス内の様子などを含めて調べておくと良いと思います。

 

金城学院大学に入りたい人、興味があるという人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので知っておいてほしいと思います。ここで請求できるのは金城学院大学の大学案内で、入試情報やキャンパスライフの情報が満載です。入試情報に関しては、金城学院大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを細かく分かりやすくまとめてくれており、過去の入試結果から金城学院大学の倍率や合格最低点なども載っている可能性がありますから、かなり貴重な資料と言えるのです。キャンパスライフに関しては、金城学院大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどういう雰囲気で活動しているのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?といった情報について、学部学科ごとに詳しく紹介されています。これを読めば自分が金城学院大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?について想像しやすく、今まで知らなかった金城学院大学の魅力に気付ける可能性もあります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「金城学院大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事