リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

KDDIの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

大手通信事業会社でKDDIという会社がありますが、このKDDIは全国的な知名度のある会社です。大手の会社ということになりますけど、このKDDIの就職の難易度はどれくらいでしょうか?KDDIに就職したいと思っている人も多くいると思いますけど、倍率は高いのでしょうか?KDDIの就職の難易度に関してはいろいろな角度から調べておいた方が良いとは思いますが、大企業なので就職の難易度が高いということは想像しやすいと思います。KDDIでは採用人数が結構多いので、チャンスはそれだけ大きいと言えるとは思いますが。毎年300人前後くらいは募集されているので、かなりの人数が採用されていることになります。そういったことも踏まえて、KDDIの就職の難易度を把握しておきましょう。

 

KDDIの就職の難易度や倍率は高いのか?

KDDIに就職したい人にとって、難易度がどれくらいか?というのは気になると思いますけど、KDDIの就職の倍率については公開がされていません。したがって、数字としては不明となっています。大手企業ということを鑑みれば、倍率は高そうではあります。しかし、すでに話したように、KDDIでは採用人数がかなり多いので、そこまで就職の倍率が高くはなっていない可能性もあるのです。KDDIの就職の倍率については正確な数字は分かりませんが、予想以上に高くはない可能性があるので、KDDIの就職の難易度についてもそこまでは高くはないと言える可能性もあるということになります。KDDIに就職したい人にとって難易度はかなり気になると思いますけど、こういった感じです。推測も入りますが、KDDIの就職の倍率はそこまで高くはない可能性も想定しておきましょう。

 

KDDIの就職では学歴フィルターはあるのか?

KDDIの採用試験で気になるのは学歴フィルターの部分ではないか?と思います。学歴フィルターについては会社の人間以外は知ることはできませんけど、KDDIの採用実績校を見れば、なんとなく推測できる面もあります。KDDIの採用実績校を見ると、いくつかの有名大学が載っていますが、その中には日東駒専産近甲龍の大学のランクまで載っています。つまり、有名大学ではあるものの、比較的広範囲な大学からの採用があるということなのです。このクラスまで採用があるということは、学歴フィルターに関してはあまり関係ない気がします。KDDIでは幅広くの大学からの採用があるという評判も聞きますし、KDDIの採用試験で学歴フィルターがあるというのは、確率的には低いのではないか?と思います。確かなことは言えませんが、KDDIの就職では学歴フィルターはないと思っておいても良いのではないか?と思うのです。KDDIの就職で学歴フィルターがないとしても大学名や学歴は無関係ではないと思います。

 

KDDIの就職では大学名や学歴は関係すると思われる

KDDIの就職において学歴フィルターの存在はない可能性も十分ありますが、KDDIの就職で学歴や大学名の部分は無関係ではないでしょう。いろいろな大学からの採用があるとは思いますが、選考において大学名や学歴が一切関係ないとは言えないと思うので、そこも同時に知っておいてほしいと思います。これはKDDIの就職に限る話ではなく、多くの企業で共通だと思います。だから、KDDIの就職に関してという話ではないものの、KDDIの就職でも学歴や大学名は少なからず考慮されていると思います。就職活動というのは、特定の要素だけではなくて、いろいろな面を見て総合的に決めるので、KDDIの就職においても大学名や学歴といった点は関係していると思っておきましょう。でも、そこに自信がない学生であっても、就職活動はいろいろな面を見られているわけですから、他の部分を磨いていくことで、結果的に有利になれるという可能性もあります。KDDIの就職における大学名や学歴の関係はそういったことで覚えておきましょう。

 

KDDIの就職における社員の口コミは?

KDDIの就職の難易度とはちょっと違う部分になりますが、KDDIの就職の評判を知っておきましょう。大手企業なので、それなりに評判は良いのではないか?と思うかもしれませんが、会社で働いている人はどういう口コミを持っているのか?KDDIでの働き方などはどうか?激務で忙しいのか?などについて知っておくと良いでしょう。インターネット上に載っているものをここでも少し紹介していきます。まずはKDDIの平均年収についてですが、KDDIの平均年収は1000万円強となっており、かなり高い方です。KDDIの評判としては、この平均年収の部分は結構言われており、そこが魅力とも言えます。そして、働き方に関する口コミでは、KDDIに就職すると残業は少ないみたいです。会社の体質として残業しなくて良い雰囲気が漂っており、働きやすいという評判もあります。残業をした場合でも基本的には残業代は出るようで、KDDIの就職では激務の雰囲気はあまりないです。残業したくない人が多いと思いますが、そういった人にとってはオススメの会社になります。

 

ただ、絶対に残業をしなくても良いとは言えない可能性もありますし、KDDIでも激務な瞬間はないとは言えないと思います。働きやすい雰囲気はあっても、KDDIでも忙しい部分はあると思うので、そこは知っておきましょう。このご時世はどの会社も忙しいので、KDDIでも激務な瞬間は少なからずあると思っておきましょう。あとは部署にもよるかもしれませんが。KDDIでは社内全体で労基を守るための意識付けが行われており、サービス残業もまずなければ、健康を害す程度の残業もないという社員の口コミがあるので、そこはかなり徹底されていると思います。だから、仮にKDDIで忙しいと感じたとしても、それは基本的に法律の範囲内であるということになるのではないでしょうか?かなり働き方に関しては信頼の評判があるのがKDDIという会社になるのです。そういった意味では、就活生に人気になりやすいので、KDDIの就職の難易度は高いと言えるかもしれません。KDDIの就職の倍率が分からないので、正確な難易度も分かりませんが、KDDIの就職の評判は良いので、KDDIの就職したい人は難しいと思って対策をしていきましょう。

 

・就活をする際に非常におすすめのナビサイト

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットがあります。それは内定を取りやすい企業を受けることができるということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的に多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。そして、ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。通常は自分が受ける会社が自分のことをどのような印象で考えているのか?というのは分かりませんが、キミスカのシステムではそれが事前に把握できるのです。自分に対して好印象を抱いている企業以外はスカウトを送ってこないので、スカウトが着た企業は自分に対して多少なりとも好印象と言えます。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えるのです。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事