リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

芝浦工業と東京都市のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

芝浦工業大学東京都市大学はどっちが上か?どちらの方が難易度が高いか?ここは大学選びをする際には気になる人が多くいると思います。したがって、芝浦工業大学東京都市大学の偏差値やレベルを実際に比較していきたいと思うのです。理系の分野ではともに評価が高い状況であり、中堅以上のレベルで頭いいというイメージも普通にある2つの大学ですが、偏差値やレベルには少なからず違いがあります。四工大と並び称される状況ですけど、全く同じ難しさではないでしょう。したがって、それぞれの難易度を比較したうえで、どっちが上なのか?について見ていきましょう。また、芝浦工業大学東京都市大学のイメージや雰囲気の違いについても同時にチェックしていきたいと思うのです。

 

芝浦工業大学東京都市大学の学部ごとの偏差値の違い

芝浦工業大学東京都市大学の偏差値やレベルについてどっちが上か?調べていきますけど、河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきます。この2つの大学に関しては共通している学部があまりないので、近いと思われる系統の学部の難易度を比較していきます。まずはシステム理工学部理工学部)です。芝浦工業大学が50.0~55.0で、東京都市大学が45.0~50.0です。したがって、こちらに関しては割と難易度に違いがあります。あとは建築学部(建築都市デザイン学部)ですが、芝浦工業大学が55.0~60.0で、東京都市大学が47.5~55.0です。ここに関しても芝浦工業大学の方が偏差値が高い状況です。他にもそれぞれ学部はあるのですが、比較できそうなところはこれくらいでしょうか?全体的に言えば、芝浦工業大学が55前後、東京都市大学は50弱から50台前半という感じです。

 

これを見ると、芝浦工業大学東京都市大学はどっちが上か?と言えば、芝浦工業大学の方が難易度は高いでしょう。世間のイメージとしてもそんな感じかもしれません。四工大は同じようなレベルの大学を合わせた大学群ですけど、芝浦工業大学が特に難しいという印象はあると思います。特に頭いいのが芝浦工業大学になりそうです。ただ、単純に偏差値やレベルだけで大学選びをするわけではないため、他の部分についても見ていきましょう。特に芝浦工業大学東京都市大学のイメージや雰囲気の違いはチェックしておくべきと言えます。それぞれの大学に入学したらどんなキャンパスライフになりそうか?そういった面を調べて、そのうえでどっちがいいか?を考えていくと良いと思うのです。自分がそれぞれの大学でどんな過ごし方をするのか?に関して、想像をしていくと良いでしょう。

 

芝浦工業大学東京都市大学のイメージや雰囲気の違いは?

芝浦工業大学東京都市大学のイメージや雰囲気の違いについて見ていきたいと思います。特にキャンパスの立地条件について違いがあるでしょう。それぞれの就学場所の違いはキャンパスライフにおける大きな差になりやすいです。芝浦工業大学に関しては、大宮キャンパス、豊洲キャンパス、芝浦キャンパスがあります。大宮キャンパスは都心からやや距離がありますが、豊洲キャンパスと芝浦キャンパスはそこまで都心から離れていません。大宮もそこまで遠い感じではないですけど。学部や学年ごとに就学キャンパスが違うので、芝浦工業大学の場合には大学内でキャンパスライフの雰囲気に差があります。一方で、東京都市大学は世田谷キャンパス、等々力キャンパス、横浜キャンパスがあります。ただ、世田谷キャンパスと等々力キャンパスは1駅違いなので、ほぼ同じ場所にあります。東京都世田谷区の住宅街に位置しており、都心に向かいやすい状況です。横浜キャンパスはちょっと都心からは離れています。東京都市大学も学部ごとに就学キャンパスが異なっているので、そこは知っておきましょう。それぞれでキャンパスライフは微妙に異なるものの、どちらかと言えばどのキャンパスに通うか?で大きく違うと言えます。この中で言えば、芝浦キャンパスが最も都会的でしょうか?逆に大宮キャンパスと横浜キャンパスは都心からは距離があるので、そこで雰囲気の違いを感じやすいです。芝浦工業大学東京都市大学はどっちがいいか?については、それぞれのキャンパスを見学したうえで考えると良いと思います。

 

芝浦工業大学東京都市大学で就職の違いはある?

芝浦工業大学東京都市大学で就職における違いはあるのか?というと、若干はありそうです。やはり偏差値やレベルは芝浦工業大学の方が上なので、そういった部分で人事の評価は全く同じではないでしょう。ただ、理系の場合には大学のランクよりは専攻の方が大切と評価できます。自身が受ける会社の業界と自分の学部学科、専攻が一致している状況が望ましいです。文系はそんなところは気にしなくていいのですが、理系はかなり重要です。したがって、そういった部分を気にする必要があります。学部学科、専攻の面は特に大切であるため、入学する前から卒業後に就職したい分野が決まっている人は、そこも含めて学部学科を決めていくと良いです。就職において、芝浦工業大学東京都市大学はどっちがいいか?と言えば芝浦工業大学ですが、ここも考慮しておくことをおすすめします。どちらも理系としては有名大学であり、人事としても頭いい、優秀というイメージはありそうですから、学歴としては芝浦工業大学東京都市大学はともに十分だとは思いますが。

 

東京都市大学の大学案内が無料で請求できる!

東京都市大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。芝浦工業大学は有料ですけど、東京都市大学は無料です。ここで請求可能な資料というのは、東京都市大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、東京都市大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から東京都市大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、東京都市大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が東京都市大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「東京都市大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事