リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ニトリの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務などの評判はある?

【スポンサードリンク】

就活をしている人はニトリに就職したいと考えている人も多くいるでしょう。ニトリの就職の難易度はどうなっているのか?というのは気になるのではないか?と思います。ニトリに就職したい人は倍率が気になるかもしれませんが、ニトリの採用試験の倍率は公開されていません。したがって、ニトリの就職の難易度は難しいと思いますが、正確には表現しづらいのです。しかし、ニトリは採用者数がかなり多く、過去の実績を見ると数百名ほど1年間で採っています。ニトリは勤務地が全国にあるので、そういったところで勤務するということを踏まえると、ニトリの採用者数は多くなるのでしょう。500名くらい採用されても不思議じゃないと思います。そういったところもニトリの就職の難易度に関係してきますが、倍率がどうなっているのか?が分かりませんから、予想は難しいです。ニトリの採用者数が多いということはそれだけ就職の倍率は上がりづらいのですが、ニトリの採用試験の倍率が低いということはないでしょう。だから、難易度は高いと思っておいた方が良いと思います。大企業ですからね。

 

ニトリの就職において学歴フィルターは関係するのか?についても知っておくと良いと思います。ニトリの採用試験では学歴フィルターはあるのか?については、これは難しいです。ニトリの採用ページには過去の大学別の採用実績校が載っていますけど、有名大学しか載っていません。有名国立大学と私立大学は早慶上智、MARCH、関関同立が中心です。ただ、それ未満のランクの大学もあるので、学歴フィルターはない可能性も十分ありそうです。そこに掲載されている大学名の中には中京大学西南学院大学もあり、MARCHや関関同立未満と思われる大学も一部あります。学歴フィルターがないと断言できるわけではないものの、こういったニトリの採用実績校を見ると、ニトリの採用試験では学歴フィルターがない可能性の方が高い気はします。こういった採用実績校というのは有名大学しか載せない傾向にあるので、それ以外の大学からの採用がないとまでは言えないと思います。だから、学歴フィルターに関しては正確には言えないものの、ニトリの採用試験では学歴フィルターはない可能性も十分あるのではないか?と思います。大手企業なので、何かしらのフィルターがある可能性はありますが。でも、ニトリの採用試験で大学名や学歴が無関係とは言えないと思います。関係する可能性はあるのです。

 

ニトリの就職では学歴や大学名によって門前払いになるということはないかもしれませんが、合否の基準になっている可能性はあります。これは大手企業はどこもそうだと思いますけど、ニトリの採用試験でも大学名や学歴が関係すると思っておいた方が良いです。合否の基準というのはいろいろなものが存在していますが、その中に学歴や大学名もあるということなのです。ニトリの就職の難易度にかかわると言える部分なので、ニトリに就職したい人はそこも考慮しておくと良いと思います。ニトリの採用試験の倍率が分からないので、難易度も正確には分かりませんけど、いろいろな要素が加味されると思いますから、難しいということは言えると思うのです。ニトリに就職したい人は難易度も重要ですけど、働き始めてからのことも考えておいた方が良いです。ニトリの就職の評判に関しては重要です。実際の社員の口コミなどからニトリの評判を調べて、激務な面はあるのか?魅力はどこなのか?というのを知っておきましょう。ちなみにニトリでは離職率を公開していますが、ニトリ離職率は10%強くらいです。この数字は評価が難しいです。低くはないと思いますが。離職率に関しては公開していない会社が多い中で、公開されているだけでもかなり良心的だと思いますけどね。

 

ニトリ離職率に関してはかなり高いとは言えないかもしれないが、低くはないと思うので、ニトリの就職の評判の1つとして覚えておきましょう。ニトリの平均年収は600~700万円くらいだと思います。したがって、ニトリの平均年収については大企業だけあって高いものの、小売業という性質のため、大手企業の中では高い方とは言えない事情もあるのかもしれません。でも、社員の口コミを見る限りでは、ニトリの平均年収はそこそこでも、毎年基本給が上がるので、満足している感じの人も多いみたいです。順調に給料が上がるというのは非常に重要でしょうから、こういったところはニトリの魅力にもなると思います。あと、働き方に関してはサービス残業はほぼないという口コミもあります。定時で退勤をするという記録が残っているのに、まだ会社に残っているとそこは注意されるようです。つまり、会社全体でサービス残業をさせない体制がしっかりと構築されているようです。ここは社員のことをちゃんと考えている会社だと評価できます。サービス残業はありませんが、ニトリは激務ではないとは言えないと思うのです。小売業なので、そこら辺の事情として遅くまで勤務しないといけない人もいると思うので、場合によってはニトリでの働き方は激務になる可能性はあります。激務であってもそんなのは他の会社でも普通にありますけどね。

 

サービス残業がないという部分でかなり恵まれている感じはします。ただ、忙しい部分はニトリでもあると思いますから、そこは頭に入れておかないといけないと思います。ニトリで働くうえでは仕事が忙しいという瞬間はどういった職種でもあると思うのです。激務と言えるか?どうかはともかく、ニトリでの仕事は忙しい面もあるということで覚悟をしておいてほしいですけど、残業代がちゃんと出るならば、不満は出づらいかな?と思うので、ここはニトリの就職の評判として非常に大きいと言えると思うのです。ニトリに就職したい人は評判はそれぞれでチェックしておいてほしいと思います。ここで紹介したのは一例で、インターネットで調べればさらに出てくるでしょう。会社説明会などで聞いた話ははっきり言って当てにならないと思います。会社のことを悪く言えない状況での話というのは、会社の顔色をうかがいながらになってしまうので、ネットの情報の方がより本音に近いと思うのです。ニトリの就職の難易度は高いでしょう。大企業ですし、倍率も高いと思うのです。採用人数が多いといっても、全国の学生が受けますから、ニトリの就職の倍率は高くて、内定を取るのは難しいと思いますけど、ニトリに就職したい人は企業研究をしっかりとして、面接対策での志望動機や自己PRをちゃんと構築して、自分の良さをアピールしていくということを考えてほしいと思います。

 

就活をするときにはナビサイトという存在が重要で、これを使っている人が多くいると思いますが、ナビサイトは有名なところ以外でも実はかなりおすすめな有益なサイトがありますから知っておいてほしいです。例えば、「キミスカ 」というナビサイトは特におすすめで、ここは従来のナビサイトとはタイプが違っているのです。従来は学生が企業を検索しながら、気に入ったところを見つけたらそこにエントリーをして受けていくという流れになっています。しかし、このキミスカは企業が学生にスカウトを送る流れになっています。登録してある学生を検索して、その中で興味のある学生がいたら、その人にまずスカウトを送って、自社を受けてもらうように仕向けるわけです。こういった一風変わったナビサイトの特徴にはある大きなメリットがあります。それは自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということです。通常のナビサイトを使った場合には、自分が関心を持っている企業を受けるので、その企業が自分に関心を持つか?は分かりません。専攻を通じて必死にアピールをしていくことになりますけど、それでも多くの就活生は自分が受けた企業の多くで不採用になるので、従来のやり方では自分に関心を持ってもらえない企業を、結果的にたくさん受けてしまうという言い方もできます。

 

しかし、キミスカは企業側が学生にスカウトを送ってくるところが特徴的で、スカウトを受け取ってそこからスタートになるという意味では、スカウトが着た企業を受ければ、自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということになります。自分に対して一定程度の関心を持っていることが確定している企業を受けられるということはかなり大きなメリットになります。多少なりとも有利な状況となっているので、内定を取れる確率が少しでも高くなっているのです。スカウトを送るということは少なからず興味を持っている人材であるはずなので、スカウトが着た企業を受けることで内定を取りやすい状況に持っていける可能性があります。また、スカウトが届いた会社に関して受験をするということをすると、一次選考や二次選考をパスして受けられる場合もありますから相当なメリットを含んでいることになります。こういった部分というのは相当有利なのです。キミスカはすでに使っているナビサイトがあれば、そこと併用ができます。タイプが違うナビサイトを併用することでリスクを分散できますし、多くの就活生が知らないサイトになりますから、ライバルに差をつけることもできます。スカウトは必ず来るとは言えませんが、プロフィールを充実させるなどすると確率が上がります。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事